異世界ファンタジー 長編 連載中

神託のディストピア

作者からの一言コメント

どれだけ失おうと、戦い、抗い続けろ

 世界に絶望する青年ユウセイは、魔王との戦いにより親友カグラを失った。全てが終わると思われた時、正の女神ネメシスと出会い、その命を救われる。苦悩の末にカグラの意思を継ぎ、勇者を目指す。  かつての動乱が支配した時代より5000年。九つの国は、お互いを牽制し合い、何とか均衡を保っていた。ソレは最強の勇者カグラの死により、音を立てて崩れていく。  勇者ユウセイと、失った女神ネメシスによる英雄ストイックファンタジーここに開幕ーー  

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 神託のディストピア
作者名 終わりの詩人
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル 勇者 魔王 女神 ヒーロー 英雄 魔法 ディストピア 戦記 男主人公 ダーク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月20日 10時30分
最終投稿日 2020年10月19日 22時48分
文字数 121,657文字
ブックマーク登録 13件
コメント/スタンプ 48件
応援ポイント 29,500pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡46,400

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・51話・268,512字 普門院 ひかる

    2020年10月20日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡209,850

    〇1,448

    異世界ファンタジー・連載中・26話・72,642字 南方 華(みなかた はる)

    2020年10月18日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 転生無の異世界モノ。少女と少年の成長記。

    ♡7,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・179話・475,375字 乾 隆文

    2020年10月19日更新

    壮大に設定を広げた異世界を舞台に、等身大の少女と少年の成長記を描きたいと思い、書き始めました。 テーマは二人の旅立ちと成長。一回り大きくなって再び出会った二人が、結ばれるところまでを描く予定です。 いわゆるところのライトノベルのような派手さはないかもしれませんが、じっくり腰を据えて異世界情緒に浸りたい、そんな方に読んで頂けたら幸いです。 いわゆる正当派が《剣と魔法のファンタジー》なら、目指すのは少女の《魔法のファンタジー》と、少年の《剣のファンタジー》。 第一章は少女ティリルのシーン。三人称固定視点(一部視点変更あり)で彼女の学園生活を描きます。 第二章は少年ウェルのシーン。一人称固定視点で異国での彼の新生活を描いていく予定です。 第三章以降は今後のお楽しみ。作者もまだまだ、どのように展開していくか箱を開いておりません。 10年単位での完結を目指しております。(この作品に関しては)絶対にエタりません。 作者、死なない限りは書き続けますので、気長にお付き合い頂けたら幸いです。

  • 予知夢から始まる未来

    ♡8,800

    〇90

    異世界ファンタジー・連載中・104話・260,571字 悠月 星花

    2020年10月20日更新

    トワイス国の侯爵家にアンナリーゼという娘が生まれた。 小さいころから、アンナリーゼは、自分に関わる事柄の『予知夢』をみるようになる。 幸せな将来を見ることが多かった。 しかし、あるときから、アンナリーゼが暮らすトワイス国、隣国のローズディア公国とエルドア国の三国が、インゼロ帝国からの戦争によりなすすべもなく焼かれ、家族や友人、そして大切な人を亡くすという夢を繰り返しみるようになる。 悲しみのあまり、その夢と対となる家族や友人、大切な人が生きて戦争に立ち向かう夢も見るようになった。 みんなを守りたい! アンナリーゼは、選択をする。 みんなが幸せになれる方を…… トワイス国の貴族として、 強くたくましく、そして美しく成長していくアンナリーゼ。 社交界へ学園へと活躍の場所は変わっていく…… 家族に支えられ、仲間を集め、死の間際まで自分で幸せな未来を選択できるよう、 懸命に生きていく。 予知の先の未来の幸せをハニーローズに託し繋げることができるのか……