連載中 長編

荒野に一人【題名の意味があとからジワジワくる系長編】

作者からの一言コメント

ノベプラ落ちたけど完結させる!

突如街が戦火に焼かれ身寄りを失った孤児たちがいた あの日の日常はもう戻らない けれど、再構築することはできるはず 絶望から立ち直るはみ出し者たちの物語です。絶望の描写がもしかしたら重いかもしれません、ご注意ください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 荒野に一人【題名の意味があとからジワジワくる系長編】
作者名 春瀬由衣
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔法 錬金術 異世界ファンタジー ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年10月20日 9時02分
最終投稿日 2020年8月2日 22時47分
文字数 88,178文字
ブックマーク登録 16件
コメント/スタンプ 31件
応援ポイント 41,600pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 美少女主人公・王道戦記ファンタジー!

    ♡435,050

    〇16,620

    異世界ファンタジー・連載中・226話 美風慶伍

    2020年8月13日更新

    ■個性的な傭兵たちとのチームワークで少女傭兵ルストが人々のために勝利を掴み取る爽快冒険戦記ファンタジー 〔主人公一人称、幕間部分のみ三人称視点/1エピソード:1000字〜2500字/毎日午後7時更新〕 【あらすじ】 ■銀髪・碧眼の17歳の少女ルストは傭兵として生きていた。 努力の末、1年目にして3級から2級傭兵に昇格した彼女だったが周囲は彼女を認めない。それでも諦めなかった彼女を親切な老傭兵が後押ししたことで、ついに小隊の隊長職が任される事になった。そんなルストに与えられた任務は国境地帯の哨戒偵察。ルストたちは見事に敵国軍の動きを掴むと言う成果を帰還する。すべてがうまく収まると思った矢先、一人の不良傭兵の奸計が彼女の善意と誠意を踏みにじる。 「あたしの誠意とメンツを傷つけたなら、あなたの傭兵としてのメンツを叩き潰してあげる!」 壮烈な果し合いに勝利し、ルストは二つ名『旋風のルスト』を得て傭兵として名を挙げる。そんなルストに〝西方の辺境ワルアイユ領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務〟と言う任務が舞い込んだ。 先の哨戒偵察部隊を率いて現地へと向かったルストが目の当たりにしたもの――。領主の不慮の死、対立領主の執拗な妨害、生活に困窮する人々、|塗炭《とたん》の苦しみの領民たちを救うためルストは戦い始める。姿なき襲撃者、燃える村、正体不明な巨大な権力の影、疑心暗鬼が広がる中、事態を切り開いたのはルストの強い意志だった。それを目にした仲間達もルストを信じ力を合わせていく。そしてついにルストは、人々の命とワルアイユ領再建への道を掴むため立ち上がった。 「みなさん! これは困難ではありません! 千載一遇のチャンスです!」 西の彼方と、東の背後から敵が迫る中、ルストは乾坤一擲の秘策を胸に人々を率いて決戦の地へと向かう。 それはまさに人々を勝利へと導く偉大なる英雄の少女が誕生する時でもあった。 才知溢れ慈しみと深い洞察の力を持った少女が、心と人生に重荷を持つ人々を救いながら、個性的な仲間たちとチームワークにより自らの未来を掴み取る爽快サクセスストーリー戦記ファンタジー! ―傭兵の少女ルストは今、7人の仲間たちと共に勝利への道を歩み始める―

  • 命の限り、死なずの終焉を。

    ♡218,311

    〇1,480

    異世界ファンタジー・連載中・24話 囲味屋かこみ

    2020年8月8日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人喰いの少年が送る悲しいお話

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 ヤヤ

    2020年8月13日更新

    神族が住むとされる聖地、カルナーダ。 そこに、16年という年月をかけ、少年、メニーは訪れた。 彼は長らくの間探していた。とあるモノを。 そしてそれは、聖地にてようやく見つかる。 「やっと見つけた、オカーサン」 これは、人喰いの病を患った少年が送る、悲しい悲しいモノガタリである……。

  • 誤解が誤解を呼ぶ展開、ハピエン確定

    ♡15,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・53話 綾雅(りょうが)

    2020年8月13日更新

    2020/06/11……エブリスタ「ファンタジー」16位 2020/06/11……マグネット「ブックマークランキング」3位 愛と美を司る女神ネメシアの聖女に選ばれたクナウティアは、全力で抵抗した。聖女なんて絶対に嫌! 家に帰りたいのだ。あまりに暴れるため縛り上げた行為が、誤解の発端だった。 激しい抵抗を見せる彼女は、王太子殿下と共に王宮へ向かう。その途中で【聖女】という役目と肩書を完全に誤解する言葉を聞いてしまう。誤解が誤解を呼び、互いに勘違いが積み重ね……。 破天荒なクナウティアに惹かれる王太子と、乱入した魔王が彼女を求める。2人の美形男性の間で揺れるクナウティアの恋心は、無事着地出来るのか? ※誤解表現多数の恋愛ありファンタジーです。流行の聖女ですが、ざまぁもありません。 【重複投稿】エブリスタ、カクヨム、アルファポリス、小説家になろう、NOVEL DAYS、ノベルアップ+、マグネット