連載中 長編

ひとしれずこそ

作者からの一言コメント

高校2年生の夏休み、俺は恋を自覚した。

高校2年生の夏休み、俺は恋を自覚した。 以来、悠翔を無視し続ける夏由(なつゆき)。 それは、悠翔と関われば関わるほど募る気持ちに耐えられないから。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ひとしれずこそ
作者名 櫻居 惠
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ BL 男主人公 現代日本 シリアス 男子高校生
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年5月16日 20時53分
最終投稿日 2020年7月3日 20時00分
文字数 5,556文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 11件
応援ポイント 8,700pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 雁のたよりまゐらせ候

    ♡58,500

    〇2,300

    エッセイ/評論/コラム・連載中・59話 夜霧醒客

    2020年7月3日更新

    #RTした人の小説を読みにいく という企画を安直でやったところ、100を越えるRTや依頼が来てしまい、引くに引けなくなってしまいました。 元々こういう批評レビューをやってみたかったので、いい機会と思い、来た作品を切捨て御免、マシュごめんする事にしました。 本作はTwitterの発言を加筆・改稿したものです。 妄言・戯言ご容赦。 ※注意※ 文字数の大小に基本的に差異はありません。誤差の範囲です。引用などすると長くなることがあるので、それで文字数が増えている事がありますが、別に贔屓しているというわけではありません。基本的にすべて目を通して評しております。 ※注意その2※ 読み切れないもの、如何にしても批評できないもの(一度やってしまいましたが宗教関係などでは当方の信条もあるのでスルーの可能性があります)、紹介してほしい作品をテンプレ的に送っているなどの理由で、選考から除外していることがあります。あまりに長い作品は読み切れないので、なるたけ短編にしてください。

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡182,300

    〇1,683

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 文章から音が聞こえる、等身大の青春小説

    ♡29,500

    〇361

    現代/青春ドラマ・連載中・198話 譜楽士

    2020年7月4日更新

    高校から初心者で入った吹奏楽部は、女子だらけの部活動だった!? これはそんな主人公・湊鍵太郎の、吹奏楽×青春×成長系×ハーレム?物語。 女の子に囲まれて最高かと思いきや、現実はそんなに甘くなかった。けれども鍵太郎のひたむきさは、次第に周囲の心を動かしていく。 強豪校でもなんでもない、それでも上手くなりたいと願う、普通の吹奏楽部の日常。 新入生勧誘、コンクール、学校祭――その他でも様々な舞台で、練習で。 笑って、泣いて。 楽器をやっている人も、そうでない人も。 これはいつかどこかで経験したことのある、奇跡のような青春の物語。 ※吹奏楽を知らない方でも楽しめるように書いています。もちろん経験者の方もぜひどうぞ! ※小説家になろうより転載です。本編完結済。 ※部活の特性上キャラがとても多いので、前書きに登場キャラ紹介を入れてあります。 ※後書きに使用曲等の参考音源URLあり。

  • 平成最後の夏、何かを成したかったから。

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・2話 今際 夜喪

    2020年7月4日更新

    暗がりを恐れているのか、灯りが恋しかったのか。それとも君も、死にたかったのか。 白熱灯に触れた羽虫は、ジジッとノイズと共に生命を散らして、地に落ちる。イカロスだっけ、太陽を目指してロウで固めた翼を羽ばたかせたのは。少しだけ似ているかもしれない。 いいな。空を掴めない掌で、太陽に焦がれた。遠い、遠い、蒼穹の中の光への羨望は、日に日に募っていく。 きっと、どこかで野垂れ死んでしまう、羽虫のような存在。死んだって誰も気にかけない、ちっぽけな何か。 夏は嫌い。溶けて消えてしまえとでも言いたげな炎天下が嫌いだった。夏休みの宿題を終わらせなければと焦らされる感覚が嫌だった。何かしなければいけない気がする感覚も嫌で、堪らなく嫌いなのに、夏の終わりが来ると、どうしてか寂しくなるのが、何よりも嫌いだった。 ヒグラシの声に、耳を塞ぎたくなる。毎年同じ臭いのする、別の夏を見てきて、思う。 死んでしまいたいなって。 登場人物 日暮 禅/ヒグラシ ゼン 源氏 蛍/ゲンジ ケイ 薄羽 秋津/ウスバ アキツ