あたしが大黒柱

読了目安時間:8分

7.何が“困る”というんだろう

 蓮に告白と別れを告げられた日の夜。案の定酔いが回ったあたしは風呂に入るのも忘れて眠っちまった。  化粧落とし忘れてなかったのが幸いだったな。あれ、特にアラサー以降にはすっげぇダメージだぜ。  酒くせぇまんまなんて勘弁だから、翌朝はシャワー浴びてとっとと仕事に向かったよ。  あんま疲れは取れてなかったな。酒で眠くなんのはゆっくり失神してるのと変わんねぇ状態なんて言うから、大して睡眠できちゃいなかったんだろうな。  反省してたのにおんなじような夜を何度か過ごしちまった。  あれから5日が経っている。  まぁ、それでもあたしは中身が体育会系っていうか、気合いで乗り切れちまうタイプなんだけど。  相談とかあんまする方じゃなかったんだけど、さすがに(わら)にも縋りたい気分だなぁ、なんて思ってた。  社食のうどんに七味を振りかけながら誰がいいだろうと思考する。  ってかいつもは麺ものの中でも比較的血糖値の上がりにくい蕎麦をチョイスするのに、間違えてうどんの食券を買っちまったんだよな〜。どんだけボケてんだよ、あたし。  坂口はうぜぇからなぁ。聞き上手だとは思うけど、根掘り葉掘り詮索されるっていうオプション付きだ。  地元友達の冴子(さえこ)。一番まともに聞いてくれそうだ。  あぁ……でも、あいつ今3人の子ども抱えてる上に旦那がお触りOKのパブで大量に金使ったとかなんとかでブチ切れてるからなぁ。そういやあいつも姉さん女房だ。  ――年下はやめときなァ!!――  なんて、かつてのヤンキー(ヅラ)して一刀両断されるのが目に見えてる。  自慢とか思われんのも嫌だしなぁ。  親? 妹? 妹の旦那?  い、え、ねぇぇぇ……!!  褒められるとしたら若者の命を救ったところなんだろうけど、それ以外は突っ込みどころ満載じゃねぇか。  通い詰めて、一緒に飯食って、魚眺めてキャッキャウフフしてるうちに後戻り出来ないくらい懐かれたなんて……  ――責任持てないくせに深入りするんじゃありません!!――  あぁ〜〜っ! コレだ。間違いなくコレだ!! だけどごもっともだろうよ。このお節介体質、我ながら嫌になってくるわ。  そうやって自問自答と言えるのかも怪しいモンを繰り返している間に…… 「あっれ〜? 茅ヶ崎さん、何か悩み事かなぁ? どれ、先輩に言ってみなさいよ〜! ホラホラ!」 「坂……口……ッ」  一番来て欲しくなかった奴が来た。  自分が頭を抱えてたことにようやく気が付いた。いつからあたしはこんなに態度に出やすくなったんだろう。  つーか、先輩って何。おめぇ同期だろうが!  あっ、と短く呟いた坂口は口元に手を添え身体をくねらせる仕草をしてみせる。キモい。 「もしかしてカレチと喧嘩かな〜?」  苛立つと誰だって注意力が散漫になる。 「そういうのじゃないですよ、まだ」 「まだ?」  そしてあたしは口を滑らせた。  そっからの時間はまさに地獄だった。  まだって何? まだって何!? と聞いてくる坂口があまりにもうるせぇから、もうヤケになって差し障りのなさそうなところまで話しちまったよ。 「そっか……蓮くんからしたら茅ヶ崎さんは命の恩人だもんな。人目につくところでの自殺は、こんなはずじゃなかった! っていう悔しさから起こるって言うよ。本当は生きたかったと思うよ、彼も」 「助けて、それで終わるはずだったんですけどね」 「惚れられちゃったか〜。魔性の女・茅ヶ崎葉月! さぁこれからどうする!?」 「だからそれを悩んでるんですよ!! アンサー求めて来ないで下さい。そんな簡単に出てきません!」  ひとけの少なくなってきた社員食堂であたしは随分ムキになってしまった。  驚いて振り返った人が何人かいたけど、もうやるせなさが止まらない。 「本当は今でも心配なんです。一度死のうとしたってことは多分、今までにも何度も考えたってことだろ? 連絡全然来ねぇしよ、もしあいつがまた危ねぇ……危ないこと考えたら、困るんですよ」  そう、あたしの心配事の大部分はそれだ。冷たく突き放してあいつが悲しんだら? このままサヨナラしてあいつがまた熱出しちまったら?  きっと今でも震えて泣いてる。あのタオルを抱き締めながら……  考えれば考えるほど悪い予感ばかりが大きくなってあたしはうつむいた。  バレないようにそうしたんだけど、実は目頭が熱くなってた。  ――茅ヶ崎さん。  そのとき。 「“困る”って言ったね。なんで困るのか考えたことある?」  やけに落ち着いた声があたしに届く。  誰の声かと思ったくらいだ。いつものやかましさとは程遠くて。 「それは……っ、もちろん、あいつの命が……」 「失いたくない? 蓮くんのこと。茅ヶ崎さんは気付いてないみたいだけど、その声にあらわれてるよ。それね、もういろいろと飛び越えた感情に聞こえる。あと顔ね。あくまで他人と割り切ってる相手を思う顔には見えないっていうか、まず割り切れてたらそこまで悩まないでしょ」  これが本当に坂口の声なのか? いつもこうだったら話しやすかったのにな、なんて思い始めてるあたしは自分で思う以上に弱ってるんだろうと思った。  声が、震えてきてしまう。 「あたしはもうオバサンだ……!」  蓮には相応しくない。そう言おうとした自分に驚愕する。  あたし……何か劣等感を持ってた? 蓮に相応しいって思える立場だったら? ためらうこともなかったって、いうのか……?  焦点が揺らいで定まらない。目の前に居るはずの坂口がなんだか遠く感じる。  なのに奴の声は確かにあたしへ響いてくる。 「俺思ったんだけどさ、蓮くんってきっと茅ヶ崎さんが思う以上にわかってるんじゃないかな。好きな人を大切に思って、本当はそばにいたいのに遠慮してるんだよ? 子どもっぽくはないよね。立派な大人なんじゃない?」  そして目覚めていく。おのずと起こった震えはついに坂口の一言に遮られる。 「蓮くんにとっては“葉月ちゃん”なんだよ」  あたし。  あたし……  やっと、わかった。 「ありがど、坂口」 「うん、頑張って」  なんかすんげぇみっともない声聞かせちまったけど。  あたしは決めた。今日はきっちり定時で上がる。会いに行くって連絡を入れて。  退勤後、夕暮れの空の(もと)を速足で進んだ。  あたしの連絡に蓮はまた『はい』とだけ返した。返してくれて良かった。  だけど……  ――今までありがとうございました。葉月ちゃんに会えて良かったです。嬉しかったです――  ――さようなら―― 「勝手に締め括ってんじゃねぇよ、馬鹿野郎……!」  あの悲しい言葉を体内で反芻(はんすう)する度に実感が生まれてくる。  “困る”って言ったけど、これ、もう、罪悪感とかそういうのじゃない。単純にあたしが困るんだ。  ――葉月ちゃんを失いたくないと思いました――  あたしだって、蓮を失いたくないんだ……!  はぁ、はぁ……  アパートの前に辿り着いたとき、あたしは息を切らせていた。  胸が苦しい。どんだけ速足で歩いてたんだろう。  時計を確認すると時刻はまだ18時20分。まだ10分もある。  予定通りにしなきゃ。気持ちは逸る一方だけど、ここは落ち着いて……  ――ハヅキ、ちゃ…… 「…………蓮?」  ドアの向こうからか細い声が聞こえてあたしは顔を上げた。  こいつ、まさか、ずっとここで……?  額の汗をハンカチで拭ったそのときにガチャ、とドアが開いた。  寂しがりのウサギが、ちょこんと立ってあたしを見上げてる。ウサギみてぇに赤くなった目からみるみるうちに涙が溢れていく。  背中で扉を閉じた。その瞬間、蓮の肩が縦に大きく震え出した。 「僕……嫌われた……おもっ……」 「そんな訳ねぇだろ!」  全部聞き取れなくてもわかる。こいつが何を怖がっていたのか。  私は蓮の両肩をそっと掴んだ。荒い口調はなかなか直んねぇけど、仕草くらいは優しくしたつもりだ。  そしていくらか落ち着いたであろう頃に(ふところ)からあれを取り出す。 「これ。何度も読んだよ。ずっと持ってた」  不器用なラブレターを前に突き出されて蓮はぎゅうっと唇を噛んだ。頰がほんのり染まってる。  このままじゃ可哀想だと思ったあたしはついに覚悟を決めた。 「あたしもだよ」 「葉月……ちゃ……」 「あたしも好きだよ、蓮」  こんなオバサンでわりぃなとか、もっと可愛い子を選べば良かったのにとか、いろいろ頭に浮かんでくるんだけど、それは全部胸の奥にしまっておく。  ――蓮くんにとっては“葉月ちゃん”なんだよ――  不覚にも坂口に気付かされることになった。あいつには今度何か奢ってやるか……ってそれはともかく、きっとこれがあたしらの真実だってわかったから。  蓮がおずおずとあたしの脇腹に触れ、薄手のカットソーをきゅっと握る。多分泣きながら笑ってる。  あたしは蓮の額にそっと唇をあてる。ぴくっと小さな振動があった。 (やべ、やり過ぎたか?)  そう反省した矢先だったんだけど、あたしの視線はすぐに眼下へ釘付けになった。  物欲しそうな表情。ヒールを履いてるあたしの高さに合わせてちょっと背を伸ばしたりなんかしてる。瞳を閉じて“して”って言ってる……多分。  なんだこいつ、やべぇ可愛いんだけど。  だけどここはがっついちゃいけねぇ。あくまでも優しく。そう、気分はジェントルメンで!  両手でそっと色白な頰を手繰り寄せ、音も立てずに重ねた。  7.何が“困る”というんだろうの挿絵1  見た目ではそんな目立ってなかったけど、思いのほかカサついた感触だった。  タオルとばっかキスしてたせいで水分持っていかれたんだろ、こいつ。  潤すほどの行為はまだ早いだろう。だけど、あたしはちょっとタオルにヤキモチを妬いた。  これからは半分でもいいからその役目、あたしが担ってやりたいと思ったんだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位等獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間20分

    この作品を読む

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    高校生百合×心理戦×ファンタジーです!

    20,800

    2,750


    2021年6月12日更新

    ■はじめに 高校を舞台に個性的な女の子たちが登場する 【百合 × 心理戦 × 現代ファンタジー小説】です。 女の子たちの仕草や会話に力を入れています! ■あらすじ 高校二年生の高野凛子はクラス男子たちの会話から、 衝撃の情報を掴んでしまう。 クラスのイケメンが一ヶ月後の夏祭りで、 親友の蘭奈ちゃんに告白するらしい――! 親友としての蘭奈ちゃんには、彼氏ができてほしい! でも恋心の相手としての蘭奈ちゃんには、 彼氏ができてほしくない! 相反する感情の狭間で葛藤する凛子。 私はどっちの気持ちに従うべきなの? そんな中、自らを魔女と名乗る 謎の女の子が凛子に声をかけてくる。 「だったら、その二つの感情どうしを 争わせてみればいいじゃない! 勝ったほうが貴女の選ぶ道ってことで!」 魔女の少女の提案に従って、友情と恋心を 完全に分離した人格とする魔法を受けた凛子。 どちらの人格が出てくるかは、 毎朝の魔女のコイントス次第。 夏祭り当日に向けて、 ある日は親友に彼氏が出来るように背中を押し、 別の日には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた、凛子の日々が始まる――! ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の19:30頃 更新予定です!

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブリンスミード・ストリート

    中年ふたりの青春ロードストーリー

    0

    0


    2021年6月13日更新

    会社をリストラされ、妻と娘にも逃げられた中年男性・シゲさん。 正社員としての雇用を諦め、アルバイトとして入社した古本屋で、同じ境遇の男性、ゲンさんと出会う。 意気投合したふたりは、数十年ぶりに読んだロードストーリーに影響されて中古のオープンカーを購入し、中年男性ふたりは、元気はあるけどあてのないの旅に出る。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • ライラック色の少女たち

    人嫌いの白髪少女と変態淑女の編入生の百合

    118,400

    400


    2021年6月13日更新

    ライラック色の制服がひるがえる全寮制お嬢様学校・聖黎女学園。 白髪の美少女、一条和佐は三年前に嫌がらせのキスでルームメイトを追い出して以来、孤高を貫いていた。 だが、高等科一年を目前に、彼女のもとに新たなルームメイトが現れる。 上野岬と名乗った編入生の少女。彼女が類まれな変態淑女であることを、白髪少女はいまだ知らない……。 ※同人誌・電子書籍で公開した内容と同一です。 ※きわどいシーンには「★」、暴力・残酷描写があるシーンは「☆」をつけています。 ※Web公開に合わせて改行・行間空けなどの仕様を変更しています。 ※イラストはkobuta様(@kobuta0831)によるものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間13分

    この作品を読む