月夜のハルジオン

読了目安時間:2分

勧誘

夏休みが終わり、二学期が始まった。 学生たちは再び冬服に変わり、学校の木々もほんのり色付いてきた頃。 「生徒会、ですか」 「そう、次期副会長を是非キミに任せたくて」 放課後、帰る支度を済ませて下駄箱で靴を履き替えていた風巻(かざまき)一つ上の黒田(くろだ)義光(よしみつ)に話しかけられていた。 黒田は漫画に出てきそうなザ・生徒会の風貌だ。分厚いメガネに、短く切り揃えられた黒髪、2年の証である青いバッチをつけている。周りからは少しばかり気持ち悪がられてしまいそうな出立ちだ。 黒田の問いにきょとんとした風巻だったが、すぐに困ったように頭をかいた。 「すみません。俺、そういうの得意ではなくて」 「いいや!得意なはずだ。新入生の挨拶もとても素晴らしかった。悪漢も倒したんだろ?キミはいずれ人の上に立つ人間だよ」 鼻息を荒くして興奮する黒田とは裏腹に、風巻はつらつらと並べられた言葉にどう断ろうか口をつぐんでしまった。 人の上に立つ、ということがどういうことかをわかっている。やろうと思えば簡単に人を支配できることも。 風巻の悩みをかき消すように、黒田は期待の眼差しを向けキラキラと輝いていて、今この場で断ることも叶わなさそうだった。風巻は黒田を見ると軽く頭を下げた。 「考えておきます。少し時間をください」 「おお!いい返事待ってるよ!あのね、進学でも就職でも、生徒会に入ってて無駄なことは絶対ないからさ!ね!」 ぱぁっと黒田の表情が明るくなった。嬉しさから小さくぴょんと跳ね、手を振るとその場から走っていなくなった。 「まず、あなたは誰ですか」 「手厳しい!そうだよね。僕は黒田義光。2年3組で現生徒会副会長。でね、次の会長選挙立候補しようと思っていて。僕がなった暁にはキミを生徒会にと思って」 次の日、黒田は帰ろうとする土端(つちはし)の元へかけて行った。土端は教室を出て階段を降りるところだった。 風巻とは違いあからさまに不機嫌な様子で土端は黒田を見つめていた。だが黒田は恐れることもなく自分の言いたいことをまっすぐに伝える。 案の定、土端の反応は薄くそれ以上聞くつもりはないため黒田を避けて階段を降り始めた。 「待って待って!ね、ダメかな。風巻くんにも頼んだんだけど」 ぴたりと土端の足が止まった。 この話なら聞いてくれるのかと、黒田は階段を駆け降りて再び土端の前に立ちはだかった。だが予想は外れ、さらに機嫌を損ねた土端が睨みをきかせ、黒田を見た。 「私と風巻くんと何か関係あるんですか?」 今までにない冷たい目と言葉に黒田はたじろいだ。 「え?あ、・・・ごめん」 「・・・、では」 今までの勢いをすっかりなくした黒田を残して土端は階段を降りてその場から去っていった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    941,172

    38,107


    2021年6月2日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくださる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • 金貨使いの怪人

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    16,450

    250


    2021年6月12日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ハッピースパイラル ~幸せを紡ぐ旅~

    いきなり小学生に求婚されたらどうします?

    1,000

    0


    2021年6月13日更新

    天涯孤独の高校生宇宙大地は、突如現れた小学生にパパと呼ばれ、挙げ句に求婚された! この不思議少女の正体と求婚の真意とは一体? 怒涛の如く押し寄せる愛に、主人公=あなたは果たして耐えられるのか?! この物語は、心優しく元気溢れる謎多き少女に追いかけられ、次第に絆を結んでいくお話です。主人公の宇宙大地と共に、少女の一途な心に触れながらその謎に迫ってみませんか? 【お知らせ】 しばらくは1日2話で掲載したいと思います。 カクヨムで先行掲載しています。https://kakuyomu.jp/works/16816452220140659092 【こんな人にオススメ!】 ・ヒロインと仲良くなる過程をじっくり楽しみたい人 ・キャラ達が成長する過程を暖かく見守りたい人 ・幼女に優しくからかわれるのが好きな人 ・賢く鋭い主人公が好きな人 ・心理戦、知的な掛け合いが好きな人 ・伏線の考察が好きな人(≒ミステリー好き) ・シリアス展開で感動したい人 少しでも当てはまれば楽しめますので、是非ご覧ください! 【考察好きの方へのご注意】 幕間と書かれたエピソードは、メインヒロインの正体を探る大きなヒントになっています。あくまで主人公視点で正体を探りたいという方は、一旦読み飛ばしてもらうことをオススメします(幕間0についてはほぼノーヒントなので、気にせず読まれても差し支えありません)。 物語が進んで正体が明かされた後に読まれますと、また味わい深いものがあると思います。 【ハピスパの特殊な楽しみ方】 次回予告集「1分で分かるハピスパ」を別窓開いておき、各話を読んだ後にその回の予告を見ると、よりお楽しみいただけるかもしれません(不思議少女が気に入った方は特に)。 また、2日目以降の1日が終わるごとに登場人物紹介がございます。これはWikiのようなスタイルで書かれておりますので、良い情報整理になるかと思います。基本的にそこまでの劇中の情報のみで構成していますが、小ネタの解説があったりもします。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • お見合い相手は大嫌いな同級生だった!

    よろしくお願いします♪

    2,000

    0


    2021年6月13日更新

    「雪乃、明後日の日曜日にお見合い決定やから!」と突然母に言われ 付き合っている相手もいなく 三十路手前の私、羽山雪乃27歳には断る理由もすべもなく仕方なくお見合いを受けるはめになった・・・。 そしてお見合いの席でお見合い相手を確認したら 「横山丈一郎です。雪乃久しぶりやなぁ」と中学の頃の私の同級生だった、大嫌いな奴が爽やかな笑顔で私に微笑み立っていた・・・。 お見合いの相手が、まさかの同級生・・・その頃の奴の一言のせいで私はトラウマになったんや!!! 誰がアンタなんかと結婚するか!! 絶対に断ったるからな!!

    読了目安時間:1分

    この作品を読む