月夜のハルジオン

読了目安時間:3分

一年目の学校祭 side風巻

 気づいた時には土端(つちはし)土端(つちはし)の肩を掴み避けさせると包丁の刃を掴んでいた。これ以上振り回されては困ると思ったからだ。当たり前のことだが、刃が食い込み血がぽたぽたと溢れ、痛みに自然と眉間に皺がよった。男はあからさまに恐怖し包丁を放した。 「さ、刺すつもりはなかったんだ。お前が!前に立つから!俺が、俺、……」  俺は知っている。この感覚。目眩に似た澱みが視界を支配した。罰しろと心の奥底から湧き上がる。いつもは抑えている感情が爆発した。  掴んでいた包丁を床に落とした。真っ赤に血塗られた手で男の髪を掴むと、まっすぐ見下ろした。 「覚悟はできてんだろうな」 男の髪の根元を強く握った。男は俺の背後にこの世にいるはずもない闇を見たのだろう。あるいは現世にはいない怪物か。 「ひいいいぃい!」 男は悲鳴をあげると口から泡を拭き、その場に気絶してしまった。 「フツー脅しただけじゃ、気絶しないわよね」 元凶の土端は看板を床につけて寄りかかりながらニヤニヤと笑っていた。 「何が言いたい」 「別に。一応助けてもらったわけだし、保健室まで付き合おうか」 「わかってんだろ。いらねえよ」 さっきまでどくどくと血があふれていた手からは、一滴すら浮かばなくなっている。痛みすらもうない。俺が普通の人間ではない証だ。そしておそらく土端も同じような人間、いや。人ではないものなのだろう。ただ、俺とは違うように感じるのは気のせいだろうか。人間にはわからないだろうが禍々しさが微塵も感じられない。吐き出す言葉はあまりに辛辣で冷たいものばかりだが。  すると突然教師が慌てて走ってきた。 「大丈夫か!?風巻(かざまき)。お前手が真っ赤じゃないか」 教師はすぐに血まみれの俺の手に視線を向けて近づいてくる。  やばい。怪我が治っていることを見られるわけにはいかない。  そう思った矢先、土端が怪我をしていない方の手を掴んで教師の前に立った。 「怪我したみたいなので、私が保健室連れて行きます。話は後にしてください」 有無言わせず、土端は俺の手を引きながらその場を離れた。俺はしばらく引かれるままに歩いたが、人気のない廊下で手を振り解いた。 「……わるい」 「いいえ」 振り解かれたことに驚くこともなく、土端はポケットから真っ白なハンカチを取り出し紐状に引き裂いた。簡易的な包帯のような細長い布にするとまだ赤い俺の手のひらに巻きつけた。 「しばらくはこのままでいなさい。多少赤い方が怪我してるように見えるでしょ」 くるくると巻かれていく布を眺めるだけで言葉が出なかった。つっけんどんな態度だが、やっていることは手当てで、つまり俺の危機的状況をわかっていてごまかそうとしてくれているからだ。歪に巻かれたそれは土端の性格そのものを表しているようで何だか笑えた。 「なに?」 「いや、なんでも」 あからさまに機嫌を損ねた土端は、巻き終えた手をペシンと強く叩き、俺から一歩離れて向かい合った。 「どうせ先生たちに聞かれるんだから合わせましょう。男は突然暴れた。そこでアンタが包丁を掴んだ。それに怯えて男は倒れた。それを起こそうとアンタが血の付いた手で頭に触れた。そこに先生がきた。私たちは何もしていない」 「そのままだな」 淡々と告げられた言葉に言い返す理由もなく頷くだけになる。何も意見をしない俺にさらに機嫌を損ねた土端は、一つため息を吐いて、今一度俺を見つめた。 「張り合いがないわね」 「張り合ってもしょうがねえだろ。お前が正しいんだから」 「つまらない男」 フンと鼻を鳴らし笑うと土端は踵を返して職員室の方へ向かった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 偽装結婚を偽装してみた

    結婚したのに両片想い。

    500

    0


    2021年6月25日更新

    「家借りるときさぁ、保証人が必要だと困るとき来そうで不安なんだよね」 酒の席で元後輩にそんなことをグチったら、旦那ができました――。 降って湧いたような結婚話を承諾したら、そこにはすれ違いの日々が待っていた?! 想いを寄せている相手の気持ちに確信が持てず、“偽装”を“偽装している”夫婦のモダモダ遠回り生活。 苦くてしょっぱくて甘酸っぱい、オトナ思春期ラブストーリー第2弾。

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • 稀人オークと三十路の乙女

    現れたのは10歳下のオークでした

    24,000

    50


    2021年6月25日更新

    恋人と別れて3年、30歳の誕生日を一人で迎えた雪江の前に、 その日突然現れた10歳下の巨漢のオーク。 ザグルという名の彼は、雪江の苦手なファンタジー世界の住人で、 稀人(まれびと)と呼ばれる不思議な存在だった。 成り行きから一緒に生活することになった2人は、 徐々に互いを思い合うようになり、 やがて周囲との関係を変えながら、互いの過去に踏み込んでゆく。 日常と日常と時々ファンタジーな恋、はじめました。 ※カクヨム版をかなり改稿しています。ストーリーは同じです。

    読了目安時間:2時間44分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 燃えよカイエン ~野生な精霊拳士の珍道中~

    拳法×精霊+もふもふで贈る冒険アクション

    6,100

    205


    2020年4月11日更新

    【全104話 完結】 精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 中原の覇者であるロザン皇国は東都イタミに、ある日ふらりと一人の少年が姿を現す。 カイエンと名乗るその野生児は、常識がなく、金の持ち合わせもなく、しかし霊紋を持っていた。 イタミに到着するなり巻き込まれた陰謀劇をはじめとして、カイエンの行く手には一騎当千の強者が次から次へと立ちふさがる。 果たしてカイエンは強敵との戦いに打ち勝ち、ひと癖もふた癖もある仲間と共に『世界を見て回る』旅を貫くことができるのだろうか。 「目と耳と鼻と口しかない奴は、どうにも見分けがつき難くてなぁ」 「大抵の人間はそれだけあれば十分よ」 「いや、でも、牙も爪も角も尻尾も無いんだぜ」 「その要素に期待するのは金輪際諦めた方がいいわね」 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間50分

    この作品を読む

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    904,000

    153,959


    2021年6月21日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間1分

    この作品を読む