月夜のハルジオン

読了目安時間:3分

とある春の昼下がり side土端

4時間目の終わりのチャイムが鳴った。早々に皆は机を合わせたり、売店や学食へ向かう。 入学式が終わって数日。私は誰かと連むこともなく一人、自分で作ったお弁当を持ち教室を後にした。 お気に入りの場所がある。 中庭とグラウンドを繋ぐ道に置かれたベンチ。そこでお弁当を広げ食べることが楽しみ。桜はもうとっくに散ってしまったが、手入れの行き届いた花壇の花々は美しく、心地よい風とともに静寂が広がる。 教室を離れ、階段までの道のりを歩く。自然と気持ちが晴れ晴れして階段を駆け降り、混み合っている売店を過ぎたころ。前から数人の女が歩いてくる。リボンの色が青なので2年生であることはわかった。 すぐに自分への敵意が感じられる。私は気にせず視線を逸らして女達の横を通り過ぎようとした瞬間、1人の女が前に立ちはだかった。 「あんた、入学式で挨拶した女でしょ」 「一緒に挨拶読んだ風巻(かざまき)くんとどんな関係なの?知ってんならさ、連絡先とか教えてよ」 なるほど、私と一緒に壇上に上がったあの男のことが気になっているのか。女達が色めき立つ見た目なのはなんとなくわかる。ただ、なぜ私があの男と親しいことになっているかは皆目検討がつかない。話したこともほぼないと言っていいのに。 返答するのも面倒くさく、その場を切り抜けようと横に避けて歩こうとしたが違う女が前に立ちはだかった。 「何無視してんだよ。センパイが聞いてんだから答えろよ」 「そーよそーよ!風巻くん、独り占めしていいと思わないでよね!」 どうしよう。 昔からよく絡まれる方だったが、あきらかに面倒くさいタイプだ。だから新入生挨拶なんかしたくなかったのに。 今更後悔しても遅いかとひとつため息を吐いた。すると最初に立ちはだかった女が大きな声で怒鳴り始めた。 「つか、テメエ何イキってんだよ!一年の分際でその髪とスカートなんなんだ?あ?」 らしくもなく少し驚いてしまって顔を上げた。すると廊下の角の向こうに男が2人見えた。1人は渦中の風巻だ。助けるそぶりもなくこちらを伺っている。 「聞いてんのか?」 とうとう1人が痺れを切らし、私の肩をこづいた。 うるさいな。 唯一の楽しみである昼ごはんの邪魔をされ、苛立ちを抑えることができない。やってしまおう。私は決心すると女と目を合わせた。女は初めこそ睨んで来たが、今までの威勢の良さがはたとなくなり、怒りの色をなくしてぼうっとした。そのまま動けなくなり廊下に座り込んだ。まわりの女達は何が起こったかわからず座り込んだ女の周りに集まった。 「ちょっと、カヨ。どうしたの?」 「・・・」 自分が何をしたか知っている。普通の人間にはない力だということも。私は何事もなかったかのように歩き始めた。行く先には風巻と男がいた。 「やべっ」 男はあからさまに恐怖している。一方、風巻は堂々と立ち私を見据えた。紅い目を恐れることもなくまっすぐ見つめる漆黒の瞳。 背後の女子達の色めき立った声が聞こえた。 「覗き見なんていい趣味持ってるのね。風巻くん」 「たまたま通りかかっただけだ」 「ふーん」 弁当を持っていない方の手でそっと風巻の頬に触れた。少しは照れたり身じろいだりするかと思ったがピクリとも動かない。少し背伸びをして風巻の耳元に唇を近づけると、周りには聞こえない小さな声で囁いた。 「あなたも、人ではないんでしょ」 風巻の指先がぴくりと動いた。図星だと体は素直に反応したのだろう。小さく鼻を鳴らし笑い、風巻から離れて外のベンチへと向かった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    高校生百合×心理戦×ファンタジーです!

    20,800

    2,750


    2021年6月12日更新

    ■はじめに 高校を舞台に個性的な女の子たちが登場する 【百合 × 心理戦 × 現代ファンタジー小説】です。 女の子たちの仕草や会話に力を入れています! ■あらすじ 高校二年生の高野凛子はクラス男子たちの会話から、 衝撃の情報を掴んでしまう。 クラスのイケメンが一ヶ月後の夏祭りで、 親友の蘭奈ちゃんに告白するらしい――! 親友としての蘭奈ちゃんには、彼氏ができてほしい! でも恋心の相手としての蘭奈ちゃんには、 彼氏ができてほしくない! 相反する感情の狭間で葛藤する凛子。 私はどっちの気持ちに従うべきなの? そんな中、自らを魔女と名乗る 謎の女の子が凛子に声をかけてくる。 「だったら、その二つの感情どうしを 争わせてみればいいじゃない! 勝ったほうが貴女の選ぶ道ってことで!」 魔女の少女の提案に従って、友情と恋心を 完全に分離した人格とする魔法を受けた凛子。 どちらの人格が出てくるかは、 毎朝の魔女のコイントス次第。 夏祭り当日に向けて、 ある日は親友に彼氏が出来るように背中を押し、 別の日には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた、凛子の日々が始まる――! ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の19:30頃 更新予定です!

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 実は女だと言い出せない

    男装少女の体験する、非日常。

    318,000

    2,695


    2021年6月10日更新

    人でないものが飛び交い彷徨う、そんな森に囲まれた小さな村で暮らしていた少女、シルヴィ。 唯一の身内である祖母の死をきっかけに村から出て仕事を探すが、村の外へ出て来てみれば人に騙され、村にはいなかった黒く気味の悪いものもそこかしこに見える。 男装して転がり込んだ廃屋のような教会で少年として雇われるが、雇った青年も普通じゃなかった。 女だってばれたら解雇かも? いやいや折角手に入れた衣食住、手放すわけにはいきません。 ※ふわっとした世界観で書いていますので、「そこはちょっと」と思われる個所も多々あるかもしれませんが、ご笑覧いただけたらと思います。 週に一、二度位更新できたらいいな、と思っています。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間47分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お見合い相手は大嫌いな同級生だった!

    よろしくお願いします♪

    0

    0


    2021年6月13日更新

    「雪乃、明後日の日曜日にお見合い決定やから!」と突然母に言われ 付き合っている相手もいなく 三十路手前の私、羽山雪乃27歳には断る理由もすべもなく仕方なくお見合いを受けるはめになった・・・。 そしてお見合いの席でお見合い相手を確認したら 「横山丈一郎です。雪乃久しぶりやなぁ」と中学の頃の私の同級生だった、大嫌いな奴が爽やかな笑顔で私に微笑み立っていた・・・。 お見合いの相手が、まさかの同級生・・・その頃の奴の一言のせいで私はトラウマになったんや!!! 誰がアンタなんかと結婚するか!! 絶対に断ったるからな!!

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 事故死して生まれ変わった俺の体は、皮肉にも妻の浮気相手になっていた

    死ぬ間際から転生後まで過酷だ……

    5,000

    0


    2021年6月13日更新

    『どうせなら異世界に転生した方がマシだったかもしれない……。』 妻の浮気現場を目撃し、気が沈んだまま迎えた初めての結婚記念日。 しかし不運な事故に遭い、目が覚めた時には過去の世界の『自分』………ではなく妻の『浮気相手』になっていた⁉︎ 知ってる世界で巻き起こる、知らなかった急展開。 見つめ直される主人公と妻と浮気相手の関係性。 それでも主人公は同じ職場で、別人として働く毎日。 まさかの事態は受け止めるけど、愛した妻への感情は錯綜しっぱなし。 そもそも今の俺、どう見ても『浮気相手』だよ‼︎

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む