異世界ファンタジー 長編 完結済

【完結】帝国滅亡の『大災厄』、飼い始めました

作者からの一言コメント

【完結『大災厄』を飼ったらデレ属性でした

【完結】帝国滅亡の『大災厄』、飼い始めましたの表紙

 大陸を制覇し、全盛を極めたアティン帝国を一夜にして滅ぼした『大災厄』―――正体のわからぬ大災害の話は、御伽噺として世に広まっていた。  うっかり『大災厄』の正体を知った魔術師――ルリアージェ――は、大陸9つの国のうち、3つの国から追われることになる。逃亡生活の邪魔にしかならない絶世の美形を連れた彼女は、徐々に覇権争いに巻き込まれていく。  まさか『大災厄』を飼うことになるなんて―――。  真面目なようで、不真面目なファンタジーが今始まる! 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+、ノベルバ ※2019年春、エブリスタ長編ファンタジー特集に選ばれました(o´-ω-)o)ペコッ

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【完結】帝国滅亡の『大災厄』、飼い始めました
作者名 綾雅(りょうが)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの シリアス 魔術師 魔法 大災厄 チート 魔王 恋愛 女主人公 西洋風 R15 第2回ノベプラ大賞 ハッピーエンド 完結 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年9月27日 14時58分
最終投稿日 2020年3月8日 22時57分
完結日 2020年3月8日 22時57分
文字数 427,730文字
ブックマーク登録 6件
コメント 0件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 12,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 不死者な姉と屍術師の僕は迷宮の奥を目指します

    HJ大賞2020後期一次選考突破!

    7,800

    120


    2021年2月27日更新

    ※HJ大賞2020後期、一次選考通過しました。応援よろしくお願いします。 ※こちらの作品は『小説家になろう』様でも並行して投稿しています。 〜あらすじ〜 《天才屍術師が望むのは完全な姉の蘇生だった》 不治の病で死んでしまった錬金術師の姉、オルハはアンデッドモンスター《リッチー》として蘇る。 不思議なアイテム《ウェポン》。その中でも死んだ人間を生き返らせることが出来る伝説の完全蘇生具《ニルヴァーナ》を見つけ出す為、屍術師である弟、リューシは迷宮街《ブラックバス》へとやってきた。 かつて空を泳いでいた伝説の巨大魚の骨の下に広がる町の、その地下に広がる幾つものダンジョン。 その何処かに隠された秘宝を見つけ出す為、二人はダンジョンへ潜る。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間20分

    この作品を読む

  • 幻の精霊使い

    村をなくした二人の少年の冒険物語

    2,500

    0


    2021年4月17日更新

    精霊の加護を受ける「ウィンドーウッド」の村でくらすエレクとグレン。成人の儀を終え、厳しい掟の村から「外」の世界へ、希望を膨らませていた時に起きた悲劇。 凄惨な記憶を忘れることができない二人は力をつけることに専念する。 自身の魔力と精霊と共に戦うエレクと、圧倒的火力のグレン。学園で仲間を増やし、仲間の仇をうつため、仲間を護るため、二人が奮闘するお話。 「強くなろう。......もう誰も失わなくていいように」 自分の周りにいる人には幸せでいてほしいエレク(エレク・リーフバーグ)と、誰も失いたくないから傷つけないように、傷つかないように距離を置くグレン(グレン・アルムハウザー)。 「ふざけるな。お前に守ってもらわないといけないほど弱くない」 圧倒的な実力と家柄でありながら、少しだけ天然なリオナルド(リオナルド・サーシス)。 「僕だってエレク君たちが大切なんだよ!」 戦いには全く魔力をつかえないが、自分でも気が付かない秘密を抱える、人一倍優しいセイン(セイン・ハルトナイト)。 「少しは後先考えて行動してくださいね」 「頭脳戦で魔物が俺に勝てると思うなよ」 二重人格の騎士オリバー(エルメルド・オリバー)。 「この依頼とても面白そうですね」 「薬草集めて楽しむのなんてお前と薬師くらいだろ」 冒険者ギルドで出会った凸凹ふたりコンビ、シャティとリン。 個性豊かなメンバーが繰り広げる、学園&冒険ファンタジー

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ぶっきらぼう魔女は育てたい

    私は必ず、みんなを幸せにしてみせる。

    359,500

    760


    2021年4月17日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間36分

    この作品を読む

  • ハニーローズ ~ 『予知夢』から始まった未来変革 ~

    予知夢から始まる未来変革記

    135,000

    3,470


    2021年4月17日更新

    「背筋を伸ばして凛とありたい」 トワイス国にアンナリーゼというお転婆な侯爵令嬢がいる。 アンナリーゼは、小さい頃に自分に関わる『予知夢』を見れるようになり、将来起こるであろう出来事を知っていくことになる。 幼馴染との結婚や家族や友人に囲まれ幸せな生活の予知夢見ていた。 いつの頃か、トワイス国の友好国であるローズディア公国とエルドア国を含めた三国が、インゼロ帝国から攻められ戦争になり、なすすべもなく家族や友人、そして大切な人を亡くすという夢を繰り返しみるようになる。 家族や友人、大切な人を守れる未来が欲しい。 アンナリーゼの必死の想いが、次代の女王『ハニーローズ』誕生という選択肢を増やす。 1つ1つの選択を積み重ね、みんなが幸せになれるようアンナリーゼは『予知夢』で見た未来を変革していく。 トワイス国の貴族として、強くたくましく、そして美しく成長していくアンナリーゼ。 その遊び場は、社交界へ学園へ隣国へと活躍の場所は変わっていく…… 家族に支えられ、友人に慕われ、仲間を集め、愛する者たちが幸せな未来を生きられるよう、死の間際まで凛とした薔薇のように懸命に生きていく。 予知の先の未来に幸せを『ハニーローズ』に託し繋げることができるのか…… 『予知夢』に翻弄されながら、懸命に生きていく母娘の物語。 HJ小説大賞2020後期 1次通過 ※この作品は、「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」「ノベリズム」にも掲載しています。 表紙絵は、菜見あぉ様にココナラにて依頼させていただきました。アンナリーゼとアンジェラです。 タイトルロゴは、草食動物様の企画にてお願いさせていただいたものです!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37時間6分

    この作品を読む