元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

読了目安時間:5分

エピソード:5 / 67

5話 俺の部屋、ここにする

「シレはともかく、どうして二人とも来るの?」 「丁度訓練も終わりました。クラスと共にいると安心します」 「定期的に城の中は巡回しておきたいしな」  城の東側は大きく場所をとって皇族エリア、北東が騎士エリア、北東と中央の間に侍従エリア、中央から西よりに厨、洗濯場と続き、西南に侍女エリアがある。元は資材置き場だったのを、シレたちが厨で寝ている私の事情を知って作り変えてくれた西の端っこが私の部屋だ。 「今代の皇帝は下働きにも気を配ってくれる方だから、だいぶ改善したって聞いたけど」 「そうだね」 「……」  サクは黙っている割に色んな所を見ている。ここに来るまでの騎士たちや内政に関わる要職から、こちらの様子を見る侍女侍従、見える限りで部屋の様子までしっかり目に入れていた。警戒心が強いのか、なにか知りたいことがあるのか分からないけど、六歳には見えない程冷静な視線を向けている。時折何かを考えるような素振りも見せて、虚勢張ってたのは見間違いじゃないかとさえ思えてきた。 「……お前」 「ん?」  周囲のひそひその内容が彼の耳にも届いたらしい。私の立ち位置は魔女として恐れられている。改善したとはいえ、侍女侍従の中でも近づくと呪われると思っている層はまだいるだろう。  悪い魔女が第二皇子とその婚約者、第三皇子に今日御呼ばれした賓客を連れていたら目立つ。魔女がなぜ一緒にいるのかと言われても仕方のないことだ。 「嫌われてるのか?」  んー、随分はっきり言ってくれるなあ。ぐさっときたよ? 「仲良い子もいるよ」  丁度いいところに侍女のメルが洗濯物を抱えて通り過ぎるところだった。後でご飯が~と笑顔で他愛無い話をして手を振って別れる。ああして私の周囲の皇子たちを鑑みず話しかけてくれる子もいれば、離れた壁際でひそひそ言う侍女もいる。それだけだ。 「ほらね?」 「……食事は侍女と同じかよ」 「一人の時が多いけどね」 「は?」  なんか怒ってるっぽいぞ。なにに怒っているのだろう。 「お腹減ってるの?」 「違う……あー、お前の部屋は?」  紹介するのもどうかって話だけど、ご要望のようだったので連れて行った。ユツィたちも気になったのか周囲の様子と私の部屋を覗く。  数人で部屋に入らず扉の位置から中を覗くだけって異様な光景ね。 「……ここが、お前の部屋?」 「うん? 面白味ないでしょ?」 「……そういう事じゃないだろ」  サクがシレに視線を送る。再び、これでも頑張ったんだよ、と苦く笑うシレがいた。 「ねえ名前で呼んでくれないの?」 「……それどころじゃない」 「ええ?」 「公主がどうして下働きと同じ扱いになるんだよ」 「え?」  屈めと言われたので、膝を折って視線を合わせる。  サクは躊躇いもなく私のフードをとった。急なことで抵抗できず、私はフードを外され長い髪がぱさりと溢れた。 「金色がかった白髪に孔雀青の瞳はステラモリス公爵家に出る色だろうが」 「サク、知って」 「いくら併合したからって、本来は賓客として扱われるはずだ。こんな粗末な部屋しか与えられないってなんだ?」  ヴォックスとユツィ、シレを睨み上げる。  彼らのせいでないのに、そこまで責めるようないい方しなくてもいいじゃない。 「不甲斐無いと認める」 「僕も兄上も頑張ったんだけど、どうにもレックス兄上がねえ」 「私がクラスの側付きになってお守りしたかったのですが私の力及ばず……不徳の致すところだと認識しています」 「ユツィ、それ主旨が違う」  ふんとサクが鼻を鳴らす。  くそみたいな国だなと囁いた。んー、言葉遣いがよくないぞ? ついでに言うならさっきから私の待遇を見て言ってくれてる? 「サクは私の為に怒ってくれたの?」 「は?!」 「だって言葉遣い悪くなるぐらい怒ってるのって、私の部屋の話でしょ?」 「そ、そんなわけないだろうが!」  あ、少し照れた。やっぱり可愛い。まだまだお子様だ。 「優しいのね」 「そんなわけないって言ってるだろうが! ベッドとテーブルしかないんだぞ?! おかしいだろ!」  クローゼットも小振りだけどあるし、物書き用の机と椅子のセットもあるぞ。窓際にお花も飾ってるし、ベッドの布団も割と値が張るものだ。 「ベッドはユツィが上等なのいれてくれたよ? 食器とかもあるし」  この部屋をもらった時に、冬はこれさえあれば大丈夫とばかりに良いベッドを用意してくれた。暖炉だって小振りだけどうまいこと作ってくれたから冬場凍えずに済んでるし、来たばかりの三ヶ月とは大違いだ。 「俺は差別があるのがおかしいって話をしたいだけで、お前を特別視してるわけじゃっ」 「特別なの? 嬉しい」 「!」  墓穴掘ったみたい。自分の言葉に驚いて口に手を当てた。 「充分だよ? かなり良い生活になったし」 「これよりも悪かったのかよ」 「すぐ三人が助けてくれたから少しの間だけ」  ぎっと睨み上げると再び三人がしゅんとした。大人が子供に怒られてる。不思議な画ね。 「ステラモリス公主だろ? こんなんでいいのかよ」 「心配してくれてありがと。嬉しい」  ぐぐぐと唸るサクは視線を逸らし、何かを見つけたのかそのまま離れていく。  隣の部屋だった。ドアを開けて中を見ている。 「サク、どうしたの?」 「空き部屋か」 「あー、そうだねえ。クラスの部屋を造る時に二つ余分にできちゃって」 「……」  埃を被っているけど綺麗な方だし、窓も西日が入るから悪くない。侍女の集まるエリアと距離があるから静かだ。ここに部屋を設けてもらった頃はまだ魔女は怖いぞ恐ろしいぞが深く根付いていたから誰もこっちに来ることはなかった。 「……ここにする」 「ん?」 「俺の部屋、ここにする」 「はい?」

金色がかった白髪ってようは銀色とか灰色とかそういう色と金色がまざった感じですよね~孔雀青って青色と緑色まざった色ですよね~緑目灰髪の男性と水色金髪の女性とかいましたね~そういえば紫の瞳ってどこかの王子が赤みを帯びた紫してましたね~ という分かりづらい裏設定があったりするわけです(本当に分かりづらい)。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • アマビエペンギンさん

    MUNNIN

    ♡200pt 〇20pt 2022年6月15日 17時43分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    MUNNIN

    2022年6月15日 17時43分

    アマビエペンギンさん
  • 物語の女神ノベラ

    参(まいり)

    2022年6月15日 20時35分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    参(まいり)

    2022年6月15日 20時35分

    物語の女神ノベラ
  • 教師

    ときの

    ♡500pt 〇10pt 2022年6月12日 23時23分

    おお……そんな裏設定。 ん……? ハニーブロンド……水色……。 灰色に緑……。 ああああ、そういう関係なんですか?! 繋がってたりするのですか?!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ときの

    2022年6月12日 23時23分

    教師
  • 物語の女神ノベラ

    参(まいり)

    2022年6月13日 12時24分

    コメントありがとうございます! 遠い未来に裸族ともふもふんの子孫が……サクはどこぞのラッキースケベの子孫で(笑)。フェンリルとドラゴンがいるのはそういう世界線だからですね( *´艸`)未来なのに文化があまり発展してない理由もあるのですが、本編にはいかされません(笑)。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    参(まいり)

    2022年6月13日 12時24分

    物語の女神ノベラ
  • ひよこランチャー

    三毛猫 未異美♪

    ♡500pt 〇10pt 2022年6月12日 22時36分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    三毛猫 未異美♪

    2022年6月12日 22時36分

    ひよこランチャー
  • 物語の女神ノベラ

    参(まいり)

    2022年6月12日 23時12分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    感謝感激雨あられ

    参(まいり)

    2022年6月12日 23時12分

    物語の女神ノベラ
  • タイムトラベラー

    六葉翼

    ♡1,000pt 2022年7月22日 19時11分

    設定が細やかでしかも機能していて…今後の展開にも期待が膨らみます。心地良き会話と空間。素敵です。「俺の部屋、ここにする」いい選択です…出来るなら私が住みたい物件ですよ!お客様( ꈍᴗꈍ)🍀

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    六葉翼

    2022年7月22日 19時11分

    タイムトラベラー
  • 物語の女神ノベラ

    参(まいり)

    2022年7月22日 21時55分

    コメントありがとうございます! 今回の話は割とこまごましているんですけど、おおむね一章は一日一ツンデレがあるのでそこで楽しんで頂ければと( *´ー`)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    参(まいり)

    2022年7月22日 21時55分

    物語の女神ノベラ
  • セリア(精霊幻想記)

    神無フム

    ♡500pt 2022年6月16日 10時18分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    面白かったです。

    神無フム

    2022年6月16日 10時18分

    セリア(精霊幻想記)
  • 物語の女神ノベラ

    参(まいり)

    2022年6月16日 12時16分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    参(まいり)

    2022年6月16日 12時16分

    物語の女神ノベラ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 恋愛禁止は溶けましたっ! ~元・推しアイドルと同僚になって同棲することになったマネージャーの話~

    推しアイドルと、デスクが隣でした

    0

    0


    2022年8月14日更新

    『恋愛禁止が〝解けた〟カリスマクーデレ少女と、漫画みたいに〝溶けそうな〟恋愛を♡ ……って! あなた、元伝説のアイドルですよね⁉』 新卒の主人公・中本才雅(なかもとさいが)は、ひとりの少女に人生を狂わされていた。 その彼女とは名実ともに世界一のアイドル・月城なゆた(つきしろなゆた)。 アイドルとしては主流の『握手会』や『チェキ会』などのファンサービスの類は一切行わず、 『会いに行けない憧れのアイドル』としての地位を確立していた。 ――そんな彼女が人気絶頂の矢先、突如芸能界を引退した。 生きる希望を失い絶望していた才雅が転職先の職場に向かうと、隣の席に事務として働く月城なゆた本人が座っていた‼ こうして才雅は自分が彼女の大ファンだったことは〝隠して〟、 手を伸ばしても届くことのない存在だった元・トップアイドルと会社の〝同僚〟になって、 さらにはひょんなことから〝同棲〟まで始めることになる。 『私、恋愛禁止はもう気にしなくていいんです――』 才雅が働く職場は、自身がアイドル好きということを隠して入社した芸能事務所。 そんな中『マネージャー』としての仕事で関わり合うことになった他の現役アイドルとの一波乱もあって……? 元・同棲相手の大ファンという〝秘密〟を抱えたまま、 めくるめくジェットコースターのように展開する恋愛模様の中で――はたして才雅の精神は無事に保たれるのか⁉ そして〝恋愛禁止〟から解放された【月城なゆた】との同棲生活の行方は――⁉ 笑いアリ! イチャラブアリ! 修羅場アリ! お酒アリアリ‼ 社会人として働く主人公のまわりで巻き起こる、 通常のアイドルものとはちょっぴり違ったドタバタ×同棲×ラブコメディです!

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 時野 玲二はとある事情から真の実力を隠しており、常に退学ギリギリの成績をとっていたことから最底辺の落ちこぼれとバカにされていた。 しかし玲二が2年生になった頃、時を同じくして義理の妹になった人気モデルの神堂 朱音が入学してきたことにより、彼の実力隠しは終わりを迎えようとしていた。 「わたしは大好きなお義兄様の真の実力を、全校生徒に知らしめたいんです♡ そして、全校生徒から羨望の眼差しを向けられているお兄様をわたしだけのものにすることに興奮するんです……あぁんっ♡ お義兄様ぁ♡」 朱音は玲二が実力隠しを始めるよりも前、幼少期からの幼馴染だった。 そして義理の兄妹として再開した現在、玲二に対して変質的な愛情を抱くヤンデレなブラコン義妹に変貌していた朱音は、あの手この手を使って彼の真の実力を発覚させようとしてくる! ――俺はもう、人に期待されるのはごめんなんだ。 そんな玲二の願いは叶うことなく、ヤンデレ義妹の暴走によって彼がハイスペックであるという噂は徐々に学校中へと広まっていく。 やがて玲二の真の実力に危機感を覚えた生徒会までもが動き始めてしまい……。 義兄の実力を全校生徒に知らしめたい、ブラコンにしてヤンデレの人気モデル VS 真の実力を絶対に隠し通したい、実は最強な最底辺の陰キャぼっち。 二人の心理戦は、やがて学校全体を巻き込むほどの大きな戦いへと発展していく。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 終焉の幼女エルルと死なずのライザ

    命の限り、死なずの終焉を。

    2,688,397

    68,238


    2022年8月10日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』——『ライザ・テオドール』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしているロリコンであり、幼女となったエルルに一目惚れしてしまう。 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす『機械』と『魔法』のファンタジー! そして至る、世界の真実。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にするモノとは——? 【お知らせ】 ・★マークが付いた話には美麗な挿絵があります! ・全てのイラストは、最後にもまとめて掲載しています! イラスト【fixro2n様】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間6分

    この作品を読む

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    364,405

    598


    2022年8月12日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都と呼ばれる、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間56分

    この作品を読む