連載中 長編

ザ・ネクスト・テラ - The Next Terra -

作者からの一言コメント

ゲームに似た世界で必死に生きる人達の話し

ある日突然、MMORPG「ネクストテラ」のプライヤ達はゲームの世界に取り込まれてしまった。 しかしそこは、ゲームの時のシステムは消え失せ、ゲーム内とよく似た魔法が使えるだけの19世紀頃の世界だった。 探検家と呼ばれたプレイヤ達はギルドや貴族達の派閥闘争、そして戦争に巻き込まれながらも必死に生きてゆく。 果たして探検家達は元の世界に生きて帰還する事が叶うのか。それともこの世界で馴染み生活していく事を選ぶのか。 【この作品は「カクヨム」「アルファポリス」「小説家になろう」と重複投稿をしています】 ※この物語はフィクションであり、実在する国家・団体・地名・人物とは一切の関係はありません。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この物語は、実際に起こった災害や事件、戦争を参考にした模写が出てきます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ザ・ネクスト・テラ - The Next Terra -
作者名 戸村和多利
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス ダーク 男主人公 転生/転移 アクション/バトル 仕事 内政 政治 経済 魔法
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年8月21日 23時09分
最終投稿日 2019年11月9日 11時11分
文字数 58,357文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メソポタミア神話×現代

    ♡13,700

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話 白金真珠

    2020年8月4日更新

    高校生・白岡 陽治(しらおか ようじ)は目覚めると路地裏に倒れていた。 なぜ倒れていたのか?そもそもそんな場所にいた理由は? 記憶の抜け落ちた陽治をさらに困惑させたのは頭に響く別人の声。 「そなたはだれだ?――儂は……はて、だれであろう?」 二重人格?しかも、揃いも揃って記憶喪失? 自分たちはなぜ記憶を失ったのか。その謎を追い求めるうちに、さらなる奇妙な出来事に巻き込まれる陽治。頭のなかの同居人はその“奇妙”を追い求めていて……? メソポタミア神話×現代。記憶喪失ふたりによる、世にも奇妙な物語。

  • 新たな出会いで戦うと決めたのは――いじめ

    ♡40,033

    〇51

    異世界ファンタジー・連載中・111話 ckrywh

    2020年8月6日更新

    穿たれた心臓、血の巡りが止まり冷たくなる体。 しかし、驚くほど歓喜に満ちながら途絶えた意識の先――青年は、深い森の奥で目を覚ました。 何故か心臓の穴は無く、着ていたものは汚れているが意識を失う直前のまま。 疑問符しか浮かばない状況の中で、絹を裂くような悲鳴と木々を薙ぎ倒す轟音。 音のした方向へ駆け、木々を抜けた先に見えたのは、今にも少女に爪を伸ばして喰らわんとする巨大な黒竜。 一も二もなく、青年は黒竜に踊りかかった。 今出来る事を、必ずやり遂げる為に。 ◆ ――そして戦いの後。 目覚めたのは多種族が共生する独立自治国家〝龍智諸王連盟〟 《人間(うでびと)》 《長耳種(エルフ)》、 《蜥蜴人(リザーデ)》の《赤鱗》、《碧鱗》、《緑鱗》。 《蟻人(ハディス)》、 《角人(セルヴィデ)》、 《蜘蛛人(オルミシタ)》、 《猪人(オルカ)》、 《猫人(バスティア)》 《狼人(ヴルフェ)》 《剛人(ドワーフ)》、 《馬人(ケンタウロス》、 かくある特徴的な異種族達が〝始祖八柱〟、その生き残りである白竜を中心にして集う国家。 主人公は教師への道を歩み始め、『今できる事』を始めようとしていた。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 多分ノベルアッププラスでも有数の異種族混合(当社比)ラノベですよ! 恐らく! 蟻人も蜘蛛人が出る小説もノベルアッププラス限定です!!(媚び気味 とりあえずの区切りがつくまで、2日に1回更新を目指せたらいいなと思いますが難しくてごめんなさい。 更新情報などはTwitter(@Ckrywh)固定でお知らせしております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る