元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

読了目安時間:4分

エピソード:14 / 67

14話 なんだ、今のは?

「お前のような卑しい人間が歩いていい場所ではないわよ?」 「……」 「お前は喋れもしないの。学がないのも問題ね」 「……失礼します」  言って場を離れようとすると、妃は目配せして護衛が素早く動く。私を止めるどころか、胸ぐらを掴んで投げ捨てた。急なことで受け身がとれない。 「いっ……」 「いずれ帝国の皇妃となるわたくしに失礼ではなくて?」  場を離れることが? 前は道を譲ったら急かせるとは何事だと叩いてきたのに? 「……申し訳ありません」 「お前のような厄災を連れてくる魔女をここに住まわせてあげているだけ有難いことなのよ?」 「……」 「少しばかり治癒が出来るだけで図に乗って」  いつも通りだ。連れてきたのはそっちのくせに、私がいたらいけないのか。ならさっさと城から追い出せばいいのに。 「最近はイルミナルクスの子供を懐柔しようとしてるそうじゃない? 色気でも出したの?」  子供には有効みたいだけど、とせせら笑う。  だめだ、サクの立場がある。感情的になっちゃいけない。 「ああ魔女の呪いかしら? この城にいるものは心得ているけど外から来た子は知らないものね」 「呪い?」 「おぞましい公国の魔女がイルミナルクスの子供には呪いをかけ操り人形にした……そうねえ、帝国を内から滅ぼすのが目的、とか?」  まさか、ないことでっち上げる気?  そんな嘘が出回ったら第一皇太子と対立しているサクの立場が危うくなる。 「そんな、嘘を……」 「あら、この城で誰の言う事を信じるかが重要なのよ? 気味の悪い魔女の言う事なんて誰が信じるというの」  十中八九第一皇太子妃の言い分が正義として通るだろう。けど今の嘘を考えればサクは被害者だ。罪には問われない。問われるのは私だけになる。そしたらこのままの方がいい。 「なにその顔」  皇太子妃の顔が心底不快だと言わんばかりに醜く歪んだ。 「いつものように青くしてればいいものを……痛めつけないと分からないのね」  可哀想に、学の足りないものに教えを施して差し上げてよと仰々しく言ってくる。  途端痛みに倒れた。 「!」 「私の縛りはきちんときいているわね?」  全身を裂かれるような痛みに声が出ない。息がきれ、涙が滲む。 「死なない程度なのだから感謝なさい? お前の治癒はまだ使ってやるわ。少しは帝国に尽くしなさい」  呪いが解ける。  まともに息が吸えて、大きくむせた。  魔女はどっちだ。いつでも私を殺せる呪いをかけて、少しずついたぶって楽しんでいる。  足取り軽く靴の音を立てながら去っていくのを見届けた。 「……行った?」 「おい」 「ひっ」  後ろから急に話しかけられて大袈裟に飛び上がってしまった。  振り向くと最近の癒しが恐ろしいオーラを纏って側にいた。 「さ、サク……いつから」 「なんだ、今のは?」  瞳孔すごい開いて無表情、淡々と喋る割に声は一つ低く、皇太子妃が去った先を凝視している。不穏な色のオーラが見える気がした。 「な、なんでもな」 「ないわけないだろうが!」  さっきの呪いに地面に座り込んだ今の私はサクに見下ろされている。迫力が割り増しになってる気がした。 「呪いだかなんだか知んねえけど、ふざけんなよ!」 「さ、サク、落ち着いて」 「くそっ、今すぐ止めて」 「だめ!」 「ああ?」  サクの手をとった。  やっとこちらを見たサクは怒っていたけど悲しそうだ。 「いいから!」 「お前、まさか誰にも言ってないのか」 「……」  そうでなければシレもヴォックスも動いている。サクの考えは当たりだ。呪いを知っているのはドラゴンとフェンリルだけ。皇太子妃フィクタからの暴力については知られて改善したけど、かけられた呪いは現存している。 「お前命握られてんだぞ?」 「……その」  サクの瞳が鋭さを増した。 「あいつの嫌みも暴力もほぼ日常的にあるな?」 「そ、そんなことは……」  事実シレとヴォックスのおかげで減ったから毎日ってほどじゃないし、会わなければなにも起きない。日常的とは言えないと思うけど、サクにそれを言っても屁理屈と言われるだけだろう。  言い淀む私に、サクは盛大に溜息を吐いた。 「……話は後で聞く。ひとまず戻るぞ」 「う、うん」 「立てるか?」 「大丈夫」  立ち上がるとするりとサクが手を握った。見下ろすと目が合い、気まずそうにそらされる。少し顔が赤いぞ。 「ふ、ふらついてるだろ」 「……」  か、可愛い。心配してくれている。これはシレの言う通り懐いてきてくれてる? 「仕方ないだろ、転んだら危ないし」 「うん、部屋まで手繋いでて?」 「お、おう」  結果オーライというやつね。このサクが見れただけで今日は幸せな日だ。

痛めつけられるのはなるたけ短く、最後にツンデレ持ってきたから許されるはず…! 本気で怒って瞳孔開いたショタっ子ってなかなか見られないと思うんだ(そこなの)。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 美少女の秘密を知って付き合うことになった僕に彼女達はなぜかパンツを見せてくれるようになった

    パンツはいつでも見たい

    400

    0


    2022年8月14日更新

    僕の彼女の愛ちゃんはクラスの中心人物で学校内でも人気のある女の子だ。 愛ちゃんの彼氏である僕はクラスでも目立たない存在であり、オカルト研究会に所属する性格も暗く見た目も冴えない男子である。 そんな僕が愛ちゃんに告白されて付き合えるようになったのは、誰も知らない彼女の秘密を知ってしまったからなのだ。 そして、なぜか彼女である愛ちゃんは誰もいないところで僕にだけパンツを見せてくれるという謎の行動をとるのであった。 誰にも言えない秘密をもった美少女愛ちゃんとその秘密を知った冴えない僕が送る、爽やかでちょっとだけエッチな青春物語 この作品は「小説家になろう」「アルファポリス」「カクヨム」にも投稿しています

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

  • 恋愛禁止は溶けましたっ! ~元・推しアイドルと同僚になって同棲することになったマネージャーの話~

    推しアイドルと、デスクが隣でした

    0

    0


    2022年8月14日更新

    『恋愛禁止が〝解けた〟カリスマクーデレ少女と、漫画みたいに〝溶けそうな〟恋愛を♡ ……って! あなた、元伝説のアイドルですよね⁉』 新卒の主人公・中本才雅(なかもとさいが)は、ひとりの少女に人生を狂わされていた。 その彼女とは名実ともに世界一のアイドル・月城なゆた(つきしろなゆた)。 アイドルとしては主流の『握手会』や『チェキ会』などのファンサービスの類は一切行わず、 『会いに行けない憧れのアイドル』としての地位を確立していた。 ――そんな彼女が人気絶頂の矢先、突如芸能界を引退した。 生きる希望を失い絶望していた才雅が転職先の職場に向かうと、隣の席に事務として働く月城なゆた本人が座っていた‼ こうして才雅は自分が彼女の大ファンだったことは〝隠して〟、 手を伸ばしても届くことのない存在だった元・トップアイドルと会社の〝同僚〟になって、 さらにはひょんなことから〝同棲〟まで始めることになる。 『私、恋愛禁止はもう気にしなくていいんです――』 才雅が働く職場は、自身がアイドル好きということを隠して入社した芸能事務所。 そんな中『マネージャー』としての仕事で関わり合うことになった他の現役アイドルとの一波乱もあって……? 元・同棲相手の大ファンという〝秘密〟を抱えたまま、 めくるめくジェットコースターのように展開する恋愛模様の中で――はたして才雅の精神は無事に保たれるのか⁉ そして〝恋愛禁止〟から解放された【月城なゆた】との同棲生活の行方は――⁉ 笑いアリ! イチャラブアリ! 修羅場アリ! お酒アリアリ‼ 社会人として働く主人公のまわりで巻き起こる、 通常のアイドルものとはちょっぴり違ったドタバタ×同棲×ラブコメディです!

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔都ロンドンをサムライ少女が駆け抜ける!

    3,609,414

    49,988


    2022年6月10日更新

    仏に逢えば仏を殺せという。 祖に逢えば祖を殺せという。 私はなにに逢い、なにを殺すのだろう。この煌びやかなガス灯の街で。 一九世紀末。戊辰戦争を戦い抜いた少女、奴奈川静が魔都ロンドンでヴァンパイアを斬る。 スチームパンク+剣戟アクションです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間49分

    この作品を読む

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    「クロの戦記9」大好評発売中!!

    7,429,776

    92,348


    2022年4月22日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2022年04月30日 HJ文庫様より「クロの戦記9 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2022年02月26日 角川コミックス・エース様よりコミック第3巻発売 2021年12月28日 HJ文庫様より「クロの戦記8 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2021年12月24日 本編完結しました。 2021年09月01日 HJ文庫様より「クロの戦記7 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2021年06月25日 角川コミックス・エース様よりコミック第2巻発売 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年12月04日 角川コミックス・エース様よりコミック第1巻発売 2020年12月01日 HJ文庫様より「クロの戦記5 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:68時間23分

    この作品を読む