元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

読了目安時間:4分

エピソード:3 / 67

3話 初対面

「今日はどうです?」 「ああ、怪我人はいないな」  私の仕事は治癒だから自然と騎士との接触が多くなる。幸いよくしてくれる第二皇子のヴォックスは騎士団長、ヴォックスの婚約者ユツィは副団長だから、この場所で不遇を味わうことはない。だからフードを目深に被って来る必要はないのだけど、つい癖で被ってしまう。 「クラス!」 「ユツィ」  凛々しく美しい女性騎士が現れた。  今日も眩しい。そして普段クールの割に私の前は満面の笑顔でいてくれるから嬉しかったりする。  最初こそ公爵名だったけど、今ではすっかり名前も呼んでくれるようになった。特段主でもなんでもないのに敬語だけは抜けないのがネックだけど。 「クラス、体調はいかがです? お怪我は」  毎回私の心配をしてくれるのはありがたいけど、怪我するなら圧倒的に騎士の方が確率高い。けどもう癖なのだろうと思って笑顔で応える。 「ないよ、大丈夫」 「貴方の大丈夫は信用できません」  ユツィは過保護だ。自国にいた頃は王女の側付だったからか私に対する対応が前の主人へのそれと同じ。最初こそ故郷への思いもあるだろうと応えていたけど、三年も経つと彼女の気質なのではと思えてきている。  そもそも身分や年齢はユツィの方が上だから、私に敬語を使う必要はないし、逆に私が二人に敬語を使うべきだ。二人が拒否したから砕けた話し方をしているけど、はたから見たら違和感すごいだろうな。 「そうだ。今日東の王国の子が招かれているんでしょ? 二人とも会った?」  問うと頷く二人。表情や雰囲気から悪い子ではなさそうに見える。 「父上を交えて会食をする時に多少は話せると思うが」 「見たところ利発そうには見えました」 「ユツィ、あれはませている、だな」  ふむふむ。  一人で来た身だから多少虚勢を張らざるを得ないところもあるだろう。戸惑うことも多いだろうな。 「心配か?」 「勿論」  騎士団長ヴォックスが目を細める。瞳の濃い色合いと眉間の皺も合わせて悩ましげな顔をするのは大概私がここに来たばかりの頃を考えている時だ。 「私に力がないばかりに君には辛い思いを」 「いえ、充分良くしてもらってるし、後見人にもなってもらってるもの」 「私が兄上と対等に渡り合えればいいのだが」  ウニバーシタス帝国は長男の第一皇太子レックスが次の皇帝の予定となっている。彼は弟である第二皇子ヴォックスと第三皇子シレに主導権を握られたくないのか、こと何かにつけて制限をかけてくるらしい。  今や無愛想だけど、孤児院や学校の設立、戦後の町の修繕復興等、誠実に国に尽くしている第二皇子兼騎士団長の方が帝国民に人気だから第一皇太子は気に入らないのだろう。 「私よりも今日来た子を守ってあげて」 「彼はシレが後見人で、我が国筆頭宰相イグニス様の息子だ。早々手は出せまい」 「え?」  肩書がごつくない? 「公爵位を例外で継いでいますし、神童と呼ばれる子です。我々の出る幕もないかと」 「神童?」  侍女たちが話していた情報が子供が来るぐらいだったから、今聞いた情報は驚きだ。御伽噺の主人公みたいな設定じゃない? 「おや、噂をすれば」  ユツィの視線の先を見れば、シレに連れられた噂の子がいた。シレは兄であるヴォックスを視界にいれて顔を明るくさせる。挨拶に来たようだった。 「シレ」 「良かった。会食前に会えればと思ってて」  第三皇子兼宰相のシレは第二皇子兼騎士団長のヴォックスと並ぶと小さくて細身だ。仕事のしすぎで肝を悪くしたけど、今ではだいぶ顔色がよくなった。 「ほら」 「……」  少し後ろに控えていた例の子がシレの隣に立つ。唇を結んでむすっとした様子でヴォックスとユツィを見た。 「イリスサークラ・ソンニウム・アチェンディーテ公爵、イグニス様のお子さんだよ」  アチェンディーテ姓は東の新興王国イルミナルクスの王族が王位を返納した際に得たものだ。さっきもイグニス様の子供と聞いていたけど、この子ったら本当に正統な血筋の子なのね。  私がここに来た時すでにイグニス様は亡くなっていたけど、筆頭宰相として敏腕を振るっていた方と聞いた。人格者で穏健派の今代皇帝が非常に気に入っていたとされる有力者だ。 「イーラ、こちらが兄の第二皇子兼騎士団長のヴォックス・シェラ・プロディージューマ、副団長でヴォックス兄上の婚約者のユースティーツィア・マーネ・ユラレ伯爵令嬢だよ」 「令嬢はやめてくれ」 「まあまあ」  二人を交互に見た後、軽く会釈して終わる。  と、私に視線が向けられた。不思議そうに見上げられる。 「ああ」  シレが紹介するところを目だけで断って、視線を会わせるために膝を折った。  ほんの少し眦を上げて驚いてる。 「私はクラス、クラス・トラジェクトーリア・ドゥークス。よろしくね?」 「……お前、宮廷魔法使いか」  おや喋った。思ってたよりもシャイじゃない? 「ううん。私はただの医療師かな。治癒魔法が使えるのと薬学に詳しいから、騎士様が怪我した時や、病気の治療のためにいる感じ」 「僕も治してもらったんだよ。すごく腕のいいお医者さん」 「私やユツィも世話になったからな」 「えへへ」  誉めてもらえると嬉しい。照れつつも彼を見るとなにかを考えるように片手を口元に寄せていた。 「……ステラモリス?」 「え?」  目の前の男の子から発せられたのは私の故郷、失われた国の名前、私が継ぐはずだった姓だった。

ここまでだとツンデレ具合が今一つなので、4話を日付線越える0時にUPします。 本格的なツンデレは5話からですかね~。ツンデレ滅茶苦茶書きやすいです(笑)。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 恋愛禁止は溶けましたっ! ~元・推しアイドルと同僚になって同棲することになったマネージャーの話~

    推しアイドルと、デスクが隣でした

    0

    0


    2022年8月14日更新

    『恋愛禁止が〝解けた〟カリスマクーデレ少女と、漫画みたいに〝溶けそうな〟恋愛を♡ ……って! あなた、元伝説のアイドルですよね⁉』 新卒の主人公・中本才雅(なかもとさいが)は、ひとりの少女に人生を狂わされていた。 その彼女とは名実ともに世界一のアイドル・月城なゆた(つきしろなゆた)。 アイドルとしては主流の『握手会』や『チェキ会』などのファンサービスの類は一切行わず、 『会いに行けない憧れのアイドル』としての地位を確立していた。 ――そんな彼女が人気絶頂の矢先、突如芸能界を引退した。 生きる希望を失い絶望していた才雅が転職先の職場に向かうと、隣の席に事務として働く月城なゆた本人が座っていた‼ こうして才雅は自分が彼女の大ファンだったことは〝隠して〟、 手を伸ばしても届くことのない存在だった元・トップアイドルと会社の〝同僚〟になって、 さらにはひょんなことから〝同棲〟まで始めることになる。 『私、恋愛禁止はもう気にしなくていいんです――』 才雅が働く職場は、自身がアイドル好きということを隠して入社した芸能事務所。 そんな中『マネージャー』としての仕事で関わり合うことになった他の現役アイドルとの一波乱もあって……? 元・同棲相手の大ファンという〝秘密〟を抱えたまま、 めくるめくジェットコースターのように展開する恋愛模様の中で――はたして才雅の精神は無事に保たれるのか⁉ そして〝恋愛禁止〟から解放された【月城なゆた】との同棲生活の行方は――⁉ 笑いアリ! イチャラブアリ! 修羅場アリ! お酒アリアリ‼ 社会人として働く主人公のまわりで巻き起こる、 通常のアイドルものとはちょっぴり違ったドタバタ×同棲×ラブコメディです!

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 時野 玲二はとある事情から真の実力を隠しており、常に退学ギリギリの成績をとっていたことから最底辺の落ちこぼれとバカにされていた。 しかし玲二が2年生になった頃、時を同じくして義理の妹になった人気モデルの神堂 朱音が入学してきたことにより、彼の実力隠しは終わりを迎えようとしていた。 「わたしは大好きなお義兄様の真の実力を、全校生徒に知らしめたいんです♡ そして、全校生徒から羨望の眼差しを向けられているお兄様をわたしだけのものにすることに興奮するんです……あぁんっ♡ お義兄様ぁ♡」 朱音は玲二が実力隠しを始めるよりも前、幼少期からの幼馴染だった。 そして義理の兄妹として再開した現在、玲二に対して変質的な愛情を抱くヤンデレなブラコン義妹に変貌していた朱音は、あの手この手を使って彼の真の実力を発覚させようとしてくる! ――俺はもう、人に期待されるのはごめんなんだ。 そんな玲二の願いは叶うことなく、ヤンデレ義妹の暴走によって彼がハイスペックであるという噂は徐々に学校中へと広まっていく。 やがて玲二の真の実力に危機感を覚えた生徒会までもが動き始めてしまい……。 義兄の実力を全校生徒に知らしめたい、ブラコンにしてヤンデレの人気モデル VS 真の実力を絶対に隠し通したい、実は最強な最底辺の陰キャぼっち。 二人の心理戦は、やがて学校全体を巻き込むほどの大きな戦いへと発展していく。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【書籍化決定】啼かないカナリアの物語

    声の出ない魔法使いと模造小鳥の探しモノ

    307,550

    5,909


    2022年6月12日更新

    この世界の魔法は声に出す事で発動される。 カナリアと呼ばれる少女は魔法使いだった。ただし、物心ついた時から彼女の声は出ない。 声が出ない魔法使いは一人もいない。カナリア以外は。 彼女は、相棒であり、大切な存在でもある、小鳥の形をした金属ゴーレムのシャハボと、探しモノの旅を続ける。 彼女は強い。 しかし、取り巻く運命は過酷である。目的の為に奔走するカナリアを、凄惨な戦いへと導き、様々な思惑のひしめく深謀の渦中へと誘う。 今もまた、肩を並べて同じ任務をこなした、善良なはずの冒険者チームが彼女の前に立ちはだかる。 彼らは知らない。カナリアの進む道を遮る事の結末がどうなるかは。 そして、カナリアもまた知らない。この結果が、渦巻く陰謀の始まりだという事を。 ただそれでも、彼女は突き進む。相棒のシャハボと一緒に。自らの願いの為に。 これは、声の出ないカナリアと言う魔法使いの、望みを見つけ叶えるための物語。 # 小説家になろう様、カクヨム様でも同時掲載をしております # 表紙絵の方は 大福餅さん (Twitter @daih033) から頂きました! ありがとうございます! # 一章完結しました(2021/02/05)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間56分

    この作品を読む

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    364,405

    598


    2022年8月12日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都と呼ばれる、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間56分

    この作品を読む