月夜のハルジオン

読了目安時間:2分

まったく主人公たち出てきません。新しい短編な感じでお楽しみください。

番外編

大魔王と神様①

そこは人間界とは異なる天上の国。一つは神々が住むところ。もう一つは悪魔たちが住むところ。 大魔王は1人大きな椅子に腰を下ろしながらくるくると長い黒髪を指に絡めて遊んでいた。 「大魔王様!」 「なに」 「かっかっかっみがこちらに!」 「は?」 手下の悪魔が1人慌てて部屋に入ってきた。息を切らせながら必死に伝えようとしている。大魔王は聞き取りにくさに苛立ちながら前のめりになって聞こうとするが、ふと横に気配を感じてそちらに視線を向けた。 「変わらず、あなたは美しいですね。大魔王」 神々しいとはこう言うことを言うのだろう。真っ直ぐな薄茶色の髪は腰までの長さがあり、白い服を身に纏った紅い瞳の好青年が大魔王の横に立っていた。 神の言葉に苛立ちを覚え、大魔王は舌打ちをすると肘掛けに頬杖をしながら視線を逸らした。 「けっ。よくもまあ、そんなことが言えるもんだ」 「事実でしょう。悪魔たちだけでなく、天使たちまであなた見たさに命がけでこちらに来ると聞いてますよ」 大魔王は、呼び名こそ無骨で恐ろしいものだが、見た目は相反して妖艶な美女なのだ。長い黒髪と同じ色の漆黒の瞳、唇はほんのり赤く、胸は豊満で露出度の高い紫色の服を見に纏っている。極め付けは短いスカートに編み上げのブーツ。 神の言葉に悪態をつくが実は嫌な気はせず、ほんのり頬を赤らめる。だがそれを見られまいと大魔王はそっぽ向いた。 「バカ褒めしにきた訳じゃねえだろ。なんの用だ」 「まあ、特にはないんですが。あなたの子どもと僕の子ども。元気に暮らしているみたいで何よりだなと」 「お前がわざと仕向けたくせに」 「仕向けなければあなたの子どもは力に押しつぶされるところでしたよ」 「はっ」 大魔王は鼻で笑うと神の方に向き直った。座ったままのため自然と見上げる形になるのが気に入らず、神の胸ぐらを掴むと自分の方へ引き寄せた。体勢を崩しかけた神の腰を掴むとそのまま自分の膝へと招き入れる。 「力に負けるならそれまで。私の暇つぶしにならない子どもは必要ないのよ」 「あなたのその強気な部分も好きですが、少しは心配だったでしょう?夜も眠れなかったとか」 「どっからそれを!」 大魔王はすぐにマウントを取りかえされ、驚きたじろいだ。膝の上に座らされた神はするりと抜け、立ち上がると、代わりにそっと大魔王の頬に触れた。 「誰からも。あなたの目の下にクマがあったからなんとなく」 「っー!くそったれ!帰れバカヤロ!」 かぁっと顔を真っ赤にした大魔王は神の手を振り解くと立ち上がり、自室のある方へと駆けて部屋を出て行く。 神はその様子に小さく笑うとふっとその場からいなくなった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 当て馬になる気はありません

    物事はよく考えて動きましょう?

    8,800

    0


    2021年7月26日更新

    最近婚約者であるライト様に近づいている令嬢が居ます。 子爵家の庶子として最近引き取られた彼女は、社交界のマナーにもうとく、学園でも浮いた存在だけれども、何を考えているのか第三王子であるライト様に近づいているのです。 そしてその令嬢、スーリャ様はわたくしに対してこういうのです、「悪役令嬢としてせいぜいあたしの当て馬になってよね」、と。 申し訳ありませんが、そのようなものになる気は微塵もございません。 ※好評でしたら連載します

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 瑠壱は智を呼ぶ

    拗らせ系ラブコメディー、開幕!

    300

    0


    2021年7月26日更新

    ☆前作「朱に交われば紅くなる」読者の方へ☆ 本作は、自著「朱に交われば紅くなる」シリーズの設定を引き継ぎ、細部を見直し、リライトする半分新作となっております。 一部キャラクター名や、設定が変更となっておりますが、予めご了承ください。 詳細は「はじめに」の「「朱に交われば紅くなる」シリーズの読者様へ」をご覧ください。 □あらすじ□ 今思い返せば、一目惚れだったのかもしれない。 夏休み。赤点を取り、補習に来ていた瑠壱(るい)は、空き教室で歌の練習をする一人の女子生徒を目撃する。 山科沙智(やましな・さち) 同じクラスだ、ということ以外、何一つ知らない、言葉を交わしたこともない相手。そんな彼女について、瑠壱にはひとつだけ、確信していることがあった。 彼女は“あの”人気声優・月見里朱灯(やまなし・あかり)なのだと。 今思い返せば、初恋だったのかもしれない。 小学生の頃。瑠壱は幼馴染とひとつの約束をした。それは「将来二人で漫画家になること」。その担当はどちらがどちらでもいい。なんだったら二人で話を考えて、二人で絵を描いてもいい。そんな夢を語り合った。 佐藤智花(さとう・ともか) 中学校進学を機に疎遠となっていた彼女は、いつのまにかちょっと有名な絵師となっていた。 高校三年生。このまま交わることなく卒業し、淡い思い出として胸の奥底にしまわれていくものだとばかり思っていた。 しかし、事は動き出した。 沙智は、「友達が欲しい」という話を学生相談室に持ち込み、あれよあれよという間に瑠壱と友達になった。 智花は、瑠壱が沙智という「女友達」を得たことを快く思わず、ちょっかいをかけるようになった。 決して交わるはずの無かった三人が交わったことで、瑠壱を取り巻く人間関係は大きく変化をしていく。そんな彼の元に生徒会長・冷泉千秋(れいせん・ちあき)が現れて……? 拗らせ系ラブコメディー、開幕! □更新情報□ ・基本的に毎日0時に更新予定です。 (最終更新日:2021/06/08)

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 消えゆく世界で星空を見る

    人の行動は、善と悪の二面を兼ね備えている

    78,450

    3,942


    2021年7月25日更新

    現実の世界。妄想の世界。夢の世界。 どれも同じ世界。 七百年間に渡る人間と神の死闘の末、救世主によって神は殺された。 それから五十年の歳月が流れ、人々は穏やかな暮らしを取り戻していた。 月見里諦止は生まれ落ちてから二十七年間を、幼馴染の鳥柿咲音と共にポソリ村で過ごしてきた。 だが、そんな穏やかな日々に再び暗雲が立ち込める。 二人の前に現れたのは、星空をそのまま切り取ったかのような存在。遥か昔に世界を滅ぼしかけた星影という生物だった。 御伽噺として語られていた星影という存在は何故再び現れたのか。 その理由を探るために、神殺しの救世主として知られる男が統べる国、桜樹国に月見里諦止は向かう。 果たして、世界が滅びる前に再び星影を封印することができるのか。 月見里諦止の前に現れた謎の男は何者なのか。 愛から始まった復讐の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • ルディアと王都防衛隊 ~海の国の入れ替わり姫~

    この夏完結!精神交換SF戦記ファンタジー

    3,119,950

    11,200


    2021年7月25日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中!(⑭よりノベプラ先行更新です!) ■59000PV突破感謝です! ■最高順位日間総合1位、週間SFジャンル1位、年間SFジャンル3位、累計SFジャンル9位、年間総合22位、累計総合67位など達成! ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:66時間31分

    この作品を読む