朝食を御一緒しませんか ~小倉トーストホイップ蜂蜜添え~

お越しいただきありがとうございます。 土岐視点、閑話です。

+ミルクティー

 時季さんは俺より少し背が高い。  初めて並んで歩いて、彼の身長が分かった。  冷えたフレンチトーストで程ほどに満腹になった休日の朝、時季さんは「腹がくちいから」と言ってゆっくり歩いた。だから俺は時季さんを好きなだけ観察することが出来た。  ***  時季さんが同じ小倉トーストを食べているのに気づいたのは秋だった。木曜にそこに通うのが習慣になり、いつも近くの同じ席で朝食を摂る男性がいるのは何となく知っていた。でも俺は男でも女でも仕事以外の関わりは極力避けていたし、顔なんて見ようともしてなかった。俺はいつも脇目も振らず奥の席に着き、パキラの生長を確認していた。  その日は、俺が仕事の都合でいつもより早く店に行ったのだったと思う。「今日はお早いですね」「仕事の約束があって」とマスターと会話していると、彼──時季さんが入店したのだ。彼はやはり奥の角に座り、お冷やを出したマスターにただ一言「お願いします」と言った。「かしこまりました」とマスターの穏やかな声におや、と思ったのを覚えている。  あの人も常連なのか、と後ろを振り向くことは出来ないまま初めて存在を意識した。すぐに消えてしまうような感慨。彼がホットサンドとかナポリタンを頼んでいたら店を出た瞬間に忘れてしまった出来事だったろう。 「小倉トーストホイップ蜂蜜添え、です」  俺は思わず振り返った。まさか同じ物を食べているとは思わなかった。それもこんな甘過ぎる甘味を。彼は自分の皿を覗き込んで口の端を上げると、すぐに食事に取り掛かり、俺の視線には気づかないようだった。  長い黒髪。寝不足なのか血色の悪い顔にクマが薄らと浮く。おまけに無精髭。少々猫背で姿勢がいいとは言えない。カトラリーを玩具みたいに見せる手は骨張って大きく、トーストを頬張る口も大きい。ペロリと行儀悪くナイフを舐める仕草にハッとして、慌てて姿勢を戻した。  彼より早く運ばれていた朝食のホイップはトーストの熱さに溶けてしまっていた。それで手順を間違え蜂蜜をかけ忘れたのだ。  それから俺より早くその席に座る彼が気になって仕方なくなった。  悠然とコーヒーを飲む彼の食べ終えた皿をチラリと確認し、自分の席に着く。彼はいつもヨレヨレのシャツか寒くなってからはタートルネックのセーターを着ていた。袖を汚さないためか腕まくりをした前腕は筋張っていて、男らしさに心臓が跳ねる。  冬になり、彼に会うと自分に嫌気が差し始める。 『男なのに』俺と同じ甘過ぎる朝食を食べている。荒れた風貌や手や腕が『男らしい』。食事中恐らく美味しくて笑う顔が『意外に』可愛い。  俺は他人が自分を見た目で評価するのを嫌悪しながら、彼を同じ目で評価していたことに気づいた。吐きそうだった。自分への嫌悪にしばらくトーストの味は分からなくなっていた。  彼がニ、と口の端を上げる時、胸に沸き上がる感慨の正体に気づいた頃でもあった。もう行くのは止めようか、他にも美味しい店はたくさんある。でも。  そしてずるずると通い続けた冬、初めて時季さんと相席をした日。  もうこれは次は無いな、と思った。余りに簡潔すぎる返答と無礼かよと思うくらい切れ味のある台詞。面倒だ、もう近づくなという気持ちが透けて見えるようだった。それでも俺も自分で誘ったからには、と意地になって声を掛け続けた。阿呆みたいにしゃべった。  時季という名。間近で見た彼の腕、大きな手。人差し指の胼胝(たこ)。食べる時だけ必要以上に開く大きな口。でも食べ物が入ってしまえば後は殆ど開かない血色の悪い唇。前髪の隙間から覗く目つきの悪い探るような瞳。  次第に無表情が標準装備と気づき、端的な台詞にも彼なりの思考を感じられるようになり、面倒でも必ず返答する優しさを知り、俺が目の前に居ても食事中口の端を上げるようになって……あの日、彼が先に席を立った後、残された皿のように俺は空っぽになった。  ***  曇り空に青空が覗いて、少しずつその面積を増やしていくみたいだった。  そっと時季さんを見上げる。時季さんはかすかに耳を赤くしてただ前を見て歩いている。さっき俺がわざと服の匂いを嗅いでから、少し早歩きになった。これじゃすぐに駅に着いてしまう。  もう少し、と視線を巡らして理由を探す。時季さんは身を縮めるようにポケットに手を突っ込んでいる。丸襟のプルオーバーに薄手のブルゾンじゃ寒いのだろう。 「あ」 「……どうした」  胡乱げに見下ろす目。でも俺はその眼差しが何の偏見も持たないことを知っている。こちらを見てくれたことが嬉しくて笑ってしまう。 「時季さん。俺ちょっと寒いので、そこ(自販機)で飲み物買ってもいいですか」  肯く黒髪の先に、透けるような空が見えた。

お読みいただきありがとうございます! 蛇足かと悩みましたが、せっかくなので上げてみました。 あー(肩の荷を降ろした声)。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女魔法使い

    KONOHANA YORU

    ♡1,000pt 2020年11月22日 19時42分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは優勝

    KONOHANA YORU

    2020年11月22日 19時42分

    女魔法使い
  • 猫のべら

    micco

    2020年11月22日 20時59分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    君の応援が力に変わる‼

    micco

    2020年11月22日 20時59分

    猫のべら
  • チンチラちゃん

    魚住真琴

    ♡500pt 2020年12月4日 18時51分

    尊い……時季さんの描写が、決してきれいではない、むしろ陰の人間でとっつきにくそう感がすごく溢れている、のに、それがどんどん愛しく見えてきてしまっているのがなんかもう、溢れてて尊いです。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    魚住真琴

    2020年12月4日 18時51分

    チンチラちゃん
  • 猫のべら

    micco

    2020年12月4日 19時46分

    長い話を、最後まで読んで頂きありがとうございました! う、嬉しいです!(T-T) じれじれBLが、気づいたら時季さんの成長ストーリーになってしまっていました……

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    micco

    2020年12月4日 19時46分

    猫のべら

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 傍観者でいられるはずなどなかったのだ

    ♡5,600

    〇70

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話・12,895字 色紙

    2021年1月17日更新

    この世界には大勢の名前も知らない誰かが生きていて、その数だけの物語があると偉い人は言う。 しかしながら俺が、思うに世界というのはたった一つの物語だ。そのたった一つの物語の中に我々は偶々混ざったに過ぎない。 この世の大多数の人々がモブキャラであり、数名の主要人物という舞台装置を目立たせるための小道具に過ぎないのだ。 ――そして無論、それは俺も例外ではない。 これはヒーローの話ではない。ただの俺の、モブですらない観客の一人語り。 空想に囚われた少女に出会ってしまった凡人の、どうしようもない話である。

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡393,950

    〇1,280

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,506字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 犯した罪が消えないなら、せめて

    ♡9,510

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・126話・154,327字 星野 優杞

    2021年1月18日更新

    このお話は小説家になろうからの転載です。そちらでは完結してますが、こちらで少しずつ投稿していってみようと思います。 私は魔王。明日、人間たちに宣戦布告をする。 緊張はあるが、気分は良かった。 そう――――― 自称勇者が寝室の窓ガラスを割って侵入してくるまでは。 から始まる勇者様と魔王ちゃんのお話です。 一応明るいテンポでラブコメを目指しています。 勇者様は2週目なので1週目で色々あったんですけど勇者様がそれをしばらくまったく説明する予定が無いので魔王ちゃんたちはそれを知らずに物語が進みます。最初の方は勇者様が2週目なのは勇者様と読者様しか知りません。 たまにちょっとシリアスになったり、真面目になったりしますが、ギャグメイン時々恋愛なノリで書いていきたいと思います。4コマ漫画みたいな感じを小説で出したいなーと思いました。ショートでセリフ多めで書いています。 たまにちょっとシリアスになるところで、ちょっと残酷な描写があるかもしれないので念のためにその辺りのキーワードをつけておきます。

  • この作品は他サイトで重複掲載しています。

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・26話・90,380字 蓮条緋月

    2021年1月18日更新

    「私の世界に聖女として来て欲しい!」 「嫌です、そっちの世界の事情なんてわたしには関係ありませんから」 と言って断ったのに転移は強制らしいです。ふざけています。かなり不快に思っていたら『なんでも』願いを叶えてくれると言って来ました。なので屋敷が欲しい(あとその他諸々)と頼み、好き勝手過ごすことにしました。魔法もあるとのことなので退屈はしないでしょう。ですが聖女などという面倒な職業は御免なので、見つかりにくいような場所に屋敷を、と念押し異世界へ送られました。 森の奥で自分のために・・・と思っていたら屋敷に変な男が不法侵入し、私と取引したいと言い出しました。考えた末取引に応じることに。まあ、割と充実してきましたが、ある日街で男を狙った暗殺者に囲まれました。 問いただ(脅)したらこの男、異国の訳あり皇子でした。本当になんの冗談でしょうか。勘弁してください。しかし、私の事情など知らぬとばかりに厄介事がやってきます。いい加減にしてほしいですね。 貴方方の事情なんて知りませんよ。どれほど頼まれようが助けません。だって、私には関係ありませんから。 面倒がとにかく嫌いで自己中な冷めた主人公と面倒ごとの種で紳士な俺様皇子との異世界ラブストーリー