恋愛/ラブコメ 長編 完結済

元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

作者からの一言コメント

おねしょたと変態ストーカーが書きたい

読了目安時間:7時間10分

総エピソード数:103話

【完結】帝国によって国も両親も奪われた公女クラスは、騎士達の治癒係として帝国城内で暮らしていた。第一皇太子妃からのいじめに耐えつつも、第二皇子兼騎士団長のヴォックスと婚約者であるユツィ、第三皇子シレが助けになってくれたおかげで幸せな日々を過ごしていた。 入城してから三年後、帝国城に新興王国の公爵がやってくる。公爵は神童と謳われた六歳の男の子サクだった。サクはクラスと出会い側を離れなくなる。ツンとしたサクが態度を軟化し始めた頃、第一皇太子がサクに国家反逆の罪を着せ処刑しようとする。それを知ったクラスはサクを逃がした。サクは迎えに行くと約束の言葉を残す。 十年後、サクの逃亡幇助の罪で追放刑になったクラスは自身の故郷である元公国の森深く、ドラゴンとフェンリルと暮らしていた。ここで静かに過ごすのかと思っていた矢先、成長したサクが押しかけて同じ屋根の下に住む事になる。 サクは以前のツンツン具合はどこにもなく、鼻血を出したり奇妙な言動もあった為、ドン引かれたり、ドラゴンとフェンリルから「気持ち悪い」と言われるがめげる事はない。変貌しすぎて戸惑いつつも、昔のサクが垣間見えたり、言葉と行動の中から彼の本音を見つけたクラスが絆された結果、サクに想いを寄せるようになる。 二章通して繰り広げる二人の関係が縮んでいく話。 2章構成 1章はツンデレショタっ子が十歳年上のヒロインを好きになる話 2章は変態に目覚めた絶対結婚するマンなヒーローが執拗にヒロインを溺愛しつつ過去の思い出やり直しをした末に結ばれる話 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

総エピソード数:103話

総エピソード数:103話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女
作者名 参(まいり)
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 ハッピーエンド 溺愛 ラブコメ 女主人公 魔物 魔法 変態 ストーカー? ツンデレ ショタ 西洋風 日常 おねショタ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年6月10日 19時17分
最終投稿日 2022年9月17日 14時45分
完結日 2022年9月17日 14時45分
文字数 215,138文字
読了目安時間 7時間10分
総エピソード数 103話
ブックマーク登録 14件
コメント 97件
スタンプ 500件
ビビッと 12件
応援ポイント 337,600pt
ノベラポイント 3,019pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鉄子の部屋~鉄道研伝説の立ち上がり~

    これに常識を求めたら、君は敗戦投手だ

    2,400

    0


    2022年11月30日更新

    極度の負傷体質を持つ、新橋鉄時。 人生が行先不明な彼に訪れたのは、頭の痛い出会いの数々だった。 生意気すぎる、過保護系幼馴染。 存在自体が災厄の、ロリ/ボク/アホの娘。 走力がヒトではない、脳筋系カープ女子。 常軌を逸する画力を持つ、超絶ド変態絵師。 殺人フォーシームを操る、ノーコン100マイルJC。 高慢ちきながら庶民的な、ツンデレ社長令嬢。 頭にみかんを乗せる、威圧感持ち天才肌引きこもりetc…… ……あれ? 出会いの数、ちょっと多すぎね? 150年の節目に捧げる、伊豆発行先不明の物語。 常識知らずな人間たちによる、やりたい放題の新時代が訪れた。 ※登場人物による問題発言が散見されますが、許してあげて下さい。 ※特に、巨人軍に対する扱いが無茶苦茶です。巨人ファンは立入り危険。 ※作中における時刻表・運用等は、作中の日付現在におけるものです。 作品の成分が鉄道と野球だけなんて思うなよ かかし

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間56分

    この作品を読む

  • 孤独な銀弾は、冷たい陽だまりに焦がれて

    交わってはいけないふたりの、不変の絆

    0

    0


    2022年11月30日更新

    ある目的を果たすためにだけ生きていた主人公〈空木櫂人/うつぎ・かいと〉は、毎日通うスーパーで顔を合わせる女性〈伊吹澪/いぶき・みお〉のことをなんとなく気にしていた。 ある日の夜、暗がりで男性と揉めていた澪を助けた櫂人は、その礼にと彼女の家に招かれ、彼女のとんでもない秘密を知ってしまう。しかし、櫂人もまた澪には話すことのできない秘密を持っていた。 人を喰らう吸血鬼と、それを討つ処刑人。決して交わってはならない二人が、お互いに正体を隠したまま絆を深め、しだいに惹かれあっていく。 しかし、とうとうその関係も限界を迎える時が来た。追い詰められてしまった中で、気持ちが通じ合った二人が迎える結末とは?

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Parfumésie

    香る、そして、音を紡ぐ。

    10,100

    100


    2022年11月30日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。 ※イラストは▼G3三里様です。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • Sonora

    音よ、花開け。

    13,600

    1,100


    2022年11月30日更新

    フランスのパリ8区。 凱旋門やシャンゼリゼ通りなどを有する大都市に、姉弟で経営をする花屋がある。 ベアトリス・ブーケとシャルル・ブーケのふたりが経営する店の名は<ソノラ>、悩みを抱えた人々を花で癒す、小さな花屋。 そこへピアニストを諦めた少女ベルが来店する。 心を癒す、胎動の始まり。

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む