月夜のハルジオン

読了目安時間:2分

次の春へ

三学期、学年末テストの結果がいつものように廊下に張り出された。 498点 風巻(かざまき)悠馬(ゆうま) 498点 土端(つちはし)百華(ももか) 「お、今回同点じゃん」 風巻が廊下に張り出された結果を見ていると横からひょこっと山本が現れた。風巻が時々勝てるが、その差はいつも1点か2点。そしてまた1点か2点で負けるのだ。おそらく一年間で平均しても同点だ。 風巻は山本のご機嫌な言葉に返事できなかった。悔しさもある。けれど年末にした約束をすっぽかされたのが気に入らなかったからだ。 「こんにちは、風巻くん」 聞き慣れた嫌味っぽい話の掛け方にイラッとしたのを隠さず風巻は振り返った。すでに喧嘩を売っている土端が仁王立ちしていたのだ。 「なんだよ、話しかけんな」 「何よ。約束守れないすっぽかし男が」 「は?」 その場の空気が一気に凍りついた。普段から冷たい土端のことは皆見慣れていたが、今回は風巻まで反応が冷たかったからだ。その様子に山本は自然と一歩下がる。当然のように風巻と土端の一騎討ちの構図となる。 「お前がすっぽかしたんだろ?」 「何言ってんの。3時って言ったのどこのどいつよ」 「何言ってんだ。3時じゃねえ、13時だ」 「は?どこの世界に13時って言う馬鹿がいるのよ!」 「馬鹿に馬鹿って言われたくねえよ。聞き間違いしたのはそっちじゃねえか」 キャラ崩壊とはこう言う時に使うのだろう、と山本は思った。周りの生徒たちもいつもの雰囲気とは違う言い合いにキョトンとして言葉を失う。 どちらにせよ、2人はあまり口数の多い方ではないし、こんなに話しているところも初めて見た者も多い。いつも近くにいる山本でさえ驚いた。 「だ、大体ね。13時だろうが来るまで待ちなさいよ」 「バイトの休憩時間は無限じゃねえんだよ」 「私がどんな思いして外で待ったか分かってんの!?」 「俺がどんな思いであの場にいたか分かってんのかよ!」 怒鳴り合いまで始まってしまった。その後ぴたっと静まり返る。2人はぜーぜーと息を切らせ、暫くして息を整えると風巻が話し始めた。 「もういい」 「同感。あなたに期待した私が馬鹿だった」 2人はそれ以上言葉を交わすことなくその場を去っていった。 生徒達は2人の勢いに押されて暫く黙っていたが、各々顔を合わせ何もなかったことにして、日常に戻っていった。 2人が結ばれるまでまだまだ先は遠い。 一章 終

ここまでお読みいただきありがとうございました。 いつもたくさんの応援、本当にうれしくて毎回キャーキャー言ってます。 次回からは番外編3編、その後に二章に突入します。今後もよろしくお願いします!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 元教え子

    いつになれば、今の僕を見てくれるのだろう

    0

    0


    2021年6月25日更新

    高校を卒業してから3年。 いまでも連絡を取っているあの人は、ずっと変わらない。 僕の心も、ずっとあの時のまま……

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 愛執 ~愛されたい子供を拾って溺愛したのは邪神でした~

    神殿に繋がれた供物の子を溺愛するBL

    144,400

    0


    2021年6月25日更新

    「なんだ、お前。鎖で繋がれてるのかよ! ひでぇな」 洞窟の神殿に鎖で繋がれた子供は、愛情も温もりも知らずに育った。 子供が欲しかったのは、自分を抱き締めてくれる腕――誰も与えてくれない温もりをくれたのは、人間ではなくて邪神。人間に害をなすとされた破壊神は、純粋な子供に絆され、子供に名をつけて溺愛し始める。 人のフリを長く続けたが愛情を理解できなかった破壊神と、初めての愛情を貪欲に欲しがる物知らぬ子供。愛を知らぬ者同士が徐々に惹かれ合う、ひたすら甘くて切ない恋物語。 「僕ね、セティのこと大好きだよ」 【注意事項】BL、R15、性的描写あり(※印) 【重複投稿】アルファポリス、カクヨム、小説家になろう、ノベルアップ+、エブリスタ、ノベルバ ※2020/11/01 エブリスタ BLカテゴリー6位

    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間36分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 黒き魔人のサルバシオン

    人ならざる者は自身の存在価値を求める

    19,300

    1,100


    2021年6月23日更新

    万物の根源たる六属性の魔素が織りなす世界、ヴェルトモンドには人間や動物などの有機生命体とは別に、魔物と称される魔素生命体が存在する。 古き時代より人間は、自分たちを脅かす魔物を徹底的に排除することで安寧を享受していたが、魔物至上主義団体、アマルティアの台頭が原因で世界の平穏は崩れ去ってしまう。 そんな折、ひょんな理由で人間としての生活を送っていた人型の魔物、魔人と呼ばれる存在であるエルキュール。そんな彼の日常も、アマルティアとの遭遇により捻じ曲げられることに。 自身の矛盾した在り方に苦悩しながらも、エルキュールは世界を壊すアマルティアとの戦いに身を投じることを選んだ。 小説家になろう様・カクヨム様にて同時掲載しております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    33,950

    273


    2021年6月19日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む