現代/青春ドラマ 長編 連載中

あたしが大黒柱

作者からの一言コメント

「あたし」の夫は聴覚過敏で悩んでいます

読了目安時間:1時間42分

あたしが大黒柱の表紙

「僕のせいで……」と言って涙ぐんだ。男として、大人として、上手く生きられない愛しい夫。  ひょろひょろの身体に青白い肌。趣味は魚たちや亀の世話をすること。耳にはよくイヤーマフをつけている。  雑音を受け付けない感覚過敏。ゆえに何処に行っても仕事が続けられなかった。言葉もほとんど話せない。そしていつも申し訳なさそうな顔をしている。それが主人公・葉月の夫である。  対して製薬会社でバリバリ働く勝気なキャリアウーマンである葉月は、自分こそがこの家庭の大黒柱になると覚悟を決める。  “養う”という言葉を嫌う葉月。本当は声を大にして伝えたい。自分はこんなにも夫に支えられていると。  男が泣くのはおかしいか?  出世を目指す主婦は出しゃばりだと叩かれる?  こんな形の夫婦がいてもいいじゃない?  あらゆる人格、あらゆる障害、そしてそれぞれの家庭に於いてあらゆる問題が存在している。“当たり前”というのはまさにこのことではないのか。  障害に対する特別扱いではなく、実は思っているよりもずっと身近に在ることを伝えたいので、あえてあまり重くない作風にしています。  ※“夫”の障害(感覚過敏など)について・・・個人差があるので、同じ障害を持つ全ての人がこのようになるという意味ではございません。  ※重複投稿・・・『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』にも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 あたしが大黒柱
作者名 七瀬渚
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ヒューマンドラマ ホームドラマ 発達障害 学習障害 自閉症スペクトラム 感覚過敏 聴覚過敏 姉さん女房 年下夫 年齢差 夫婦愛
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年3月6日 17時15分
最終投稿日 2021年5月4日 14時47分
完結日 -
文字数 50,984文字
読了目安時間 1時間42分
ブックマーク登録 12件
コメント 3件
スタンプ 46件
ビビッと 22件
応援ポイント 22,600pt
ノベラポイント 151pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    600

    0


    2021年5月10日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 私はそんなに文章が得意ではなく、書きながら上手くなりたいというところで執筆を始めました。マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については慎重に扱いながら進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 ※すでに「小説家になろう」さんのサイト内でかなり連載しているため、そちらに追いつくまでは一日複数話を更新していく形をとります。(毎日8時台、11時台、14時台、17時台、20時台、23時台、1時台を目安に公開しています。) あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。 挿絵を追加しました。イメージしやすいようにマンドリンを描き、ちょっと文芸本の表紙っぽくしてみました。

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • 同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました

    なろうで10kPV/d超えたサーガです。

    50,200

    10


    2021年5月10日更新

    犬並みの嗅覚を持つ俺は、高校で同級生になった彼女に一嗅ぎ惚れした。 それは、普通の高校生が決して踏み込んではならない世界への入り口だった。 歴史、世代、国境を超えて話は進みます。 こちらでも連載させていただきます。 なお、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間46分

    この作品を読む