現代/青春ドラマ 長編 連載中

ひとしれずこそ

作者からの一言コメント

高校2年生の夏休み、俺は恋を自覚した。

ひとしれずこその表紙

高校2年生の夏休み、俺は恋を自覚した。 高校生の夏由(なつゆき)が恋をした相手は、友人の悠翔(ゆうと)だった。 悠翔からも自分の気持ちからも逃げる夏由。 夏由の態度を不審に思い、夏由から少し距離を取り始める悠翔。 二人は友人ではいられなくなってゆく。 夏休みから始まる、恋と進路に揺れる物語。 スピンオフ「むかしはものを」完結しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ひとしれずこそ
作者名 櫻居 惠
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ BL 男主人公 現代日本 シリアス 男子高校生
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年5月16日 20時53分
最終投稿日 2021年2月4日 20時30分
完結日 -
文字数 19,095文字
ブックマーク登録 17件
コメント 0件
スタンプ 34件
ビビッと 0件
応援ポイント 24,400pt
ノベラポイント 80pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • どこかで起きていそうな、ひねくれた小話。

    ♡33,800

    〇40

    現代/青春ドラマ・連載中・87話・11,637字 Mari

    2021年3月6日更新

    長くても二百文字台の、短いひねくれた話を集めました。 一話完結なので、どこからでも気になる話を読んでいただければ幸いです。 表紙画像はノーコピーライトガールからお借りしています。

  • 「ボクには。名前がないんだよ」

    ♡15,700

    〇110

    現代/青春ドラマ・連載中・10話・37,249字 香澄 翔

    2021年3月6日更新

    大道芸人になろうとして練習を重ねる少年、祐人の元に元気な少女があらわれる。 彼女は祐人の芸の中国ゴマや、人形の腹話術を気に入ってたびたび祐人の練習を見に現れるようになる。 祐人の使う腹話術の人形。しかしそれは本当に意思をもって喋る人形だった。 喋る人形リックは、人形の国から人形達の願いを叶えるために現れていた。 練習する祐人の前にあらわれた少女は「願いごとって何かある?」とたずねる。 祐人は「テレビにでること」と答える。 それはかつて交わした約束を守るため。なくしてしまった願いをかなえるためだった。 少女は「その願い、きっと叶うよ」と笑顔で告げる。 祐人はすっかり親しくなった、でも名前を知らなかった少女に名前をたずねる。 彼女は寂しげな顔で答えた。 「ボクには。名前がないんだよ」 少女はいったい何者なのか。名前がないとはどういう事なのか。 さまざまな「願い事」は叶うのか。 少しだけ不思議な、願いとかすかな恋の物語です。 表紙イラストは当時花柳さぎりさまよりファンアートとしていただいたものを使用させていただいてます。 ちなみに執筆した当時はkanonにはまっていまして、もういろいろ影響受けすぎております……。 その点ご了承いただければとは思いますっ。