Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

ふたりのはる

読了目安時間:3分

ふたりのはる(17)

 *** 「派手にやったね、兄弟」  シャワールームの惨状を眺め、波留はケラケラと笑った。 「最高だよ」  決して広くはない浴室に、一つの死体と二人の殺人犯がいる。その様は、まるで役者の演じる舞台のようであり、たった一人のヒロインを気どるかの如く横たわる女の首は、体から完全に切り離されていた。 「気に入ったか?」  長い髪を掴んで首を持ち上げ、切り口を確かめる幼馴染みに、春樹は満足気な顔をした。 「どうだ、いい仕事するだろう」 「うん……すごい、本当にきれいだ。博物館に飾ってもいいんじゃないかな」 「死体だぞ?」 「関係ないよ。ミイラだって死体じゃないか。人間は珍しいものならなんだって興味を持つだろ」 「だからってこんなに新鮮な生首だとな……保存が大変だ」 「まあね。それに、これは俺たちがこれからちゃんと処理しないといけないし、飾ってる暇はないね」  女の首からはぼたぼたと赤黒い液体がこぼれ続けている。むせ返るような濃い血液の匂いの中でも、二人は嫌な顔ひとつしなかった。  女の殺害からは、きっかり三十分が経っていた。  春樹は死体をバラバラにしてから波留を呼ぼうと思っていたが、首の切断に思いのほか時間がかかってしまい、急遽予定を変更し、二人で協力して解体することにしたのだ。  居間の壁を三回ノック。  それが春樹からの作戦成功の合図だった。ノック音を聞いた波留は隣室から駆けつけ、春樹が、かつて母親だったものと一緒に浴室にいるのを発見したのだ。 「居間に行くのに、レインコートを脱がないと行けないのが盲点だったな」  春樹の独り言に、波留も小さく微笑んだ。 「俺も、こんな時に親友の裸体を見ることになるとは思わなかったよ。でも、いい判断だね。洋服についた血は落ちにくいから。  ──それじゃ、ちゃっちゃと片付けようか。ハル、俺のレインコートある?」  平屋の狭いボロアパートには東岸家と雪下家以外に住民はいないが、死体を早く分割するに越したことはない。突然近隣住民が尋ねてくる可能性もゼロとは言いきれないのだから。 「ああ、お前の分は、居間に置いてるリュックの中に。それより、とりあえず首は切り離したが、それだけでも結構大変だったぜ。骨がなかなか切れなくて。家にあるものの中でも一番大きい包丁を研いで使ったのに、刃の背の方をシャワーヘッドで殴りつけながらじゃないと切断できなかった」  波留は大きく頷いた。 「確かにね。全身をバラすのに家庭用の包丁は向かない。大丈夫だよ、ハルにノコギリを貸すから、一旦俺の部屋に来て。ついでに、父さんが今どんな状態なのか、見て欲しいんだ。それを見て、必要があれば俺の部屋から保冷袋とかタッパーを借りていいよ」 「タッパー?」 「そう。小分けにして、冷蔵庫に入れるんだ。その方が調理しやすいでしょ?」  なんでもないことのように放たれた言葉に、春樹の動きが止まった。『小分け』、『冷蔵庫』、『調理』。それらの単語と目の前の死体が上手く結びつかずに、頭の芯が冴え、一気に現実に引き戻される。  ──やるのか、お前。  脳内に響いたのは、自らに問いかける春樹自身の声だ。ほんの一瞬の間、舞い戻ってきた理性が春樹を惑わす。  そこまでするのか? そこまでして証拠を消す必要があるのか? 人間として許されない、殺人という罪を犯しておきながら、さらにその死体をも食うというのか?  それは春樹たちが、人間であるかどうかを決めるレッドラインだ。越えてしまえば、戻ることは出来ないだろう。  ──今ならまだ、踏みとどまり、全てを諦めて自首をするという道があるはずだ。波留を説得し、共に人間らしく更生する。そんな選択肢が、俺たちの間には、まだ──。 「……ハル?」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ジト目ノベラ

    新田漣

    ♡1,000pt 2021年3月2日 13時48分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    新田漣

    2021年3月2日 13時48分

    ジト目ノベラ
  • 化学部部長

    月宮雫

    2021年3月2日 17時13分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ホラー「ありがてぇっ!!!」

    月宮雫

    2021年3月2日 17時13分

    化学部部長
  • リオ(精霊幻想記)

    ノア・レザン

    ♡800pt 2021年2月28日 22時45分

    「派手にやったね、兄弟」の「兄弟」がエロい。この二人、いっちゃってるなー、極度の興奮状態。わちゃーと思ったけど。やっぱり春樹が冷静になったね。「タッパー」に小分けで冷蔵庫?開ける度に?切断遺体よりグロい。食べるの?二人分?人間としてのレッドライン!一旦冷静になるとキツいぞ春樹

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ノア・レザン

    2021年2月28日 22時45分

    リオ(精霊幻想記)
  • 化学部部長

    月宮雫

    2021年3月1日 22時57分

    まさか私の作品でエロさを感じていただけるとは……!!|*´゚Д゚)ドキドキ ブロマンス方面に突っ切りそうな絆の深まり方してますよね、残虐表現多数の作品なのに……(*´`*)エヘ 書きながら、人肉食べるなんて無理だ……と萎えました笑 主人公たちが狂人すぎて感情移入が大変です

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    月宮雫

    2021年3月1日 22時57分

    化学部部長
  • 猫

    みどり茶緑ちゃ

    ♡500pt 2021年3月1日 7時26分

    一気に突っ走る…と思いきや冷静に。素晴らしいです!!セリフで「裸」と改めて言われるとなんだか恥ずかしい(笑)確かに殺人は許容範囲で食人は範囲外。殺されそうで「思わず刺しました」は理解できるけど「思わず刺して『食べました』」は理解できない、サバイバルじゃない限り。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みどり茶緑ちゃ

    2021年3月1日 7時26分

    猫
  • 化学部部長

    月宮雫

    2021年3月1日 23時03分

    春樹は元々が冷静な人なので、一度振り切れてもふと我に返る瞬間ってあるんじゃないかなと思いまして……😊 人肉を食べるなんて、普通の人間ならなかなか決心つかないですよね😱😱 確かに「思わず刺して食べました」は狂人です笑笑

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    月宮雫

    2021年3月1日 23時03分

    化学部部長
  • くのいち

    爪毛

    ♡400pt 2021年3月1日 0時07分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    爪毛

    2021年3月1日 0時07分

    くのいち
  • 化学部部長

    月宮雫

    2021年3月1日 23時03分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    燃えてキタ~‼

    月宮雫

    2021年3月1日 23時03分

    化学部部長

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • エスパー少女と心の見えない転校生 〜二人で過ごした四ヶ月〜

    エスパー少女と転校生の共依存百合!

    327,615

    220


    2021年7月27日更新

    祝夏は人の心が見える超能力を持っている、生まれながらのエスパーだった。 そんな祝夏は幼い頃、エスパーの能力で失敗を重ねたことで、クラス中から迫害され、両親の愛が自分から少しずつ離れていく生々しい心の動きを目の当たりにし、心を閉ざした。 人の心が見えるからこそ、誰とも関わらない。そう決めた祝夏が高校二年生になった始業式の日、彼女は心の見えない転校生の美少女・王禍と出会う。 心を閉ざしたエスパーの祝夏と、心の見えない王禍。二人は少しずつ仲を深め合いながら、過酷な運命に立ち向かっていく…… ※エスパーの少女と、呪われた運命を背負った少女が愛を育む長編共依存百合小説です。現在完結編である第三部を連載中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間8分

    この作品を読む

  • 伝説の男、黒崎天斗!

    涙あり笑いありの、青春ラブコメ連載始めま

    0

    0


    2021年7月27日更新

    主人公である黒崎天斗(くろさきたかと)は現在高校一年生で、人生一度もケンカなどしたことがない気弱な男子。しかし、偶然にも同姓同名で同級生の伝説のヤンキーとも謳われた黒崎天斗によく間違われ、名の知れたヤンキーによく絡まれる不運な人生を送ってきた。そんな天斗に高校二年に上がるとき、思わぬ転機が訪れる。それは親の都合で隣県に転校するという朗報が突如告げられる。天斗は踊るような思いで転校するのだが…その転校先で予期せぬ波乱の人生が待ち受ける事になる。偶然か必然か、一人の女子の出会いから、本物のヤンキーの世界へと引きずり込まれる天斗…そして次第に明かされていく天斗の出生の秘密…奇妙な出会いから転がる人生を面白おかしく、そして時に涙ありのラブコメ青春ドラマ。後半は主人公と、その周りを取り巻くキャラとの群像劇…はたして皆無事に生きて卒業出来るのか!波乱万丈な人生を描くストーリー…

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 妖怪警察

    これは、「幸福」を巡る少女の妖怪奇譚

    55,960

    100


    2021年7月27日更新

    これは私の『幸福』のお話。 交通事故で死んだ私は……座敷わらしになりました。 そうして私は妖怪の世界、妖世界で暮らすことになったけど……。 初対面の男の子に「警察で働いてください!」って土下座されてから私の人生……いや妖怪生が変わっちゃいました。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間2分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    深い闇からも少女を救い出す為に動き出す。

    47,500

    365


    2021年7月16日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む