恋愛/ラブコメ 長編 連載中

冷徹な竜王様と島国娘なあたし。

作者からの一言コメント

東洋風ファンタジーデス♬

読了目安時間:5分

総エピソード数:1話

和風よりな東洋風ファンタジーデス。 冷徹と噂の竜王広様は今まで何人ものお妃様を娶っては早くに亡くしてしまっているらしい。 そんな竜王妃にと今度はうちの国に白羽の矢が立って断ることもできず。 渋るお父様、怖がる姉妹。そんな中、立候補したあたし咲耶だったのですが……。 いざ嫁いできてみると、 「悪いがこの婚姻は形式的なものと思ってもらいたい」 ですって! あたしみたいなちんくしゃ、気に入らなかったのかなぁとちょっと泣いちゃったけどそれでもね。 もう嫁いできちゃったんだもの。少しでもこの結婚生活を楽しまなきゃソンだしね? がんばります♬

前へ

1-1

次へ

前へ

1-1

次へ

作品情報

作品名 冷徹な竜王様と島国娘なあたし。
作者名 友坂 悠
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 中華風・和風 鈍感ヒロイン じれじれ 俺様ヒーロー
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月25日 18時48分
最終投稿日 2021年11月25日 18時49分
完結日 -
文字数 2,625文字
読了目安時間 5分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【BL】愛じゃねえの? -大嫌いなはずだった先輩に惹かれる理由―

    社会人 元総長の後輩×綺麗系の先輩

    15,600

    0


    2021年11月30日更新

    「BOYSFANコン」の「リーマンもの」に参加させていただきます。 三上蒼生(みかみ あおい)24才。 営業職・陽斗の後輩。元暴走族の総長。長身・イケメン・モテる。兄の志樹に頭が上がらない。周りには伝えてないが、社長の息子。 渡瀬陽斗(わたせ はると)27才。 営業職・蒼生のマンツーマンの教育係。志樹と同期で親友。顔の綺麗なイケメンで仕事も出来る為、社会人になってから引くぐらいモテるようになって、その事で少し悩んでいる。 三上 蒼生は、入社以来2年間、陽斗の事を、ずっと嫌いだと思いながら過ごしてきた。蒼生に対してだけ、「笑わない、仕事以外の話はしない、仕事以外では絡まない」という事を、陽斗が徹底しているから。 嫌われているのかと思えば、仕事はとても丁寧に教えてくれるし、嫌われているとも少し違っていて、その訳の分からない態度と、それに対して自分が持つモヤモヤした感情が嫌だった。 蒼生以外の事は褒めて、蒼生以外には気さくに笑いかけて、蒼生以外とは仲良くしている陽斗。それに少し、嫉妬心も持ってしまう。仕事は出来るし、嫌いだと思っていても、見惚れる位、綺麗。けれど、綺麗と思った瞬間に、そう思ってしまった事が不愉快な位、陽斗の対応は塩対応。なんでオレにだけ、とずっと思いながらも、陽斗に仕事だけでも認めてほしくて、教えられるままに、仕事をどんどん覚えてこなしていった。 もうすぐ、2年。マンツーマン指導のペアも解消になるかもしれないと、そんな話が出てくる頃。 ある時。陽斗が京都に出張が決まり、それに蒼生も同行することになった。 京都に向かう新幹線の中で陽斗は、2年間の態度の意味を蒼生に話す。蒼生の兄の志樹絡みの事情。色々話した結果、兄は許せないが、陽斗の事は、許せた。 先輩後輩の関係のやり直し、仲直りとばかりに、京都で楽しく過ごしているうちに、酒を飲みながら、秘密を暴露しあう事になる。その秘密をばらすところから、関係が、どんどん、動き出していきます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む

  • オチない椿とネガポジ・サイエンス

    落ち着きがなく落ちもない、騒がしい日常

    65,800

    1,370


    2021年11月30日更新

    花が枯れる表現は様々で、桜は「散る」、梅は「こぼれる」、菊は「舞う」。 そして椿は――「落ちる」。 人魚の肉を口にした女性を先祖に持ち、数十年に一度、飛び抜けて長寿の人間が生まれる家系に生を受けた坂井椿樹。 その特性を受け継ぐのは女性だけのはずだったが、男である椿樹はどういう訳か、歴代でも類を見ない強力な特性を身に宿していた。 それは――不死。 高校に入学して間もない椿樹はある日、科学部部長である越前ななみの実験に巻き込まれる。 傷が一瞬で治癒する体質に興味を持ったななみによって、脅迫めいた勧誘で科学部に入部させられる椿樹。 「後輩は心配性だなぁ。大丈夫、君は必ず――私が殺してあげるから」 「先輩。楽しそうなところ申し訳ないんですが、なるべく苦しまないようにって僕の希望は忘れてないですよね? ねえ、ちょっと」 実験に協力させようと、あの手この手で策謀を巡らせるななみ。 いっそのこと椿樹を落としてしまえばいいのでは、と乱暴な結論に行き着く始末。 それに比例して増えていく椿樹の溜め息。 危険人物との恋愛なんて、考えられないと胸中は冷ややか。 自身の体質のせいで、ネガティブ気味の椿樹と、根拠不明の自信に満ちたポジティブ全開のななみ。 ネガティブとポジティブの巻き起こす、実験まみれの高校生活。 落ち着きがなく落ちもない、騒がしい日常が繰り広げられるが――避けられない運命は、静かに忍び寄ってくるのだった。 死なない体を持つ主人公と、マッドでサイコなサイエンスガールによる物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    455,750

    1,900


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む

  • 無から始まる異世界生活〜女神に召喚されたけどなぜか怒られとんでもないところに飛ばされたので仕方なくここから旅立ちます!〜

    無というスキルを極めし女のストーリー

    27,730

    170


    2021年11月30日更新

    ★あらすじ★ 武野羽美鈴(むのう みすず)は会社の帰り、道を歩いていると、目の前に水たまりがあり立ち止まった。 そして美鈴は、昔のことを懐かしく思い出しジャンプすると、水たまりに着地する。 だが着地と同時に美鈴は、水たまりの中へと吸いこまれていった。 そうその水たまりは水をつかさどる女神スイクラムが、自分の世界スイラジュンムに、勇者を召喚するために仕掛けておいた魔法陣だった。 水とともに美鈴は、女神スイクラムの頭上へと落下した。 女神スイクラムは、自分が魔法に失敗したにもかかわらず、怒り狂い美鈴に八つ当たりをした。そして美鈴は、とんでもない場所へと飛ばされる。 そう美鈴が飛ばされたところとは、この世界の野獣のすみかだった。 その野獣たちと、美鈴は戦うことになるが……。 そしてここから、美鈴のハチャメチャな異世界の旅が始まるのだった。 ˚✩∗*゜⋆。˚✩☪︎⋆。˚✩˚✩∗*゜⋆。˚✩⋆。˚✩☪︎⋆ 不定期投稿になります。 ☆カクヨム、アルファポリス・小説家になろう、エブリスタ掲載☆

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む