ミステリー 短編 完結済

人落ちマンション ~あなたにスノードロップの花束を~

作者からの一言コメント

医学・物理学・心理学をお勉強しながら…

読了目安時間:2分

総エピソード数:5話

人落ちマンション ~あなたにスノードロップの花束を~の表紙

 そのマンションでは、よく飛び降り自殺が発生する。主人公の美雪がベランダのスノードロップの蕾に触れると、人が落ちた。下を見ると見物客が、スマホで写真の撮影会が始まった。すると、また、上から若い女性が落ちてくる……。  人は、いつしかそのマンションを「人落ちマンション」と名付けた……。  小説を読みながら、医学・物理学・心理学を学べる  じわじわ系愛憎ホラーミステリーです。 ■表紙画像:moerschyさんご提供のフリー画像 ■文字入れ・装飾:miraii♪

総エピソード数:5話

作品情報

作品名 人落ちマンション ~あなたにスノードロップの花束を~
作者名 星野 未来
ジャンル ミステリー
タグ 第1回勉強会 ホラー 自殺願望 マンション 飛び降り ミステリー スノードロップ SNS 拡散 生と死 光と影 花言葉 医学 物理学 心理学
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月7日 19時34分
最終投稿日 2022年5月8日 20時31分
完結日 2022年5月8日 20時27分
文字数 1,193文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 5話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幼なじみは謎が解けない

    謎を解けない幼なじみと青春ミステリー!

    500

    0


    2022年8月10日更新

    謎を解きたい!でも解けない!そんな幼なじみ水都恋(みとれん)と、いつも付き合わされる綾里七瀬(あやさとななせ)。 謎が解けない幼なじみによって、七瀬は今日も日常の謎解きに巻き込まれる!

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 探偵なんてくだらない 〜黒幕はじめました〜

    その探偵は置いてきた心すら解き明かす。

    5,100

    1,000


    2022年8月10日更新

    【主人公は黒幕、そして探偵でもあった】 探偵をこよなく愛する守屋少年は、現実の探偵に幻滅してしまいます。傷心の彼は考えました。謎があれば探偵は輝けるはずだと。しかし探偵を必要とするような謎は、テレビか小説の中の絵空事でした。ある事件を経て、彼はこう考えるようになりました。「謎ならこのぼくが作ろう、解けるものなら解いてみろ」しかし、だれも彼の謎を解こうとはしませんでした。そう、探偵なんてどこにもいなかったのです。探偵なんてくだらないと不貞腐れる彼の前に、ある日ひとりの少女が舞い降りてきました。その少女の姿に探偵の片鱗を見出した彼は、様々な謎で彼女を試そうとします。 さあ、はたして彼女は彼の理想の探偵足り得るのでしょうか?

    読了目安時間:2時間23分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幻獣戦争-α版

    SFではなく、ファンタジーロボット戦記

    62,700

    1,570


    2022年8月10日更新

    自衛軍時代、謎の生物幻獣との戦いにおいて仲間達と共に数々の戦場を勝利に導き、輝かしい戦績を残し英雄と呼ばれていた主人公比良坂舞人。しかし、彼はある作戦で戦友、恋人、敬愛する上司を失ってしまう。仲間を失った悲しみを胸に抱え、尚彼は懸命に戦う。戦友が願った平和のため。が、長くは続かなかった。広がり続けた傷は血を流し続け、流れた血は虚しさという涙に変わり、彼の心を死に至らしめる。戦う意味、目的も失った彼は役目を終えたように自衛軍から退官する。 幻獣との戦いで世界が荒廃し着実に滅びゆく中、退官した彼は、孤独に生きる事を選び会社員生活を送っていた。ある日、転機が訪れる。いつも通り仕事を終えた彼の前に幻獣が出現、彼は偶発的な事故に巻き込まれ意識を失い夢を見る。かつて教え子に退官を留められた夢。それは彼を醒ます呼び水となる。再び目を覚ますと人類が幻獣に対抗するための兵器、通称戦略機が目の前に倒れていた。

    読了目安時間:8時間48分

    この作品を読む

  • AZUSA

    「全てはAZUSAの名の下に」

    43,200

    30


    2022年8月8日更新

    高校生の維盛空梓は、幼い頃から安眠できたことがない女子高生だ。 ある日、何時もの様に眠りについていた彼女はふと身体に違和感を感じ目を覚ます。 刹那、視界に入ったのはこの世のものでは無い異形だった。 異形に怪我を負わされ、逃げられなくなった彼女が死を覚悟した直後、脳内に言葉が響く。 それは夢の中で何時も自分が呟いていた言葉だった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む