あたしが大黒柱

読了目安時間:8分

12. 出来ないなんて決めないでくれ

 えぇと……  はい。その…… 「(わたくし)の働いている職場なんですが、結構神経を使う職種でもあり、それなりに規模が大きいので社員もそれなりに多く、大変慌ただしいときもあり……」  この喋り方。言うまでもないけど、あたしは相当しどろもどろな口調で答え始めていた。 「1人だと、モチベーションを保つのも大変でした」 「あら、しっかりしてそうなのに」 「そ、そんなことないんです」  こんな言葉で何が伝わるんだと自分でも思うよ。唯一何か伝わるとしたら、緊張MAXキャパオーバー状態だということくらいだろう。 「なので、蓮さんの穏やかな性格に大変安らぎを感じておりまして……!」 「貴女にとって蓮は癒し系なのね」 「は、はい」  癒し系。うん、まぁ、そういうことになるかな。思いのほかカジュアルに受け止められた感があるけど……  あたしの背筋は相変わらずガッチガチだ。  だって状況は全くカジュアルじゃねぇ。  あたしが何に対してビビってるかって?  さっきからやたら穏やかな顔をしている蓮ママだよ。時々声に抑揚をつけてるみたいだけど、表情は大きく変化しない。隙が無いんだ。  “目が笑ってない”っていうのとも違うんだな、コレが。間違いなく笑ってる。笑ってるんだけど、もはや“貼り付いてる”状態にさえ見えてくる。  それはもう真っ白で美しい、よく完成された仮面みてぇな。相槌のタイミングまでもが完璧過ぎて正直怖い。あたしの声も気持ちも、確かに届いているとは思うよ。だけどな……  どうもこっちが思う以上に見透かされてる気がするんだ。 「…………っ」  時折声が詰まってしまう。  今思ったけど、人間ってやっぱり我儘かも。わかってほしいと願う割に、あまりにも伝わり過ぎるとそれはそれでビビるんだからな。 「……貴女には蓮がそう見えているのね」  気まずくてうつむいていたあたしの向かいで、彼女がぽつりと呟いた。品の良い声色があたしの耳に届き奥へと(つた)っていく。雫のようだけど少し凍ってる(みぞれ)の滴りみたいな冷たさを感じた。  顔を上げてあたしは硬直した。  冷たさはやはり気のせいではなかった。  目の前にある彼女の表情も、もう微笑みなんかじゃない。  そして思わぬことを告げられたんだ。氷のような真顔で。 「だったら尚更、覚悟しておいた方がいいわ、葉月さん」 「え」 「いずれあの子の破壊的な面を見ることになるわよ」  あたしはしばらく呆然とした。言葉を無くしていた。 (蓮が、破壊的?)  あたしの知る彼とはあまりにイメージが駆け離れていたからだ。今まで見てきた彼の顔がいくつも脳裏で蘇る。  ここへ来る途中、紫陽花の前で振り返った。小動物を思わせるか弱い微笑み。  二人っきりの部屋で恋人らしいことをしたとき。痛々しい傷痕を晒しながらも、あたしを悦ばせようとしていた健気な瞳。  初めてキスしたときのウサギみたいな涙目も、魚たちの楽園を見せてくれたときの嬉しそうな仕草も……  色素の薄いサラサラの髪、女の子みたいに長い睫毛、如何にも草食系らしい小ぶりな唇。  そう、あたしの知っている彼は、性格から容姿、雰囲気に至るまで何もかもが優しいはずだ。  優しい、はず……  ……タン……トン  ガタン、ゴトン  そのとき、思い出の中に聞き覚えのある規則的な音が混じり出した。  それは徐々に音量を増し、加速してくる。脳内は初夏の夜に染め上げられていく。  ガタンゴトン  ガタンゴトン  ガタンゴトンガタンゴトン  プァーーーーーーーーッ!!  暗闇を切り裂くようにこちらへ流れ込んできた車体と警笛の音。  大きく見開いた瞼の奥で、ぎゅっと収縮した彼の瞳孔。狂乱の気配。  ――うあ、あ――  ――あぁぁぁぁ…………ッ!!―― 「…………っ!」  現在の思考回路をも貫く絶叫によって、あたしは思い出した。  深夜のホームで命を断とうとした彼。それはすなわち自分を“破壊”しようとする行為だ。  そうだ。あたしはもう見ていたんだ、あのときに。2人の間で育っていく恋に夢中になって、心ふやけて実感が薄れていただけ。  運命的な出逢いなんて、いつの間にか美化してしまっていた。だけどそんな綺麗事だけじゃなかったんだ。  あたしが最初に出逢ったのは、破壊的な蓮だったんだ。 「失礼ですけど、葉月さんはご年齢おいくつなのかしら?」 「えっ」  唐突な質問を投げかけられたように感じた。回想から引き戻されたあたしは思わず素っ頓狂な声まで上げてしまった。  白薔薇夫人の完璧な微笑、奥深くまで見通すような静かな目は、あたしから一瞬たりとも視線を外す様子は無い。 (な、何ビビってんだよあたし。悪びれることなんてねぇだろ)  おのずと沸いてきてしまう罪悪感を振り払うようにしてあたしは口を開く。 「あ……えっと、現在29歳で……もうすぐ30になります」 「あら、お若いのね」 「い、いえ」  予想はついてたけど返ってきたのはお決まりの社交辞令だ。あたしは愛想笑いを浮かべつつティーカップに口を付ける。放置しすぎて冷めちまってるけど、喉カラッカラで早急に水分を補給したい今のあたしにはちょうどいい。  ところがそんな矢先。 「やっぱり結婚したら子どもが欲しいと思っていらっしゃるの?」  ぶッッ!!  って、紅茶を吹き出しそうになったのは内緒だ。最近レモンティーで散々むせたけど、さすがに彼氏の母親の前で同じ失敗はしたくない。  正直ちょっと照れちまったんだけど、それってまだ頭ん中が恋愛モードってことなのかな? ここまでの展開がすげぇ早かったから無理もない気がする。  でもそんなの蓮ママには関係ねぇはずだ。しっかりしなきゃ!  内心で気合いを入れ、顔では平静を装ってあたしは答えた。 「はい、授かることが出来たならそれは嬉しいです」  当たり障りなく、だけど本心だった。  確かに蓮と出会う前までは、結婚どころか恋愛にすら興味なかったんだ。当然ながら自分が母親になるなんて想像も出来なかった。  だけど好きな人との間にって考えると、それはやっぱ素敵だと思うんだよな。そんな未来にもし辿り着くことが出来たなら……  あたしは希望を見始めた。頭ん中はフワフワ軽やかなお花畑みたいになってて、目の前の相手がどんな様子かさえ気付かなかった。 「そう……だけどね、葉月さん」  そう、前々から自覚してはいたんだけど、あたしって本当におめでたい奴。 「蓮は小さい子どもの声も駄目なのよ」  哀しげな声色だけどはっきりしていた。こんなことを言われてもなお、しばらくはピンと来なかったんだから、あたしって、本当に…… 「…………あっ」  馬鹿かも知れない。  蓮の母親は続けて語った。ずっとあたしを見つめていた静かな眼差しが、ここに来て初めて下向き加減になった。 「葉月さんが外で働く役割を担って下さるつもりなのよね? 蓮は子どもと満足なコミュニケーションが取れないと思うわ。例えばベビーシッターさんや保育園の力を借りても貴女の負担は大きい」 「小さいうちは大変ですよね。その場合、もちろん育児休暇は利用します。貯金も今のうちに……」 「ある程度大きくなってからも大変よ。勉強を見てあげたりとか相談に乗ってあげたりなんて蓮にはきっと出来ない。学習障害もあるってお話しましたっけ?」 「……はい」 「足し算、引き算も二桁以上はままならない。九九でさえ全部言えない。計算が極端に出来ないの、あの子は」  計算だったのか、とあたしは今更ながら驚いた。ほとんど喋れないからてっきり言語に難があるのかと思ってた。  だけど言われてみりゃ確かにと思える。  あいつ筆談だとちゃんと言いたいこと書き表せるし、こっちの言葉も理解してるもんな。あたしとの会話はまだ少ないけど、母親と話すときなんて割としっかりした口調だったし。 「貴女が普通に出来ることも蓮は出来ないから」 「…………」 「負担が偏らないようにした方がいいと思うの」  ああ、わかる。わかるよ。さすがのあたしでももう理解出来る。オブラートに包んだその言葉が脳内でしっかり翻訳されてる。  “子どもは諦めて”  そう言いたいんですよね?  意味するところは理解していても、あたしの中ではふつふつとやるせなさが込み上げていた。膝の上でぎゅっと拳を握って呻きを押し殺す。  蓮には駄目、蓮には出来ない、貴女何回それを言うんだ。  あたしはいいよ? 三十路(みそじ)手前だから焦って結婚しようとしてんだろって疑われても構わねぇ。子どもも授かればそりゃありがたいけど、絶対いなきゃいけないとは考えてない。  だけど……だけどさ、なんでわざわざ息子の可能性を否定するようなことばかり言うんだよ。なんでマイナスなイメージばかり押し出してくるんだ。悲しすぎんだろ。障害があるからって、なんもかんも出来ないって決めつけるのはどうなんだ。  蓮だって本当は外で働きたいかも知れないし、休日はレジャーを楽しみたいかも知れない、父親にだってなりたいかも知れない。  現状それが難しい訳だけど、なんとかしたいと思ってるかも知れない。  まだまだこれからってことが沢山あるんじゃねぇのか? 可能性を失ってなんかいないはずだ。  ――ごめんなさいね。  悶々としていたところへあの気品溢れる声が届いた。申し訳なさそうな声色に聞こえる。 「蓮が3歳のときに弟が生まれたんですけど、そのときもあの子大変だったから。弟が泣く度に癇癪(かんしゃく)起こしたり、クローゼットに逃げ込んだり」 「そう、だったんですか」 「蓮には傷痕があるの、知ってるかしら」 「はい」  沈黙が訪れてしばらく経ったとき、あたしの胸がどきりと音を立てた。 (あ、やべ)  傷痕。知ってるって即答しちまったけど、あれはなんか、そう、親密なことしないと気付けないやつだ。手が早いって思われちまったか? いや、考え過ぎだよな。本人から話を聞いたってふうにも受け取れるもんな、うん。 「そう、なら話は早いわね」  蓮の母親は少し顎を上に向けて、優しい微笑みを送ってくる。 (うぅっ、やっぱ思われてる……!!)  さすがに確信した。嗚呼、恐ろしや白薔薇の(とげ)。気分はもうアルマジロだ。  しかし重要なのはもちろん、あたしらがどんだけイチャついてたかなんて話じゃない。本題がちゃんとあたしを待っていた。  蓮にそっくりの長い睫毛が頰へ影を落とす。  笑顔の消えた彼女が沈んだ声で切り出した。 「あの子は自分の喉を潰そうとしたの」  あまりにも重苦しい本題を。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ブルーマーメイド

    有原ハリアー

    ♡500pt 2021年4月5日 21時34分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    謎は深まるばかり

    有原ハリアー

    2021年4月5日 21時34分

    ブルーマーメイド
  • ひよこ剣士

    七瀬渚

    2021年4月5日 22時11分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ぺこり

    七瀬渚

    2021年4月5日 22時11分

    ひよこ剣士
  • ブルーマーメイド

    すだチ

    ビビッと ♡300pt 2021年4月5日 20時30分

    《「あの子は自分の喉を潰そうとしたの」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    すだチ

    2021年4月5日 20時30分

    ブルーマーメイド
  • ひよこ剣士

    七瀬渚

    2021年4月5日 22時10分

    すだチさん、お読み下さりありがとうございます! 衝撃的ですよね。こんなこと言われたら凍り付いてしまいます。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    七瀬渚

    2021年4月5日 22時10分

    ひよこ剣士
  • 文豪猫

    岸谷メルカ

    ビビッと ♡100pt 2021年5月9日 0時46分

    《「あの子は自分の喉を潰そうとしたの」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    岸谷メルカ

    2021年5月9日 0時46分

    文豪猫
  • ひよこ剣士

    七瀬渚

    2021年5月9日 21時42分

    お読み下さりありがとうございます!これは耳を疑いますよね……。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    七瀬渚

    2021年5月9日 21時42分

    ひよこ剣士
  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    micyn

    ♡100pt 2021年4月5日 22時30分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鳥肌立った・・・

    micyn

    2021年4月5日 22時30分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ひよこ剣士

    七瀬渚

    2021年4月5日 22時47分

    micynさん、お読み下さりありがとうございます!次回、衝撃的な過去の詳細が明らかとなります……。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    七瀬渚

    2021年4月5日 22時47分

    ひよこ剣士

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 金貨使いの怪人

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    16,450

    250


    2021年6月12日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    941,172

    38,107


    2021年6月2日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくださる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブリンスミード・ストリート

    中年ふたりの青春ロードストーリー

    0

    0


    2021年6月13日更新

    会社をリストラされ、妻と娘にも逃げられた中年男性・シゲさん。 正社員としての雇用を諦め、アルバイトとして入社した古本屋で、同じ境遇の男性、ゲンさんと出会う。 意気投合したふたりは、数十年ぶりに読んだロードストーリーに影響されて中古のオープンカーを購入し、中年男性ふたりは、元気はあるけどあてのないの旅に出る。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • ライラック色の少女たち

    人嫌いの白髪少女と変態淑女の編入生の百合

    118,400

    400


    2021年6月13日更新

    ライラック色の制服がひるがえる全寮制お嬢様学校・聖黎女学園。 白髪の美少女、一条和佐は三年前に嫌がらせのキスでルームメイトを追い出して以来、孤高を貫いていた。 だが、高等科一年を目前に、彼女のもとに新たなルームメイトが現れる。 上野岬と名乗った編入生の少女。彼女が類まれな変態淑女であることを、白髪少女はいまだ知らない……。 ※同人誌・電子書籍で公開した内容と同一です。 ※きわどいシーンには「★」、暴力・残酷描写があるシーンは「☆」をつけています。 ※Web公開に合わせて改行・行間空けなどの仕様を変更しています。 ※イラストはkobuta様(@kobuta0831)によるものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間13分

    この作品を読む