現代/青春ドラマ 短編集 連載中

なっちゃんとほよみ ~JKふたりが話すだけ~

作者からの一言コメント

10びょうで にこにこできます

読了目安時間:42分

なっちゃんとほよみ ~JKふたりが話すだけ~の表紙

「なっちゃん」と「ほよみ」は仲良し女子高生。今日も謎の会話を繰り広げます。 各話5~30秒程度で読める会話文のみのSS集です。 表紙イラストはますこ(https://novelup.plus/user/989375984/profile)さんからいただきました。ありがとうございます。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 なっちゃんとほよみ ~JKふたりが話すだけ~
作者名 てんし
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ギャグ コメディ 現代日本 会話劇 会話文オンリー ほのぼの 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月20日 23時12分
最終投稿日 2021年6月22日 20時16分
完結日 -
文字数 21,071文字
読了目安時間 42分
ブックマーク登録 30件
コメント 34件
スタンプ 722件
ビビッと 152件
応援ポイント 486,400pt
ノベラポイント 1,000pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ききょうくんとなずなさん

    あの日、立ち入り禁止の屋上から始まった

    563,608

    6,900


    2021年6月23日更新

    【HJ2020後期、二次通過致しました!】 中学生の頃、僕はいじめを受けていた。そのトラウマから登校できなかった僕が高校生活を始めたのは、入学式から一週間程経ってからだった。 そんな僕が一番最初に話したのは、退屈そうな顔をした隣の席の女の子。無愛想に見える彼女が昼休みに向かったのは、立ち入り禁止の屋上。「そこ、立ち入り禁止じゃないの?」そう問いかけた僕を見下ろした瞳は、どこか影を帯びているように見えた。屋上に繋がる扉から見えたどこまでも自由な春空、そして、僕を見つめる空色の瞳。見えない何かに背中を押され、立ち入り禁止の先に踏み入れた時、僕と彼女の人生が交差する──。 表紙イラスト→八女茶様 本文内タイトルロゴ→紅蓮のたまり醤油様

    読了目安時間:8時間57分

    この作品を読む

  • おーばー!〜弱小女子野球部の監督に元最強選手の男子高校生が就任してハーレムになった件〜【明鈴高校女子野球部編】

    自分の限界を超えていけ!

    8,100

    50


    2021年6月23日更新

    【自分の限界を超えていけ】 「ようこそ、明鈴高校女子野球部へ」 全てはこの一言から始まった。 ────やっぱり野球が好き。 怪我で野球を辞めた高校生、藤崎巧は監督としてグラウンドに戻っていた。 巧が高校に入学して数日、中学時代の知人、明鈴高校女子野球部の『大星夜空』と再会した。 「アドバイスだけでもお願い!」 「夜空さんがやればいいじゃないですか」 「私感覚派だし、明日の練習試合を見てアドバイスをくれるだけでいいから!」 「それくらいなら……」 夜空のお願いを巧は渋々引き受ける。 そして翌日、練習試合の途中で夜空はとんでもないことを言い始めた。 「監督やってみない?」 一試合限りの監督をすることとなった巧は見事勝利を収めることに成功した。 そして試合後も勧誘を受け続ける。 監督を引き受ける気のなかった巧だったが、女子野球部のしつこい勧誘にうんざりしていた。 「私たちが勝ったら監督をする。負けたら勧誘はもうしない。だから勝負してよ」 「嫌だ」 「もしかして自信ない?」 同じクラスで女子野球部の神崎司の策略(挑発)よって、今後のしつこい勧誘をしないことを条件に女子野球部と対決する。 ──そして、 明鈴高校女子野球部の監督として藤崎巧はチームを導いていくこととなる。 派手なプレーとは裏腹にどこか闇を抱える全国総合力ナンバーワンワンのキャプテン、大星夜空。 怪我で野球を辞めたが、マネージャーとしてチームを支える、かつての全国ナンバーワンヒッターの本田珠姫。 県内トップクラスのピッチャーで巧にライバル心を抱く、クールで負けん気の強い瀬川伊澄。 煩くチームのムードメーカーながら繊細な守備でオールラウンダーな姉崎陽依。 地味で清楚な見た目からは予想とつかない嫌らしいリードを得意とするキャッチャーの神崎司。 高身長で豪速球を投げるがプレーはまるでど素人な豊川黒絵。 美少女だらけの明鈴高校女子野球部に巧は半ば強引に入部させられることとなる。 独特な個性を持つチームメイト、美少女の中に一人の男子。 美少女に囲まれながらハーレムとはほど遠い野球漬けの毎日。 明鈴高校女子野球部は、高校野球の全国大会、甲子園を目指す。 小説家になろう、カクヨム、アルファポリスでも投稿しています!

    読了目安時間:17時間28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    30,930

    70


    2021年6月17日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    128,900

    330


    2021年6月23日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間25分

    この作品を読む