現代/青春ドラマ 短編 完結済

日を分かつ秋の日に

作者からの一言コメント

秋よなコン参加作品。しっとりじんわり

ふと、息子の愁斗がこんなことを聞いてきた。 「ママって、どんなひとだったの?」 そっか、この子もそういうことが気になる年頃か。 じゃあ、今年は一緒に行こう。 千秋に、2人で会いに行こう。 ※自主企画:秋の夜長コンテスト参加作品です(´ω`)

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 日を分かつ秋の日に
作者名 キリン🐘
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 男主人公 ほのぼの 現代日本 日常 秋よなコン 短編
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月17日 17時00分
最終投稿日 2020年10月17日 17時00分
完結日 2020年10月17日 17時00分
文字数 4,084文字
ブックマーク登録 0件
コメント 5件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    ♡588,684

    〇91,164

    異世界ファンタジー・連載中・118話・374,149字 ネコカレー

    2021年1月20日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第ニ章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡523,400

    〇3,538

    SF・連載中・85話・485,024字 新星

    2021年1月24日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ちょっと特殊な奴らの恋慕事情

    ♡10,600

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・5話・20,352字 三ツ葉 きあ

    2021年1月24日更新

    ※GL要素がありますが、それがメインではありません。登場人物は殆ど男です。 ================= 後輩と付き合い始めて五日目。 そんな彼女は今、おれの目の前で机に突っ伏し、重く憂鬱な溜め息を吐いている――。 初デートは最悪で……、迫る二度目のデート。 そもそもの原因は、彼氏の趣味に合わない彼女の体質。 見守る外野ばかりが賑わう中、同僚以上恋人未満なふたりは、いざ、二度目のデートへ! 恋愛をしない、ラブコメ系群像劇!……かもしれない! ※一話毎に視点が変わります。 ※『小説家になろう』にて2018年 10月03日 に完結した作品になります。

  • じょしかうせいのにちぢやう そのに

    ♡1,000

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・44話・242,069字 K1.M-Waki

    2021年1月24日更新

    岡本千夏が文芸部を引き継いで九ヶ月。色々な事があった。 一応、新入部員も迎えて、部としての存続に成功した文芸部。 しかし、同級生の那智しずるは、実は『清水なちる』としてヒット作を生み出している小説家だった。 しかも、新一年生達はオタクだったり、双子だったりと、これまた一癖も二癖もある者ばかり。 どうにかこうにか部を運営する千夏だったが、しずるが学校のアイドルとして注目され始めた頃から、歯車は狂い始めた。高橋舞衣の計略で写真集を作る事になったり、千夏が雑誌にコラムを掲載することになったりで、彼女にとっては大忙しの歳になってしまった。 そして新年を迎えた今、千夏としずるの文芸部は、また新たな一歩を踏み出すことになる。