詩/短歌 短編集 連載中

想い徒然風が吹いたら気の向くままに

作者からの一言コメント

その言葉は玉虫色の風見鶏

読了目安時間:4分

 思い立ったが吉日の一文です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 想い徒然風が吹いたら気の向くままに
作者名 久末 一純
ジャンル 詩/短歌
タグ 日常 ほのぼの スローライフ 現代日本 台詞 一文 俳句 短歌
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月20日 20時50分
最終投稿日 2021年5月16日 14時40分
完結日 -
文字数 2,218文字
読了目安時間 4分
ブックマーク登録 57件
コメント 99件
スタンプ 683件
ビビッと 115件
応援ポイント 217,638pt
ノベラポイント 739pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    10,800

    20


    2021年5月16日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    705,120

    3,668


    2021年5月16日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間55分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 心の声

    あなたが幸せになれますように

    863,586

    19,214


    2021年5月17日更新

    悲しみと幸せを詩に纏めました。 心の傷や悲しみは決して消せるものではないですけど、 この詩を読んで少しでも生きる希望を持っていただけたら幸いです。 いつか皆様が幸せに辿り着けますように。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

  • 泡沫

    日々、惑乱。

    35,200

    500


    2021年5月17日更新

    たとえ気狂いじみていたとしても、酔っぱらいの戯言だとしても、風に掻き消されてしまうような独り言だとしても、淡く消えてしまうくらいなら書き留めていよう。 ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 以前活動していた他サイト(今は退会済)で公開していた詩も修正して収録しています。新作も随時追加。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む