月夜のハルジオン

読了目安時間:3分

とある春の昼下がり

 入学式が終わり、お迎えテストなるものも終わって数日が経った頃。  チャイムが鳴り、昼休みが始まった。学食、売店と中学にはなかったものが溢れ返る高校。自販機に至るまで学生たちは短い昼休みの中、列をなしている。 「くそっ、メロンパンなくなってんじゃん」 1年1組の山本宏太(やまもとこうた)は漸く売店の前に立てたものの、お目当てのものが見つからずがっくりと落ち込んだ。一緒に来ていた風巻(かざまき)は自分のお目当てのイチゴミルクを手に取り、売店のおばさんに小銭を渡しながらケタケタ笑った。 「まあ、そんなもんだよな」 「大体よ、ずるくねえか?3組と4組の間に階段があってさ。一年生は売店から1番遠いし、1組と6組はダッシュしても全然手に入らねえじゃん。あー!バターロールひとつください!」 山本は文句を言いながらもおやつ用のバターロールを手に取り、お金を払うと風巻と早々に行列から離れた。  2人は中学からの同級生で奇跡的に同じクラスになれた。山本の出立ちは風巻とは相反している。短く切り揃えた黒髪をワックスで立たせ、学ランもボタンを開けて中は赤のTシャツといった出立ち。側からみればチンピラに見えなくもない。だが天真爛漫で何事にも挫けない山本のことを風巻は昔から気に入っている。  お昼も食べ終えていたのでふらふらと2人で校内を散歩していると、ふと角の向こうから大きな声が響いた。 「つか、テメエ何イキってんだよ!一年の分際でその髪とスカートなんなんだ?あ?」 風巻と山本は顔を見合わせて声のする方へ歩いた。こっそり顔を出し覗き込んだ先には、数人の女子に囲まれた土端(つちはし)の姿があった。 「おい、あれ。お前と挨拶したやつじゃねえ?」 「あぁ……」 ちらりと見えた女子達のリボンは青色だ。二年生に目をつけられてしまったのだろう。土端と目があったが、あちらは助けを求めることもなく、女子達の怒りが終わるのを待っているようだった。 「聞いてんのか?」 とうとう1人が痺れを切らし、土端の肩をこづいた。次の瞬間、赤い瞳が肩に触れた女を睨んだ。女は金縛りにでもあったように固まり、へなへなと腰を抜かす。 まわりの女子達は何が起こったかわからず座り込んだ女の周りに集まった。 「ちょっと、カヨ。どうしたの?」 「っ……」 「なにしやがったんだよ!この魔女!」 怒鳴る女たちをよそに、土端は何事もなかったように歩き始めた。 「やべっ。こっちく……」 「覗き見なんていい趣味持ってるのね。風巻くん」 慌てた山本には目もくれず、土端はまっすぐ風巻を見据えた。その視線に負けることもなく風巻は冷たい目で自分よりも小さな土端を見下ろした。 「たまたま通りかかっただけだ」 「ふーん」 土端の白く細い指がそっと風巻の頬に触れた。少し背伸びをして風巻の耳元に唇を近づけると山本には聞こえない小さな声で囁き、その場を後にした。風巻はびくともせずそのまま見送った。 「おい、お前すげえな。あんな美女に触れられてよ。なに?何て言ってったんだよ」 土端の姿が見えなくなった瞬間に山本はいつもの調子で話し始めた。風巻は触れられた頬に自ら触れると妙な苛立ちから舌打ちをし、山本の質問に答えることなく歩き始めた。山本は答えない風巻に更に質問しながら追いかける。  教室に着くころ、2人は廊下に張り出されたお迎えテストの結果に生徒が群がっているのを見つけた。立派な筆字で壁一面に30位までの名前が書かれた紙が掲示されている。 少し離れた位置からでも十分に読むことができた。むろん山本の名前はそこにはない。あったのは 2位 298点 風巻悠馬 1位 300点 土端百華 「うわっ。風巻負けてんじゃん。あの女やべえ」 山本のあっけらかんとした声だけが廊下に響いた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 当て馬になる気はありません

    物事はよく考えて動きましょう?

    8,800

    0


    2021年7月26日更新

    最近婚約者であるライト様に近づいている令嬢が居ます。 子爵家の庶子として最近引き取られた彼女は、社交界のマナーにもうとく、学園でも浮いた存在だけれども、何を考えているのか第三王子であるライト様に近づいているのです。 そしてその令嬢、スーリャ様はわたくしに対してこういうのです、「悪役令嬢としてせいぜいあたしの当て馬になってよね」、と。 申し訳ありませんが、そのようなものになる気は微塵もございません。 ※好評でしたら連載します

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 瑠壱は智を呼ぶ

    拗らせ系ラブコメディー、開幕!

    300

    0


    2021年7月26日更新

    ☆前作「朱に交われば紅くなる」読者の方へ☆ 本作は、自著「朱に交われば紅くなる」シリーズの設定を引き継ぎ、細部を見直し、リライトする半分新作となっております。 一部キャラクター名や、設定が変更となっておりますが、予めご了承ください。 詳細は「はじめに」の「「朱に交われば紅くなる」シリーズの読者様へ」をご覧ください。 □あらすじ□ 今思い返せば、一目惚れだったのかもしれない。 夏休み。赤点を取り、補習に来ていた瑠壱(るい)は、空き教室で歌の練習をする一人の女子生徒を目撃する。 山科沙智(やましな・さち) 同じクラスだ、ということ以外、何一つ知らない、言葉を交わしたこともない相手。そんな彼女について、瑠壱にはひとつだけ、確信していることがあった。 彼女は“あの”人気声優・月見里朱灯(やまなし・あかり)なのだと。 今思い返せば、初恋だったのかもしれない。 小学生の頃。瑠壱は幼馴染とひとつの約束をした。それは「将来二人で漫画家になること」。その担当はどちらがどちらでもいい。なんだったら二人で話を考えて、二人で絵を描いてもいい。そんな夢を語り合った。 佐藤智花(さとう・ともか) 中学校進学を機に疎遠となっていた彼女は、いつのまにかちょっと有名な絵師となっていた。 高校三年生。このまま交わることなく卒業し、淡い思い出として胸の奥底にしまわれていくものだとばかり思っていた。 しかし、事は動き出した。 沙智は、「友達が欲しい」という話を学生相談室に持ち込み、あれよあれよという間に瑠壱と友達になった。 智花は、瑠壱が沙智という「女友達」を得たことを快く思わず、ちょっかいをかけるようになった。 決して交わるはずの無かった三人が交わったことで、瑠壱を取り巻く人間関係は大きく変化をしていく。そんな彼の元に生徒会長・冷泉千秋(れいせん・ちあき)が現れて……? 拗らせ系ラブコメディー、開幕! □更新情報□ ・基本的に毎日0時に更新予定です。 (最終更新日:2021/06/08)

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 操竜姫戦記~青い瞳の少女と赤い双眸の黒い竜~

    愛ゆえに人は狂気に染まる

    7,500

    50


    2021年7月25日更新

    エルシアン大陸、アルノリア王国。 そこは人類の残された唯一の大地。だが、古の時代より亡者と呼ばれる怪物の侵攻をたびたび受けている。それに対抗する力、竜を操る者たちがいる。 彼らは操竜者と呼ばれ、騎士団を形成し国と人々を守り続けている。 そして、操竜者になるべく一人の少女、ステラが儀式を受ける。 だが、そのれは失敗に終わる。 騎士団長であり父であるレグルスから騎士団長室へと呼ばれる。 そして言い渡されたのは、竜の墓場に行って来いという任務だった。 逆らうこともできず、ステラは竜の墓場へと向かった。 そこで、運命の邂逅を果たす。 そして、物語の歯車は動き出すのだった……。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • ルディアと王都防衛隊 ~海の国の入れ替わり姫~

    この夏完結!精神交換SF戦記ファンタジー

    3,119,950

    11,200


    2021年7月25日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中!(⑭よりノベプラ先行更新です!) ■59000PV突破感謝です! ■最高順位日間総合1位、週間SFジャンル1位、年間SFジャンル3位、累計SFジャンル9位、年間総合22位、累計総合67位など達成! ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:66時間31分

    この作品を読む