エッセイ/評論/コラム 設定・プロット 連載中

創作に使ってほしい科学の話

作者からの一言コメント

ネタにどうぞ

ズヒューン、相手のライフルから発射されたビームが動力源の核融合炉を貫いた。ドカーンという轟音とともにその機体が爆発した。 「野郎!」と仲間の死に激高した彼はその機体を追った。「待て。退け。重力に捕らわれるぞ。」という上官の声は彼の耳には届かなかった。 しばらくすると彼の機体は大気との摩擦で真っ赤に染まった。「しまった。」と彼は思い、引き返そうとしたが強大な重力に逆らうほどの推力は出せない。 機体は崩壊をはじめ、恐怖におののいた彼は「助けてください、少佐!」と叫んだが、通信機能はすでに破壊されていた。 実はこの一文には科学的には正しくない表現が含まれています。 物語だから、フィクションだから、異世界だからで片づけてしまうのはもったいない。 科学的に正しい表現を使うことで、物語に厚みと説得力が出てくるはず。 それに、科学は創作のネタの宝庫と言っても過言ではありません。 「錬金術」など科学そのものです。 科学を知れば物語が生まれてくる。 というわけで、科学オタクのkazura がお送りする科学コラムです。 創作のお役に立てていただけたら幸いです。 とはいえ、科学オタクの私にも得意な分野と不得意な分野があります。 得意…「生物」・「化学」・「地学」・「宇宙」 不得意…「物理(とくに理論物理)」・「数学」 というわけで、数式はほとんど出てきません。数式が苦手な方も安心してお読みください(どうしても必要な時は最低限の数式が出ます)。 ガチ勢の方や専門家の方で間違いや説明不足の点を発見したら、ぜひご指摘ください。 リクエストがある方もどしどしお寄せください。 ただし、分野や内容によってはお応えできないこともあります。 また、難解な言葉や表現は避けて「わかりやすく」を第一にしていますのでどうしても浅くなりがちですが、詳しく知りたいと思った方は各自で調べるか「ここを詳しく」とリクエストをいただければ後にお話しするかもしれません。 ※冒頭の一文は某アニメとは関係がありません。似ているだけです。 ※不定期で気が向いたときに更新

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 創作に使ってほしい科学の話
作者名 kazura
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 科学 ネタ ノベプラ学術会議 ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月7日 17時04分
最終投稿日 2021年1月19日 22時10分
完結日 -
文字数 34,247文字
ブックマーク登録 23件
コメント 52件
スタンプ 89件
ビビッと 15件
応援ポイント 48,680pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ♡2,600

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・8,762字 すず

    2021年1月23日更新

    一条看板という観光地で暮らす青年、歌脇みつば。彼には幼少をすごした雑然とした田舎の想い出と、そこでともに暮らしてきた少女との記憶があった。赤い靴と童謡とハーブティー、不思議なものに魅せられた青年は都会でハイビスカスの王国を見る。

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡129,700

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・62話・215,936字 ぷりん頭

    2021年1月23日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る