元ツンデレ現変態ストーカーと亡き公国の魔女

読了目安時間:3分

エピソード:15 / 67

15話 俺以外に手料理振る舞うなよ

「ヴォックスとシレは知っているのか」 「呪い以外はね。ユツィの怪我直した時に腕の痣見られて気づかれちゃったの。その後すぐに対処してくれたから前より会うことないんだよ?」  なんてことないよというニュアンスを含めてもサクには伝わらない。やや視線を落とし片手を口許に当てぶつぶつ言いながら何かを考えているようだった。  治癒魔法はステラモリスしか使えない、あいつは聖女、あの女分かってるのか、聞こえる限りはそんな感じの独り言が続いて、皇太子妃のことしか考えてなさそう。 「ねえサク、皇帝陛下とのお話はどんなだったの?」 「ん? いつも通りだけど」 「第一皇太子がサクの考えることに反対してるって聞いたけど」 「ああ、それな」  要点だけだったけどヴォックスの話すことと同じ内容だった。そこにサクの感想が入るだけだ。 「あいつ、国の騎士たちが戦死する事も南の収容所にぶっこまれるのも構わねえとか言いやがる。長たる皇帝の為に身を尽くせて幸せだろうとか言うんだぞ?」 「……」 「自分が拷問すら受ける事もないと思って高みの見物なノリだな……くそ」  このままだと仲良くやろうねが通じなさそう。   ここはサクをご機嫌にさせて第一皇太子がなにか言っても、ちょっとした言い争いにならないようねって諭す方向がいいと思い、何度か説得を試みるけどいい返事はもらえなかった。  部屋に入って二人でお茶して暫く、サクが私の容態を心配しない程度になってから、夕飯の準備に誘って厨に行く。  最近侍女侍従のとこまで食材が毎日きちんとくるから困らない。けど今日は初心に帰って、ないがしろにされてた子達をどうにかするとしよう。 「なにしてんだ?」 「んー?」 「ゴミだろ、それ」 「まだ捨ててないし、切れ端は使えるよ」  ということで捨てられる前の野菜の余った部分を適宜切ってサクが持ってきてくれた鍋にいれる。肉だけ使って余ってる鳥の骨もいれてひたすら煮込むだけだ。  簡単だけど時間がかかるから、比較的時間があいてる時向け。コックのドゥルケに頼めば火の加減見てくれるけど、沢山の人にご飯を作ってる手前邪魔はできない。だからいつも自分で作っている。 「骨はフィーのご飯ね」 「……」  サクがいたからか肉のはじっこももらえた。筋とかあってなかなか使われない。これも煮込めばするっと食べられるので有り難く頂いて鍋で煮込む。 「うん、いい感じ」 「……」 「サク、野菜嫌い?」 「いや」  じっと見てくるものだから嫌いなものでも入っているのかと思ったけどそうでもないらしい。今まで野菜があっても食べていたし煮るだけで嫌になるとかもないだろう。  ステラモリスにいた頃も農業が盛んだったから、野菜料理は割りと好きだったりする。切れ端まで使おうとか、捨てずに活かそうとかそういう精神で野菜を育てる国だった。 「クラスっ」 「メル」  厨を通り過ぎようとするのを立ち止まり中に入ってきたメルは目を輝かせながら鍋の中を見た。 「もしかしていつもの?」 「うん」 「いつもの?」  きゃっと跳ねるメルに、食べていいよと言うとさらに喜んだ。  サクが片眉を顰めてスープと私を交互に見る。 「これ、やるのか?」 「うん、沢山できちゃうし。いつもお裾分けしてるよ」 「クラスの特製スープ美味しいのよね~! あ、次はお菓子もよろしく」 「分かった」 「お菓子?」  怪訝な顔をしてサクが私を見上げる。 「菓子って?」 「時間と食材がある時に作ったことがあるの」  食材が入らないから代替で違うものを使っていた数えるほどしか作れなかったお菓子、今ならお願いすれば簡単には作れるかもしれない。  サクが食べたら驚いてひっくり返るんじゃないの? お菓子だけどお菓子じゃないものを受け入れてくれるのだろうか。様子見ても、スープをじっと見て、菓子かと小さく囁いているだけだ。 「は~ん、そゆこと」 「?」  メルが私たちの会話を聞いて口許に手を置いてにやにやしていた。 「クラス、サクにお菓子作ってあげなよ」 「な」 「食べたいんでしょ~? 自分だけ食べてないのが嫌ってことでしょ~?」 「サク食べたかったの?」 「そ、それは……」  もごもごして否定しない。 「しかも俺以外に手料理振る舞うなよ的な? 独占欲だね~! 可愛い!」 「ば、ちがっ!」

何事もなかったかのように日常パートへ移行(笑)。ツンデレは野菜スープよりおいしい(´ρ`) 公爵様様が野菜切れ端スープを飲んだ事あるとは思えませんが、正直、野菜切れ端スープは半端なく美味しいですぞ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,792,171

    4,611


    2022年8月14日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間35分

    この作品を読む

  • 終焉の幼女エルルと死なずのライザ

    命の限り、死なずの終焉を。

    2,688,397

    68,238


    2022年8月10日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』——『ライザ・テオドール』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしているロリコンであり、幼女となったエルルに一目惚れしてしまう。 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす『機械』と『魔法』のファンタジー! そして至る、世界の真実。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にするモノとは——? 【お知らせ】 ・★マークが付いた話には美麗な挿絵があります! ・全てのイラストは、最後にもまとめて掲載しています! イラスト【fixro2n様】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間6分

    この作品を読む