SF 短編集 連載中

ハジマリノヒ

作者からの一言コメント

獣人だらけの世界が舞台オムニバスSF

読了目安時間:14時間25分

総エピソード数:197話

ハジマリノヒの表紙

第三次世界大戦は、究極の生物兵器ゲヘナにより終結した。 地球上から国家が消失し環境が激変した世界で生きるのはキメラと呼ばれる獣人達だった。 そんなキメラ達が生きる世界を書いたオムニバス小説。 かたつむりの観光客(完結) 世界大戦終結後、大陸の形すら変えられた地球に七つの大都市が出来た。 謎の美女プリデールと『なんでも屋』のスゥが世界を旅行する話。 現在改稿版を連載中なので、出来ればそちらをどうぞ。 人類の終わり、ヒトのハジマリ(完結) 人類が生み出してしまった最終生物兵器ゲヘナの暴走で滅んだ人類文明が新しい形へと再生するまでの話。 殺人鬼の作り方(完結) キメラを兵隊として運用していた第三次世界大戦の頃。 元々気が弱い犬の頭を持つキメラ兵『ジャック』が殺人鬼に墜ちる。 甘いマイアズマータ(完結) 違法な人造人間を造り、それを売って暮らす男の下に娘を名乗る少女が訪れる。 男は娘の正体を察し、殺そうとするが……? くろいながれぼし(完結) 荒野で見つけた焼死体を埋葬しようとしたら、それは鉱物生命体だった? 鉱物生命体クオリアの少女オニキスと、熟練の傭兵ガレスの奇妙な旅。 ほしをみるひと(完結) 第三次世界大戦が勃発する少し前、田舎育ちの冴えない少年マーカスが出会ったのは不思議な喋る石だった。 激動する世界の中、一人と一個は生きていく。 不実の湖(完結) くろいながれぼしでの戦い以降、行方不明になっていたクオリア・パールの反応が確認された。 依頼を受けて現場に向かったクオリア達を待ち受けるものとは? 森と追手とアルバイト(完結) ノアから送り込まれる追手から逃げつつも、世界中を旅している少女、ニレ。 追手はなんとか撃退するものの、路銀が尽きてしまう。 仕方なくニレは危険なアルバイトを請ける事になる。 新月の月時計(完結) トロメアの隠れ住む森での任務からノアへと帰還した二人……しかしストラの身体に異常が…… 評価応援ブクマ、宜しくお願いします。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ハジマリノヒ
作者名 うぐいす
ジャンル SF
タグ ポストアポカリプス アクション/バトル 群像劇 HJ大賞2021後期 女主人公 人外 未来 近未来 ハッピーエンド
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年6月26日 18時20分
最終投稿日 2021年11月27日 16時43分
完結日 -
文字数 432,566文字
読了目安時間 14時間25分
総エピソード数 197話
ブックマーク登録 252件
コメント 4件
スタンプ 115件
ビビッと 26件
応援ポイント 1,289,503pt
ノベラポイント 25,777pt
応援レビュー 3件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少年と彼女――準惑星ケレス戦記外伝――

    宜しくお願いします。

    1,100

    0


    2021年11月27日更新

    準惑星ケレス戦記の、少年兵と高級娼婦が出会い親しくなる人間模様の話です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 続・輝鑑

    いつの間にやら千PV。随時不定期更新です

    80,600

    30


    2021年11月27日更新

    おや…? てるかがみの ようすが…? ▼ おめでとう! てるかがみは ぞくへんの れんさいを かいしした! 時は24世紀! 続成だけでも都合三度に亘る殴州経略によって切支丹国家は目のハイライトが無くなるほど徹底的に殲滅され、最早海の外へとこぎ出そうとする気概は無かった。 一方、隣国のオスマン帝国や天竺に相当する位置のムガル帝国は眠れる神龍、大日本の逆鱗に触れることを恐れオスマン帝国は殴州に、ムガル帝国はナントカスタン地域に影響力を浸透させるにとどめていた。 一方、その「臥竜」大日本帝国は氷河期が去ったこともあって本朝列島を主軸に東は富良東大陸城闕崇華帝国、西は氾呉王朝、南は神奈崇太子大陸などの経営に一杯一杯であり、到底外に向かう余力は存在しなかった。 後の世に云うミラクル・ピース、大日本時代の始まりである。 ……そして、人々がこの平和な世に慣れ始めた頃、帝国府がある発布を行った。 「技術芸術振興令」である。 即ち、気が緩み暖衣飽食になり始めた大日本帝国圏が主に軍事技術の圧倒的優位によって成り立っていることを知っている上層部が、宮廷芸術振興の名目で新しい発明品を求め始めたのだ。まあつまりは、発明品への特許許可令である。 そして、2358年も暑気がますます盛んなある日のこと……。 ※当作品は基本的に皇紀で記述しております。24世紀初頭といっても西暦に直すとだいたい17世紀半ば、物語の開始は西暦17世紀末になります※

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 囚人から始まる異世界逃亡記

    概要欄、19話以降の後書き。報告あり

    149,870

    23,760


    2021年11月26日更新

    重要報告です。※Twitterにて続報あり。 最近月間ランキングが上がる度に、一定数の方から風評被害を受けております。そのため、ノベプラでの更新を20話でストップすることにしました。 特に多い批判は、特定の応援者様をサクラ扱いするものです。 自分個人としてはどう思われようが関係ないのですが、応援者様の風評被害にも繋がると判断し、この結論にいたりました。 『そのため、今後こちらの作品への応援ポイントは一切つけないようにお願いします』 心当たりがある方、自らの発言には何かしらの影響があることを重々承知してください。 続きが気になる方、他サイトでも応援するよ!っと言って頂ける方。準備が整い次第ツイッターにリンクを張りますので、そちらから遊びに来ていただけたらと思います。 勝手な決断ですが、ご理解お願いいたします。 ※この作品には残酷な表現、暴力描写、性的描写が含まれる場面があります。 久瀬 恭介(くぜ きょうすけ)26歳。 20歳の時に社会人としての重圧に敗北した彼は、それから6年間ニートとして自堕落な生活を過ごしていた。 現実の様々な秩序に立ち止まり、流れに取り残されるように引きこもる。 辛い日々から逃げ、夢を失い、何のために生きているのか分からない。 それでも世の中は様々な責務を突きつけてくる。 「異世界転生……本当にそんなものがあるなら、俺は変われるんだ」 あるはずがないものを妄想をして、強く現実逃避をする毎日。 そんなある日、謎の声で目を覚ます。 「……おい……嘘だろ? こいつ、生き返ったのか?」 良く分からない言葉に目覚めると、俺は死刑囚オルディ=シュナウザーになっていた。 理解できない現状に、困惑が頭を支配する。 強く異世界転生を願ったため、恭介は本当に異世界転生をしてしまったのだ。 貴族達による審議の末、恭介は大監獄ベルバーグに収監されることとなる。 そこは数多の種族が混濁し、毎日のように争いが勃発する最悪の牢獄。 そんな監獄で生き抜く唯一の希望は、突然身につけた転生恩恵【理解力】であった。 数々降り注ぐ災難に、恭介はこの異世界で生きぬくことができるのだろうか。 恭介の一風変わった異世界生活は、のちに異世界を大きく変えていくのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

  • 勇者アルテによって魔王は討ち果たされ、世界は平和になるはずだった。 しかし魔王を倒した〝勇者アルテ〟を恐れて人間達は裏切り、アルテを騙して殺してしまう。 だがアルテは瀕死の状態で逃げ延びており、自分が何故か魔王になっているのに気付く。 もう裏切られた人間の世界も今いる魔界も関係ない。 今度こそ自分が平和に暮らすため、魔王も勇者も自分でやればいいと動き出す。 ※カクヨム様、小説家になろう様でも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む