SF 長編 完結済

時間線手術

作者からの一言コメント

ワイド·スクリーンバロック世界にようこそ

読了目安時間:4時間24分

総エピソード数:32話

 わたしは二度、時を遡った。一度は過去を変え、新しい世界を生み出すために。二度目は滅びの定めの自分の世界を救うために。これは、わたしが旅立ち、そして、帰るまでの物語。わたしが変えた歴史が生み出した、数々の驚異と奇蹟の記録である。 ※2022年9月11日完結。毎日21:00更新

総エピソード数:32話

作品情報

作品名 時間線手術
作者名 藍条森也
ジャンル SF
タグ アイディアがすべて 驚きこそSF リアリティ? そんなもの知らない 文学性? それも知らない 完成度? くそくらえ 衝撃さえあればいい
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年8月11日 21時00分
最終投稿日 2022年9月11日 21時00分
完結日 2022年9月11日 21時08分
文字数 132,211文字
読了目安時間 4時間24分
総エピソード数 32話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 白銀のシンセシス

    人型機動兵器に搭乗して戦う話です。

    82,850

    43


    2022年10月2日更新

    IC22年。 地球政府<アースガバメント>と宇宙人民の連盟<ブーケ・オブ・ダンデライオン>が対立する未来の世界。 発電能力を持つ白銀に輝くダイヤを利用した動力機関<G.D.ジェネレイター>を利用した人型機動兵器<チャリム>が戦場の主役となっていた―― 戦災孤児アラン・バークスと清掃会社TCCの社長令嬢の高木凛。 二人の主人公が戦乱の時代を戦い抜く! 前編:Grayish future 余話:ここにいるよ 後編:Transparent desire 小説家になろう様、カクヨム様でも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • 宇宙警察ドラスティック・ヘゲモニー

    サイバーパンク警察格闘SFです

    1,000

    0


    2022年9月28日更新

    西暦3887年、地球と人口植民惑星「黒門」を結ぶ中継植民衛星「連島」 物流や経済、交通の拠点として地球規模以上の大都市として発展を遂げていた。 発展する経済、巨大化する資本。日に日に植民衛星「連島」の影響力は増大していき、もはや本国である日本政府ですら連島議会の意向を伺い、経済面では依存している状況にすらあった。 一方で「連島」には地球における政府のような強い権限と統治能力を有する行政機関が未発展であった。 とりわけ、衛星最大都市である【連島ネオシティ】では治安の悪化が顕著であった。 連島衛星は治安の悪化から、地球の自治体警察部に警察力の支援を要請した。 軍隊上がりの巡査五百川平治はじめ、多数の地球自治体警察から警官が特別派遣部隊員として連島へ送り込まれる。 到着した五百川らを待っていたのは、治安の安定した地球とは全く異なる世界であった。 インフラ整備のため先遣隊として初期為政を担った軍部、弱肉強食社会に異を唱える革新武装政治結社「ポリティカルディフェンダーズ」、連島の資本に熱い視線を注ぐ日本政府、カルト教団、国粋主義者たち、テロリスト・・・【連島ネオシティ】は様々な勢力が覇権を争う無法都市であった。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ダークスレイヤーの帰還 ※改稿中!

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    1,470,035

    9,302


    2022年9月24日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 ※現在大規模な改稿中です! ※序章から1章までの文章・演出のブラッシュアップ、序章前の最後の戦いの章が追加される予定です。 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 ※各章話の予定はその項をご覧ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37時間38分

    この作品を読む

  • 究極に『かわいい』ショタに転生!・・・でも一歩間違えば死にますね、コレ。

    あひるポンチョの可愛いショタに転生!

    2,100

    0


    2022年10月2日更新

    どうやら、人は死ぬと【転生ルーレット】で来世を決めるらしい。 知ったのはもちろん自分が死んで最後の大勝負を挑むことになったからだ。 虫や動物で埋め尽くされた非常に危険なルーレット。 その一発勝負で、幸運にも『ショタ召喚士』を的中させることに成功する。 ―――しかし問題はその後だった。 あの野郎、5歳児を原っぱにポイ捨てしやがった! 召喚士うんぬんの前に、まずは一人で異世界を生き抜かねばならなくなったのです。 異世界言語翻訳?そんなもん無い!! 召喚魔法?誰も使い方を教えてくれないからさっぱりわからん! でも絶体絶命な状況の中、召喚魔法を使うことに成功する。 ・・・うん。この召喚魔法の使い方って、たぶん普通と違うよね? ※この物語は基本的にほのぼのしていますが、いきなり激しい戦闘が始まったりもします。 ※主人公は自分のことを『慎重な男』と思ってるみたいですが、かなり無茶するタイプです。 ※誤字・脱字、あとルビをミスっていたら、報告してもらえるとすごく助かります。 ※ストックが尽きるまで毎日投稿しますので、『ショタコレ』の応援宜しくお願いします! ・この作品は、カクヨム・アルファポリス・小説家になろうにも投稿しております。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む