元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

読了目安時間:4分

エピソード:16 / 103

16話 俺だけがいい

「しかも俺以外に手料理振る舞うなよ的な? 独占欲だね~! 可愛い!」 「ば、ちがっ!」  このスープを二人で食べきるのは相当大変だよ。そう伝えてもサクはぶすっとして視線を逸らす。 「もークラスったら」 「え? なにかまずかった?」  スープは美味しくできてるよ? 「もうっ鈍感! こういう時は"これからはサクの為だけにご飯作るね"って言ってあげるの!」  作ってるよと言いたかったけど、それを遮るようにメルが今日みたいな時は特にと念を押してくる。誕生日といった記念日でもないから、なにを元に判断すればいいの? 「う、ん、分かった」  ひとまず頷いた。メルは仕事があるからそこでお別れして、サクと二人で食事を持って部屋に戻る。  なんだか二人私の部屋でご飯食べるのが当たり前になってしまった。本当は皇帝との晩餐があるのに、ほとんど私と食べているから断っているはずだ。あまりよくない気がする。 「はい、いただきます」 「……いただきます」  スープをじっと眺めて静かに掬う。切れ端ばかりで見た目は悪いけど味は確かだ。 「……うまい」 「うん、ありがと」  意外だったのか、少し目を開いてその後もくもくと食べる。回りの空気がほわほわしてるから、美味しいの合図だ。こうして美味しそうに食べてくれると嬉しい。作ったかいがある。 「パンが焼きたてなら言うことないね」  上等なパンになったとはいえ、あったかいパンが食べれたら言うことない。 「焼き釜ならあるだろ」 「あれはドゥルケが使ってるし、沢山作る用だからね」 「欲しいのか」  あ、これはシレやヴォックスに報告あがっちゃうやつだ。やんわり断っておこう  「今はいいかな? それよりも、ほら、メルたちが前洗濯で話してた水回りの方が大事じゃない?」 「それもそうだな……」  再び考えるサク。  よし誤魔化せた。水回りの問題は必要だしね。あ、でもこれでまた第一皇太子と口論になったらきついなあ。 「サクの為かあ」 「なんだ?」 「んーん」  まあ嫌われてないからこその食事風景なんだろうけど、サクが私のご飯をそこまで楽しみにしてるような反応は今までなかった。今日の態度はとても貴重で大事なシーンの気がする。 「サクの為だけに作るって言ったら嬉しい?」 「あいつが言ってた事かよ」 「あいつって……名前はメルだよ。サクにも優しいでしょ?」  どうだかと肩をすくめる。俺を見て楽しんでるだけだろとも。あんなにメルが気にかけてくれているのの、サクってば冷たい。 「それで、どうなの?」 「きくのかよ」 「きかないと分からないし」 「……」  やっぱり黙った。いつもツンとしてて素直に言わないからなあ。言えないタイプなら仕方ない。こちらが慣れてなんとなく察していくぐらいしかないかなと思う。 「んー、やっぱりいいよ」  冷たい視線で否定されても嫌だしね。 「……これ、」 「?」 「これだけでも、俺だけがいい」 「え、これ?」  今までの料理の中でも一番素朴なのに、これがいいの? お肉とか卵とかそういう方が子供の頃は好きだった気がするんだけど、それって私だけだったのかな。 「あと菓子も食べたい」 「……そう」  私が驚いているのをちらりと覗いて、なんだよといつも通りツンツンしてきた。頬が赤くなってるから照れてる。 「ふふふ」 「だからなんだよ」 「んーん? ちゃんとサクの為に作るね? お菓子も今度ね」 「…………ん」  耳まで赤くなった。可愛いなあ。 「あ、でもドラゴンとフェンリルにあげるのは許して?」 「あー、まあそうだな」  骨とか代わりに食べてくれるしね。  するとサクがはっとして顔を上げた。赤くしていた頬はどこにもない。 「あいつらどこだ」 「今日は行かなきゃいけないとこあるって言ってたけど」 「チッ、今日に限って」  急に素行が悪くなった。  後であいつらしめると囁いているの聞こえてるからやめて。 「ドラゴンとフェンリルがなにかしたの?」 「いつもクラスの側にいるのにいなかった」 「用事がある日はしょうがないよ」 「俺やシレ達がいられない時にあいつらがクラスを守るんだろうが」 「えー?」  護衛としているわけじゃないし、ヴォックスやシレと会わないようにしているから、普段ついてくることはない。本当に危機があれば駆けつけてくれるだろうけど、強固に守ってもらう約束をしているわけでもないし。  確かにぱっと見た感じだと守ってくれている風ではあるけど、彼らが介入する前にシレやヴォックスたちが改善してくれた。 「そういう時もあるよ。許してあげて?」 「……けど」 「サクが来てくれたから大丈夫」 「遅かっただろ」  ぶすっとしてる。  タイミングよく来たかったんだろうな。そしたら恐ろしい戦いになりそうだし、ちょっと仲が悪いだけでは済まない事態になりかねない。本格的に内戦が起きてしまう。 「サクが私の代わりにいっぱい怒ってくれたし、部屋まで支えてくれたから充分だよ。すごく嬉しかった」 「……そうか?」 「うん、ありがと」 「…………おう」  照れてる。再び顔を赤くして、視線を逸らす。もうこれは決まった動作だ。サクが恥ずかしがる時は大体同じだから、こういう感じで日々思うことが分かるように表に出して欲しい。 「いいなあ」 「なにがだよ?」 「サクとご飯食べると楽しい」 「楽しい?」 「うん」  変なこと言うんだな、と言うサクが伏し目がちに笑った気がした。

いらっしゃいませデレ\(^o^)/ おこたまは本当ちょろいですねえ(言い方)。 そしてスープは順当にサク専用お料理になってしまうのでした(笑)。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 明顕のロストエンド

    あなたは、永遠に続く愛の存在を信じますか

    1,000

    0


    2022年9月28日更新

    アレグレント王国の王女ロゼリアは、その国の騎士トルエージュと相思相愛の仲だった。 だがある日、父親の国王グラストに恨みを持つ魔女アリシアに襲われ、恋人の騎士トルエージュは死亡、王女ロゼリア自身は魔女の呪いで不老不死となってしまう。 永遠の愛を信じるロゼリアは、トルエージュの魂との再会を願い、長き眠りにつくのだが──。 そして時は流れ、アレグレントの国も遥か昔に滅んだ、現代の日本で。 数百年の時を経て生まれ変わったトルエージュは、高校生・神邑暁(かみむらさとる)となって生活していた。 恋愛にまるで興味のない暁であったが、不思議な雰囲気を持つ転校生の樺凪璃亜(かばなぎりあ)と出会い、暁は恋を知ることとなる。 神邑暁と樺凪璃亜の恋愛模様、そして、魔女との因縁の闘い。 ちょっと不思議で複雑な現代ファンタジー、ここに開幕。 輪廻転生──あなたは、永遠に続く愛の存在を信じますか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 断罪された悪役令嬢を助けたら、宰相閣下に求婚されました

    人助けから始まる求婚物語。

    45,400

    190


    2022年9月29日更新

    「ケイト嬢! 貴様との婚約は本日を以って破棄する!」 今日は、王宮での社交パーティーの日。 子爵令嬢のエマは、久しぶりに領地から王都に出てきて王家主催のパーティーに出席したのだが、その先で何と婚約破棄現場に遭遇してしまった。 エマが見守る中、婚約破棄を告げた王太子に対し、気丈に振る舞う公爵令嬢ケイトだったが、「婚約破棄を承諾」した途端、気を失ってその場で倒れてしまう。 王太子も周囲の誰もがケイトを見捨てる中、エマは彼女を助けるために渦中に飛び込みむのであった。 ──これは、人助けから始まる求婚(プロポーズ)物語。 ※小説家になろう様にも掲載しています。

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • はみだし勇者は極楽プリンセス!

    本日も、はみだし色香がプリンプリン♪

    1,400

    0


    2022年9月28日更新

    小学生の結城花恋は、修学旅行で、神社にお参りして、異世界転移します。 そして、異世界では、創世の真最中です。 花恋は、創世の神龍と共に、世界を創造しました。 ところが、花恋は、地球に帰還して、間もなく‥‥災害死します。 しかも、国際プロジェクトに巻き込まれて‥‥ ――魂を、仮想世界に、封印されてしまいました。 その仮想世界『エターナル』は、ファンタジー型ディストピアです。 リアルタイムで、数千年後に、花恋の魂はエターナルで転生します。 花恋は、田舎の村長の娘『セシル』に転生しました。 やがて、セシルは、女神イシュタルに覚醒します。 しかし‥‥女神化直後に、お風呂ではしゃいで、足を滑らせて‥‥ 後頭部を『ゴン☆』して、死んでしまいました。 次のエターナルでの人生では、メイドのマリアに、魂が宿りますが‥‥ ――彼女の魂が、定着する前に、他人と魂を交換されてしまいます。 彼女の魂は、王女レギンに、定着しました。 ちなみに、王女レギンには、魔王ルシファーにTS変身する能力があります。 その後は、レギンとして、生き続けると‥‥思いきや! なんと、異世界の神龍によって、エターナルから救出されました。 再び、魂だけの存在になった彼女は、異世界で転生します。 スペースコロニーの女王『女神トリビア』の娘『カレン』になりました。 そして、21才の誕生日に、結城花恋としての記憶を、取り戻します。 尚、カレンの身体年齢は、永遠の17才です。 兎も角、前世・前前世・前前前世と、記憶を取り戻した彼女は‥‥ ウキウキ、ワクワクしていました。 そんな折、地上『ビゲン村』の異変に気付きます。 カレンは、ビゲン村に、急行しました。 しかも、ドサクサ紛れに、女神の能力で、一時的に『勇者』に成ったのです! ※小説家になろうにも、掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還 ※改稿中!

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    1,469,835

    9,292


    2022年9月24日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 ※現在大規模な改稿中です! ※序章から1章までの文章・演出のブラッシュアップ、序章前の最後の戦いの章が追加される予定です。 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 ※各章話の予定はその項をご覧ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37時間38分

    この作品を読む