元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

読了目安時間:3分

エピソード:12 / 67

12話 今日からここで寝る

「そうだ、寝る前にお茶飲みたかったら後でおいで?」 「は?」  綺麗に完食して食器を片付けている時に言ってみたらサクはなぜかぎょっとしていた。 「寝る前、だと?」 「うん。ほら、話してたお茶の話」 「……ああ」  食器を一緒に厨に持って行って戻るまで真剣な顔をして何かを考えているようだった。そのまま大した相槌も打たないまま自室へ入ってしまい、首を傾げながら部屋に戻る。  フェンリルとドラゴンに話してみるも、それは仕方ないと二人して首を横に振っていた。二人ともサクのこと分かっていそうだけど話してくれる気はないらしい。 「クラス」  今日はお茶飲みに来ないかなと思っていた頃に戸を叩く音がして名前を呼ばれる。 「俺だ、開けてくれ」 「うん」  開けると心底不機嫌で鋭い顔をしたサクが私を睨み上げていた。どうしてその顔になるわけ。 「なんで開けた」 「え、だってサクだって言うから」 「こんな夜更けに俺だって名乗っただけで開けるなよ!」 「ええ……」 「俺じゃなかったらどうするんだ!」  ああくそやっぱりかと両手で顔を覆って嘆く。私がサクを呼ぶとぎっと再び睨み上げて、危ねえだろと怒ってきた。あれでもこれってもしかしてと思えてくる。 「心配してくれてるの?」 「っ! んなわけないだろっ」 「じゃあなんでそんなに怒るの?」  ぐぐぐぐと声にならない呻きをあげて、ちょっと待ってろと言って自分の部屋に一旦戻ったサクはすぐに出てきた。片手に枕を持って戻り、むすっとした顔のまま無言で私の脇をすり抜け部屋に入ってくる。  首を傾げながら戸を閉め鍵をかけて部屋の奥に戻った。テーブル席に座るから約束通り夜にいいお茶を淹れてあげると黙って飲む。ふむ、行動は素直だな。 「サク、どうかしたの?」 「……」 「サクってば」 「今日からここで寝る」 「ん?」  お茶を飲みほしたサクはベッドへ直行し、そのままばふんと自分の枕を私の枕の隣に置いた。もぞもぞしてベッドにもぐりこむ。 「……」 「……」 「……おい、寝るぞ」 「え、あ、うん」  言われ明かりを消してベッドに潜った。あ、そっか、そういうことか。 「なんだあ」 「なんだよ」 「サクったら一人で寝るの淋しかった? そう言ってくれればよかったのに」 「ちげえよ」 「またまたあ」  お前がそんなだからと悪態を吐かれる。虚勢張ってるだけね、可愛いなあもう。 「無防備すぎだろ」 「サクってば可愛いねえ」 「おいっ、触るな!」  近づいて腕を回してぎゅっとするとサクから非難の声が上がった。 「いいじゃん、一緒に寝るならこのぐらい」 「お前、俺は男だぞ?! 少しは警戒したって」 「はいはい、サクってば可愛いんだから」 「なん、」 「じゃあ私からお願い。一人だと私が淋しいから、今日は私をぎゅっとして一緒に寝て?」  ぐぐぐぐと再びサクの唸り声が聞こえた。   「くそっ」 「……もう。サクって言葉遣い悪いよね」 「なんだよ悪いか」 「まあもう少し柔らかい方がいいかなと思うけど」 「……嫌か」 「ううん。ただ公の場に出ることもあるでしょ、だから」 「それなら心配ない。きちんと相手選んでるさ」  ならいいんじゃないと応える。すんとサクが鼻を鳴らした。 「……クラスが怖いとか、そういうんならやめる、けど」 「うん? いいよ、話しやすい方で」 「そうか」 「うん」  なんだか眠くなってきた。人肌の温かさが久しぶりだからだろうか。  フェンリルやドラゴンがたまに一緒に寝てくれる日もあるけど、基本ベッドは一人で使っていたから新鮮だ。 「眠いか?」 「うん、もう寝る。サクもちゃんと寝るんだよ」 「大丈夫だ。寝るさ」 「ん、じゃあ、また明日、ね」 「ああおやすみ」 「おやすみ」  完全に意識が沈む前に、サクがぎゅっとしてくれた気がした。ふふふ、そんな可愛いことしたら寝ようとするのに口元緩んじゃうじゃない。

六歳だから許される行為(笑)。ドラゴンとフェンリルが守ってくれてたでしょうが、目の当たりになると心配になりますよねー。心配性なツンデレおいしい(´ρ`)ぎゅっとされれば胸も当たるしなおおいしい(おちつけ)。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 恋愛禁止は溶けましたっ! ~元・推しアイドルと同僚になって同棲することになったマネージャーの話~

    推しアイドルと、デスクが隣でした

    0

    0


    2022年8月14日更新

    『恋愛禁止が〝解けた〟カリスマクーデレ少女と、漫画みたいに〝溶けそうな〟恋愛を♡ ……って! あなた、元伝説のアイドルですよね⁉』 新卒の主人公・中本才雅(なかもとさいが)は、ひとりの少女に人生を狂わされていた。 その彼女とは名実ともに世界一のアイドル・月城なゆた(つきしろなゆた)。 アイドルとしては主流の『握手会』や『チェキ会』などのファンサービスの類は一切行わず、 『会いに行けない憧れのアイドル』としての地位を確立していた。 ――そんな彼女が人気絶頂の矢先、突如芸能界を引退した。 生きる希望を失い絶望していた才雅が転職先の職場に向かうと、隣の席に事務として働く月城なゆた本人が座っていた‼ こうして才雅は自分が彼女の大ファンだったことは〝隠して〟、 手を伸ばしても届くことのない存在だった元・トップアイドルと会社の〝同僚〟になって、 さらにはひょんなことから〝同棲〟まで始めることになる。 『私、恋愛禁止はもう気にしなくていいんです――』 才雅が働く職場は、自身がアイドル好きということを隠して入社した芸能事務所。 そんな中『マネージャー』としての仕事で関わり合うことになった他の現役アイドルとの一波乱もあって……? 元・同棲相手の大ファンという〝秘密〟を抱えたまま、 めくるめくジェットコースターのように展開する恋愛模様の中で――はたして才雅の精神は無事に保たれるのか⁉ そして〝恋愛禁止〟から解放された【月城なゆた】との同棲生活の行方は――⁉ 笑いアリ! イチャラブアリ! 修羅場アリ! お酒アリアリ‼ 社会人として働く主人公のまわりで巻き起こる、 通常のアイドルものとはちょっぴり違ったドタバタ×同棲×ラブコメディです!

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 時野 玲二はとある事情から真の実力を隠しており、常に退学ギリギリの成績をとっていたことから最底辺の落ちこぼれとバカにされていた。 しかし玲二が2年生になった頃、時を同じくして義理の妹になった人気モデルの神堂 朱音が入学してきたことにより、彼の実力隠しは終わりを迎えようとしていた。 「わたしは大好きなお義兄様の真の実力を、全校生徒に知らしめたいんです♡ そして、全校生徒から羨望の眼差しを向けられているお兄様をわたしだけのものにすることに興奮するんです……あぁんっ♡ お義兄様ぁ♡」 朱音は玲二が実力隠しを始めるよりも前、幼少期からの幼馴染だった。 そして義理の兄妹として再開した現在、玲二に対して変質的な愛情を抱くヤンデレなブラコン義妹に変貌していた朱音は、あの手この手を使って彼の真の実力を発覚させようとしてくる! ――俺はもう、人に期待されるのはごめんなんだ。 そんな玲二の願いは叶うことなく、ヤンデレ義妹の暴走によって彼がハイスペックであるという噂は徐々に学校中へと広まっていく。 やがて玲二の真の実力に危機感を覚えた生徒会までもが動き始めてしまい……。 義兄の実力を全校生徒に知らしめたい、ブラコンにしてヤンデレの人気モデル VS 真の実力を絶対に隠し通したい、実は最強な最底辺の陰キャぼっち。 二人の心理戦は、やがて学校全体を巻き込むほどの大きな戦いへと発展していく。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • その日、僕は魔女と出会った

    少年と魔女が空を目指すお話

    99,277

    2,706


    2022年8月14日更新

    日本のとある町、突然魔法が使えるようになる人間が現れたという噂で持ち切りの学校で、ハヤトはうんざりしていた。 理屈っぽい現実主義者の颯音は、噂を信じていなかったのだ。なぜなら、実際に魔法を使っている人物を見た者はいないからだ。 そんな彼がある日の夜、おとぎ話に登場する魔女のような恰好をした少女と出会う。ミドリと名乗るその少女は、言葉を話す黒猫のミウと共に空への道を探していると語った。 夜の間だけ姿を現すミドリと成り行きから行動を共にすることになった颯音は、町を襲う不思議な現象の謎を解いていくうちに自らも魔法の世界に入り込んでいく。 我が道を行く魔女に心惹かれていく颯音と、魔法の研究一筋で異性に興味のないミドリに、そんな二人をあきれ顔で眺めるミウ。 二人と一匹が繰り広げる不思議な謎解き物語。 ※少々過激な内容を含みます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

  • 魔都ロンドンをサムライ少女が駆け抜ける!

    3,609,414

    49,988


    2022年6月10日更新

    仏に逢えば仏を殺せという。 祖に逢えば祖を殺せという。 私はなにに逢い、なにを殺すのだろう。この煌びやかなガス灯の街で。 一九世紀末。戊辰戦争を戦い抜いた少女、奴奈川静が魔都ロンドンでヴァンパイアを斬る。 スチームパンク+剣戟アクションです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間49分

    この作品を読む