文芸/純文学 短編 完結済

ミカちゃんのおともだち

作者からの一言コメント

4歳のミカちゃんのお話

ミカ、4歳。 すきなこと:おままごと、おえかき、おりがみ ほしいもの:おともだち

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ミカちゃんのおともだち
作者名 ふんわり鏡月
ジャンル 文芸/純文学
タグ 現代日本 ホラー 日常 ファンタジー SF ショートショート
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月24日 14時18分
最終投稿日 2020年9月24日 14時20分
完結日 2020年9月24日 14時20分
文字数 1,279文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 「おっさんがカップ麺を作るだけ」という文学表現

    おっさん+カップ麺=純文学

    137,100

    515


    2021年4月21日更新

    (表紙絵……夜叉姫様) おっさんはカップ麺に湯を注ぐ。今日も明日も。

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • 読まれない物語の中で

    闇を抱える五人の主人公たちの物語🖊

    5,400

    0


    2021年4月21日更新

    「一般人を殺すのは、いつだって一般人だろ」 貧困家庭で苦しむ主人公は将来を憂う。 そんな主人公が,ある日同級生の自殺未遂現場に出くわす。 自殺をしようとしていたのは同じクラスの女子生徒。 そして彼女の自殺をしようとした理由に目をつけるサイコパス気質の少年。 運悪くその少年に出会ってしまうことになる主人公の弟。 ふとしたことから主人公の弟と関わりをもった元売り専の青年。 彼らは微かに交わり合って、僅かにそれぞれの人生を歪ませていく。 「五歳だった俺に、人殺しをさせた、あの人物だ。誰も知らない犯罪。俺の共犯者」

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間17分

    この作品を読む