異世界ファンタジー 長編 連載中

不死王の器

作者からの一言コメント

死んで死んで死んで、逆境を乗り越えろ

読了目安時間:1時間44分

不死王の器の表紙

突如。ゲームをしていると異世界へとやってきてしまった学生の海堂春太。 何もない彼が異世界で手に入れた力が死んでもすぐに蘇る不死身の体だった。 初めは便利な力だと思い込んでいたが、この能力最大の弱点を、死を繰り返す内に知ることとなる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 不死王の器
作者名 カイザ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル ダーク 男主人公 転生/転移 不死身
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年8月20日 15時31分
最終投稿日 2020年9月25日 17時57分
完結日 -
文字数 52,090文字
読了目安時間 1時間44分
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    3,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間36分

    この作品を読む

  • 呪われてしまった異世界転生者だけど、今日も元気に生きています

    異世界ほのぼの冒険(旅しない)物語です

    2,100

    0


    2021年6月18日更新

    井ノ上土筆は転生者だ。 物語に限らず主人公とは無縁の人生を歩み、子宝にも恵まれ、それこそ、日本政府がモデルケースとして用いるような極めて平凡なサラリーマンだった。 極めて平和な人生を歩み、子育ても一段落し、老後のプランを考え始めた矢先、出張先で突然意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまった。 多少の未練を残しながらもこの世にしがみつく程でも無く、魂が帰す場所である輪廻《りんね》へと還る予定であったのだが、その途中、ここ異世界ラズタンテの神を自称する存在《アティアノス》により掬い上げられたのだ。 それが偶然なのか必然なのか、それこそ正に神様のみぞ知る所なのだろう。 土筆はアティアノスと名乗る神からの神託を受け入れ異世界ラズタンテへ転生する事になったのである。 しかし、光が強ければ闇もまた深くなるのは世の常だ。 土筆がラズタンテの地へと転生する一瞬の隙を突かれ、敵対する魔王の妨害により呪いを受けてしまったのである。 幸運にも転生は無事終えることが出来たのだが、受けた呪いにより能力が大幅に制限されてしまう。 転生後、土筆が身を寄せていた教会に神からの啓示を受けた高位の神官が入れ替わり立ち代わり訪れては解呪を試みたのだが、誰一人として成功する者は現れず、最終的に新たな使命を担い再出発する事で落ち着いたのだった。 御《み》使いとして現れたコルレット=ラザ=フリルの計らいによって、同じような境遇にある天使メルト=リト=アルトレイと供にメゾリカの街に拠点を移し、新しい使命を果たす為に活動を始めるのであった。 *この小説は他サイトでも投稿を行っています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間52分

    この作品を読む