文芸/純文学 短編集 完結済

勇者:「マッチョマンが倒せないッ!?」

作者からの一言コメント

男女平等にマッチョマン!?

気がついたらマッチョがいた。 そしてマッチョはめちゃくちゃ強い。 諦めずに勇者はマッチョに挑戦するけど、 すぐにワンパンされるよ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 勇者:「マッチョマンが倒せないッ!?」
作者名 宇宙ゴミ袋
ジャンル 文芸/純文学
タグ 筋肉 マッチョ プロテイン 勇者 女神 筋トレ ダンベル バーベル プロテイン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月27日 14時42分
最終投稿日 2020年10月15日 0時58分
文字数 8,959文字
ブックマーク登録 4件
コメント 6件
スタンプ 26件
ビビッと 1件
応援ポイント 16,377pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 性を偽り令嬢として生きる錬金術師/BL

    ♡3,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・11,518字 黒鉦サクヤ

    2020年11月27日更新

    耳と尻尾が重要視される世界に、耳なしで公爵家に生まれた男の子。 耳なしは奴隷となるところ、家族ぐるみで隠蔽し性別を女性と偽り国家公認の錬金術師となる。 秘密1:耳がない 秘密2:男だけど公爵令嬢 秘密3:耳なしは子どもが産める 秘密を抱えたまま、耳なしの錬金術師が幸せに近付く物語。

  • うごきだした、ですよ。

    ♡77,470

    〇720

    現代/その他ファンタジー・連載中・35話・72,821字 瀬野荘也

    2020年11月27日更新

    マナの枯渇、魔物の跋扈―― 結界に閉ざされた島国オルゴリアは、とある青少年型マナ発生装置【人工神《フィクライア》】の損傷により、未曾有の危機に立たされていた。 新米調律師である西藤和樹は単身でその修復に挑むものの、世間は新たなる代用品の活用と、人工神《フィクライア》の撤廃へと大きく声を上げていく。 崩壊する身ながらも、未だに役割があると信じている欠陥品。 一線を引こうとしながらも、どこかで切り捨てれない青年技士。 誤魔化し、拒絶し、見て見ぬふりをしたところで、何時かは終わりが訪れる。 手に手を取って、堕ちようか。 土台に貶め、這い上がろうか。 これは、未来を見出せないモノ達の、終止符の向こう側を綴った物語。 ―Attention― ・2019/06/03連載開始 ・新作ではなく、n番目のリメイクです ・多視点群像劇スタイル ・不定期更新 ・この物語はフィクションです。実際の人物や団体や事件などとは関係ありません

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る