あたしが大黒柱

読了目安時間:5分

第2章/恋人時代はこんなんで

9.唐突ですみません、お母様!

9.唐突ですみません、お母様!の挿絵1  生涯仕事一筋と腹を括っていたはずのあたしにまさかまさかの恋人が出来た。  目まぐるしいあの展開から1年後。 「茅ヶ崎くんがこの度ご結婚されました」  朝の社内。上司の嬉しそうな一言のすぐ後にわぁっというどよめきが上がった。幾つもの拍手と祝福の声があたしに降り注ぐ。  職場では引き続き『茅ヶ崎』でやってくんだけどな、その方がみんなも把握しやすいと思うし。だけど戸籍上ではもう『葉山』になってる。  あたしが嫁になるか蓮が婿に入るか話し合った結果こうなった。  本当に葉っぱ2つになっちまったって訳だよ。 「旦那さん、年下クンなんですよね!?」 「姉さん女房って茅ヶ崎さんらしいかもな!」  それにしてもさっきからあたしに集中してるランランとした視線。  なんつうか……想像してた以上に恥ずかしいな、コレ。  そんな中で1人、いがぐり坊主の横で手を振りながら、まぁまぁまぁ……なんて言ってる奴が。 「いや〜、俺は最初っからこうなると思ってたんですよね〜! ん、そうそう。俺がね、恋愛相談乗ってあげてたんすよ〜!」  おい。なんでおめぇがドヤ顔なんだ坂口。  あたしは今にも舌打ちしそうな口元を寸前のところで結び、冷ややかな視線を送ってやる。  まぁでもな……確かにこいつに後押ししてもらったことは事実だ。 ――蓮くんにとっては“葉月ちゃん”なんだよ――  あの一言であたしは自分の気持ちを自覚することが出来た。お調子者で鼻につく奴だけど感謝はしてるよ、坂口。  朝礼を終え、みんながそれぞれの持ち場へ向かう途中、坂口がすーっとあたしの側へ寄ってきた。  そうだな。照れくさいけれどこいつにも改めて礼を…… 「ふふ、あんときの茅ヶ崎さんは完全に乙女の顔だったけど、今やすっかり女豹の顔ですね! どうっすか? 年下の草食系男子くんとのあま〜い時間は……」 「それ以上言ったらセクハラですよ」  前言撤回。やっぱりこいつは調子に乗らせちゃいけねぇ。うわぁ、勘弁して下さいよ〜! なんて言ってるけど、だったらまずその無駄なお喋りをなんとかしろ。 「しかし早かったですね〜。出逢ってから付き合うまで1ヶ月でしょ、結婚まで1年。なかなかのスピード婚だと思うよ。運命的だなぁ」  あたしの白い目などお構いなしといった具合に、坂口は窓の外を見つめて目を糸みてぇに細めてる。  運命とか恥ずかしいこと抜かすな、この野郎。 「順調で何よりですよ、茅ヶ崎さん」  そしてまただ。いつもそうやってればいいのにと思うあの優しい声色があたしの心を揺さぶる。 「順調、ねぇ」  あたしはゆっくり、坂口と同じ方向へ。蓮と出逢った頃とよく似た初夏の色を感じながら何回か耳たぶを触った。 (ここまでが大変だったんだよ)  内心でぽつりと独り言を零す。  あたしのため息は甘い苦笑へと変わっていく。  ◇  遡ること約1年前。  結婚を決めたっつってもそれはあくまでも2人の間でのことだった。  覚悟はしていたものの、考えれば考えるほど山のように積み上がっていく問題の多さにさすがのあたしも呆気にとられた。  まず想定の範囲内だったのは蓮の家族への説得。  あたしの方? そっちはさほど心配してなかったよ。なんたって放任主義のゆる〜い家庭だからな。  あたしのヤンキー時代でさえ、警察の世話にならない程度に、なんて言ってたくらいだ。  結婚の件も母さんに話してみたら案の定…… ――へぇ、アンタ結婚する気あったの? 年下ねぇ。養うの大変だろうけど程々に頑張りなさいよ――  こんな調子だ。“養う”って言葉にあたしはつい反論したんだけどな。一緒に生きていくとかそういう解釈してくれないかなって言ったんだけど…… ――でもその子、満足に働けないのは事実なんでしょ?――  母さんの受け止め方は結局変わらなかった。  煮え切らないところはあるけど、例えそれが親だって自分の考えに同調させるのは無理があるんだよなって諦めたよ。反対されなかっただけまだマシだと思うことにした。  蓮の親への交渉に踏み切ったのはその後。6月下旬のことだった。  あたしがイキナリ電話するのはさすがに……と考えた。  水槽に囲まれたいつもの部屋、ベッドの隅っこで膝を抱えている蓮に、出来るかと訊いてみた。  蓮は小さく頷いた。  スマホを手にしてから随分時間はかかっていたけれど、やがて意を決したのか細い喉をごく、と鳴らしてコールする。  あたしもちょっとぐらい電話代わることになるかも知れないからな。しっかり喉を潤しとこう。  いつもみたいにベッドを背もたれにして、ペットボトルの蓋を開けた。  中身のレモンティーを口に含んだ直後。 「……お母さん。僕、結婚します」 「げっほッ!!」 (そこから言うんかい!!)  開いた口が塞がらないとはまさにこのことだ。実際は咳き込みまくって開いてるんだかなんだかわからないんだけど。  まずはワンクッションと思ったのが早くも台無し。これだけはわかる。  それにしても蓮の奴、母親に対しては案外はっきりと喋るんだな。あたしは目を見張っていたんだけど、やがてそれどころじゃないと我に返った。  きっと今頃、スマホの向こうの母親だってあたしとおんなじように呆気に取られているだろうと。  “結婚します”以降の会話が全く聞こえないことに焦ってすぐさまスマホをパスしてもらった。 「あ、あの……っ、急な連絡で申し訳ございません! わ、わわ(わたくし)」 『…………貴女は?』  (いぶか)しげな女性の声が返ると一層嫌な汗が吹き出した。  落ち着け、落ち着け、順を追って、はっきりと、丁重に……!  そう自分に言い聞かせるもあたしの声はみっともなく震えてしまい。 「……茅ヶ崎葉月と申します」  ひとまず名乗っておくことにしたんだけど、しばらくの間を挟んでからはっと短く息を飲む音が確かに聞こえた。  ほんの1ヶ月前に現金書留に記した名前だなんて、却って衝撃的だったかも知れないな。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦いが日常に在る異世界日ノ本戦記!

    14,500

    0


    2021年4月26日更新

    「人々の想像で〈人〉が生まれ地獄ができた。貴女はこのままでは終わる救世を拒むの?」 想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    941,172

    38,107


    2021年6月2日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくださる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブリンスミード・ストリート

    中年ふたりの青春ロードストーリー

    0

    0


    2021年6月13日更新

    会社をリストラされ、妻と娘にも逃げられた中年男性・シゲさん。 正社員としての雇用を諦め、アルバイトとして入社した古本屋で、同じ境遇の男性、ゲンさんと出会う。 意気投合したふたりは、数十年ぶりに読んだロードストーリーに影響されて中古のオープンカーを購入し、中年男性ふたりは、元気はあるけどあてのないの旅に出る。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • ライラック色の少女たち

    人嫌いの白髪少女と変態淑女の編入生の百合

    118,400

    400


    2021年6月13日更新

    ライラック色の制服がひるがえる全寮制お嬢様学校・聖黎女学園。 白髪の美少女、一条和佐は三年前に嫌がらせのキスでルームメイトを追い出して以来、孤高を貫いていた。 だが、高等科一年を目前に、彼女のもとに新たなルームメイトが現れる。 上野岬と名乗った編入生の少女。彼女が類まれな変態淑女であることを、白髪少女はいまだ知らない……。 ※同人誌・電子書籍で公開した内容と同一です。 ※きわどいシーンには「★」、暴力・残酷描写があるシーンは「☆」をつけています。 ※Web公開に合わせて改行・行間空けなどの仕様を変更しています。 ※イラストはkobuta様(@kobuta0831)によるものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間13分

    この作品を読む