文芸/純文学 長編 完結済

傀儡といしの蜃気楼 ~消えた王女を捜す旅からはじまる、夢の世界のものがたり~

作者からの一言コメント

あなたが昨夜見た夢の真相を、ここに。

読了目安時間:12時間51分

総エピソード数:282話

傀儡といしの蜃気楼 ~消えた王女を捜す旅からはじまる、夢の世界のものがたり~の表紙

これは、現実の裏側に存在する、≪夢の世界≫のものがたり。 殺された妹、その無残を乗り越えられずにいた冒険者ラトス。 死の真相を探るべく足掻いた先で、行方不明となっている王女の捜索依頼を受けることになる。 王女の従者メリーを連れて森に入ったラトスは、王女が消えたその場所から夢の世界に迷いこむ。 奇妙がうずまく夢の世界に王女も囚われていると知り、ラトスたちは救出に向かう。しかしそのためには、怪物が巣食う悪夢の回廊を通り抜けていかなければならないのだという。 ラトスは旅の途中で出会った協力者たちの助力を得て、様々な困難を乗り越えていく。 現実とつながっている夢の世界は、様々な思想、感情などで構成されている。 広大な草原に浮かぶ、巨大な岩山。 岩山の中には、現実世界に生きるすべての人間が持つ、個人の夢の世界がある。それらはすべて、個人の記憶、思想、感情で盛衰しつづけている。 個人の夢の世界をつなぐ悪夢の回廊は、悪しき感情で満ちている。 悪から生まれた怪物たちは、悪夢の回廊を通り抜けようとする者に襲いかかる。 さらに、七つの大罪の元となる「八つの悪徳」から生まれた怪物は、猛る爪と牙をラトスたちに向ける。 現実感のある不思議がうずまく、夢幻。 誰もが感じ、夢想した世界が、このものがたりで形となる。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 傀儡といしの蜃気楼 ~消えた王女を捜す旅からはじまる、夢の世界のものがたり~
作者名 遠野月
ジャンル 文芸/純文学
タグ ファンタジー 冒険 魔法 チートなし 身分差 シリアス 王女
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年6月12日 18時52分
最終投稿日 2021年2月28日 10時18分
完結日 2021年2月28日 10時17分
文字数 385,388文字
読了目安時間 12時間51分
総エピソード数 282話
ブックマーク登録 36件
コメント 64件
スタンプ 370件
ビビッと 23件
応援ポイント 191,370pt
ノベラポイント 2,510pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕達だけが死なない世界

    クリスマスイブの夜に、僕は自殺する

    28,100

    310


    2021年11月27日更新

    ある日、鬼塚大和が目を覚ますと世界はおかしくなっていた。 駅のホーム、会社の屋上、マンションの隣の部屋。いたるところで人々が自殺をしていくのだ。しかし誰もが自殺を気に留めることなく「自殺は当たり前のことだ」と受け入れて生きている。友人の自殺を笑顔で見送り、揺れる首吊りロープの横を笑顔で通り過ぎる。 大和は同じくこの世界に迷い込んでしまったという大学生の宮村日向と出会う。数日後に迫ったクリスマスイブをタイムリミットに決め、二人はこのおかしな世界からの脱出を目指す。 二人がこの世界に迷い込んだ共通点。それは「二人共すでに死んでいる可能性がある」ということ。大和は大量のアルコール摂取後に意識を失い、日向は高所から転落してしまってから記憶が飛んでいる。 元の世界に戻ったとしても既に自分達は死んでいるのかもしれない。そう考えた二人は世界の脱出と同時に、死ぬ前にやりたいことを全てやりきってやろうと決める。 消極的で暗い性格だった大和だが、明るい日向と共に行動するうちに、それまで絶望していた人生が段々面白いものだと思えてくる。 大和は元の世界では自殺志願者だった。たとえ元の世界に戻って死んでいたとしても構わない。そう思っていた大和はだんだんと死を恐れ、生きて未来に進みたいと思い始めるが……。 自殺が受け入れられる世界は、恐ろしくも優しい世界だった。 聖なる夜に鳴り響くベル。 脱出を目指すうちに深まっていく二人の絆。 しかし話はそこで終わらない。 彼には「秘密」があったのだ。 BOYSFANコン「お題フリー」参加作品

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 六線譜

    完全新作。どこにも出してないものです。

    106,950

    0


    2021年11月27日更新

    ありもしない。あってはならない。あり得ない話。虚像。 しかしながら、近い未来、起こりうる話。

    読了目安時間:3時間44分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    親友に彼氏ができるのを応援/阻止する為に

    687,700

    46,448


    2021年11月27日更新

    高校二年生の高野凛子(たかの りんこ)はある日の放課後、教室内で騒ぐ男子たちの会話を偶然耳にする。 その際、「クラスのイケメン男子が一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈(らんな)ちゃんに告白予定」との情報を知ってしまう。 凛子は密かにその蘭奈ちゃんに恋心を抱いていたが、親友である彼女にはその気持ちをひた隠しにしていた。 恋する相手が誰かと付き合うのは嫌だ。でも、この感情は決して彼女には伝えられない――! どうするべきか葛藤する凛子の前に、一人の魔女が驚きの提案をもって現れる。 「貴女のその人格を【友情】と【恋心】の二つの人格に分離してあげる! お互い争い合って、各自の望む結末を目指しなさい!」 魔女の提案する争いのルールは以下の通り――。 ・毎朝の起床時にランダムで人格が決まる。選ばれた人格は終日、行動する権利を得る。 ・一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈ちゃんがイケメン男子の告白を受け入れるか否かで勝敗を決する。 凛子は魔女からの提案を受け入れ、 【友情】の人格時には彼氏が出来るように応援し、 【恋心】の人格時には彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた日々を送ることになる。 ――この争いの結末は、魔女も知らない。 ♪♭♪♭♪♭ イラストは小西たま様に制作いただきました。 第22話『勉強会の終わりと、幸せな休息【♪】』のラストシーンです。このエピソードには大きいサイズのイラストを掲載しています。 無断転載・無断利用はしないようお願いします。 ♪♭♪♭♪♭ 私が大好きな要素をたくさん詰め込んでいます! 女の子たちの可愛い仕草や会話、ソフトな百合、心理戦、謎解き、ヒロインの葛藤&成長、そして アツい展開もあります! 毎週 火、木、土、日の 19 :30 頃 投稿予定です! (。・・。)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13時間38分

    この作品を読む

  • 勇者アルテによって魔王は討ち果たされ、世界は平和になるはずだった。 しかし魔王を倒した〝勇者アルテ〟を恐れて人間達は裏切り、アルテを騙して殺してしまう。 だがアルテは瀕死の状態で逃げ延びており、自分が何故か魔王になっているのに気付く。 もう裏切られた人間の世界も今いる魔界も関係ない。 今度こそ自分が平和に暮らすため、魔王も勇者も自分でやればいいと動き出す。 ※カクヨム様、小説家になろう様でも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む