宿題合宿3日目

 次の日の朝も、当然のようにバサラは布団から追い出されていた。  ……今日は陽介にベッドを譲ろうか。  家ではベッドだと言っていたし、ベッドから落ちたことはないらしいし。  布団だから寝相が悪くなってしまうのかもしれない。布団だったら落ちても痛くないしな。  俺は昨日と同じように2人にタオルケットをかけると、着替えの服を持ってリビングに向かった。  着替えを済ませて顔を洗うと、朝ご飯を作った。  昨日は和食が好評だったし、今日も和食にしようか。  味噌汁は昨日の残りを出そう。米はまだ残っていたはずだ。あ、でも朝ご飯で全部なくなりそうだな。  俺は米を洗うと、炊飯器に入れてセットした。 「おはよー、清知」 「お? バサラか。おはよう、早いな」  バサラは顔を洗いに洗面所の方に歩いて行った。  ガンッ!  な、なんだ、今日はどこをぶつけたんだ?  俺は心配になったが、焼いている途中の目玉焼きから目を離せなかった。  ケガとかしてないといいけど。  俺は出来上がった目玉焼きを皿に乗せると、一度火を止めてリビングを出た。  廊下に蹲っているバサラを見つけ、駆け寄る。 「バサラ? だ、大丈夫か?」 「う、んー。額ぶつけちゃったー」  半泣きで俺を見上げるバサラに、顔を洗ってリビングに来るように言った。  俺は自分の部屋に行きハンカチを持ってくると、保冷剤をそれで巻いた。  リビングに入ってきたバサラに、保冷剤を巻いたハンカチを渡す。 「これで冷やしてろ」 「うん。ありがとー」  バサラに寝起きに顔を洗いに行かせないほうが良いんだろうか……。  でも顔を洗って戻ってくるころには、目が覚めてるみたいなんだよな。 「おっはよー! って、バサラ!? でこ、どうした?」 「さっきちょっとねー、ぶつけちゃったんだー。痛かったー」  ふわっと笑うバサラに、本気で心配している陽介。  この温度差……。  俺は朝ご飯の支度を終わらせると、席に着いた。 「朝飯食おうぜ」 「おう。今日もありがとな。いただきます!」 「いただきますー」  俺たちは朝ご飯を食べながら、今日見た夢の話で盛り上がった。  その中で一番面白かったのは、陽介の見た夢だった。 「俺と清知で一緒に遊んでたんだよ。そしたらバサラが来たんだよ」  そこまでは普通だ。 「そしたらさ、バサラが急に変身しだして。あの戦隊アニメみたいな感じで。で、清知が悪いやつだから離れろって俺に言ってきたんだよ。だからそんなことないぞ、って言ったら、なぜかバサラが俺に殴りかかってきたんだ」  もうこの時点で意味が分からない。 「だから俺も変身してさ、バサラを蹴っ飛ばしたわけ」 「あー。それで夜中に蹴られたのか……」  このバサラの一言で、俺はフハッと吹き出してしまった。  だから布団から追い出されてたんだな。  ってか、なんで陽介が変身してんだよ。 「陽介、この前の日曜日に戦隊アニメでも見たのか?」 「見てねぇよ! 最後にみたの先月だもん」  見てんじゃねぇか。  これにはバサラも一緒になって笑いだした。  朝ご飯の片付けはバサラと俺が担当した。陽介は昨日と同じように寝癖を戻しに行っている。  その代わり、今日の昼と晩の片付けは俺がやる、と言っていた。  陽介が戻ってきてから、また宿題を始める。  俺はあと国語のワークと数学が残っていた。  今日は数学を進める。  昼ご飯まで宿題を進め、お昼にはサンドイッチを作った。  お菓子は作らなかったけれど、一昨日と昨日の残りをおやつの時間に食べた。  そのあと、夕方まで宿題をやる。  バサラはすべての宿題を終えて、俺に数学を教えてくれた。 「ヘイ清知! 国語が分かりません!」 「どこだ?」 「ってかこれ読めないんだけど」  陽介が指を指した場所を見る。鍛錬。たんれん。 「きんれん?」  ブフッ  違う、今吹いたのは断じて俺ではない。 「バサラは読めんのか!」 「たんれん」 「正解」 「……」  黙って真顔で頬を膨らませる陽介に、俺とバサラは揃って吹き出してしまった。  俺とバサラの笑いが終わった後、陽介を見ると、また真顔で頬を膨らませた。  また吹き出した俺たちで遊んでいるようだ。 「笑いすぎだろ!」 「だって、その顔!」  俺の隣で、バサラは言葉を発せないほどに笑っていた。  "面白い"  心の声を聞いたまま、俺は笑っていた。  こんな風に笑うことがなかったから、今までほとんど動かしてなかった表情筋が痛い。 「ふぅ……。疲れた」  俺はもう陽介の方を見ないようにして、数学の問題を解く手を動かし始めた。  ちょうど切りのいいタイミングで顔をあげ、時計を見た。 「あ、もう4時じゃん!」 「ん? なんかあんの?」 「今日買い物に行こうと思ってたんだよ」 「まじか。俺も一緒に行く。荷物持ちやるわ」  一緒に行ってくれるという陽介に、ありがたく頷いた。  バサラには留守番を頼む。 「俺の部屋の本、好きなの読んでていいぞ」 「本当? やった。いってらっしゃーい」  玄関で見送ってくれるバサラに手を振り、俺たちは少し早歩きでスーパーに向かった。  なるべく早く帰ってこよう。 「今日の晩飯は?」 「シチュー、カレー、ステーキ、魚、ドリア……。どれが良い?」 「ドリアって、どんな?」 「ミートドリア?」 「あ! 俺それが良い!」  スーパーに着くと、ミートドリアに必要な材料をかごに入れていく。  それから、冷蔵庫になかった野菜や、美味しそうな果物もかごに入れて、レジに並んだ。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最弱にして、最強の転生者唯一の【天敵】

    ♡257,600

    〇13,810

    異世界ファンタジー・連載中・17話・72,906字 おむすびころりん丸

    2021年1月25日更新

    ごく普通の高校生「転生 キラ(てんじょう きら)」は、ある日事故に遭いその命を失った。 しかし、目覚めた先で転生するキラ。 そこに現れる転生の神「女神ルディア」 最強の能力を渡されると思いきや、そこで渡された意外な能力とは…… 転生しても、主人公は最弱! しかし、あらゆる異世界に蔓延する、最強無敵の転生者達唯一の"天敵" 努力もせずに、転生しただけで全てが手に入る。 そんなチート転生者を女神と共に裁きまくる! ざまぁ満載の気分爽快、異世界ファンタジー! ⭐️一話に多くの自作挿絵を利用してます。ラノベやノベルゲーム好きな方にはお勧め! ⭐️各話の最後に女性キャラのサービスショット付! ※第一話からです。 ⭐️挿絵掲載はノベルアッププラスのみ! ※カクヨムにも挿絵無しで掲載しております ※挿絵は全て、フリー素材や二次利用可能なツールを使って作った自作のものです。 ※1/21 タイトル前のキャッチコピー変更してます。

  • 12月1日第5巻発売です!!

    ♡2,508,085

    〇31,624

    異世界ファンタジー・連載中・178話・1,945,287字 サイトウアユム

    2020年12月2日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 様々な短いお話詰めました。

    ♡2,600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話・12,458字 紗倉雨

    2021年1月26日更新

    これは使用者の願いを叶えるボタン。 どんな願いもどんな夢も、一瞬で叶う素敵なボタン 『魔法のボタン』 甘い、甘い花の味。体に良いとは限らない。 『甘い蜜を吸う』 恋も愛も下らない。そんなもの、ただの「バグ」である。 『システムエラーは突然に』 愛しい愛しい人の子よ。どうか、其の生に幸あれ。 『魔女は誕生祭の夢を見る』 どこまでも灰色で、無味乾燥。世界は、人生は、どうしようもなくつまらない。 そう思っていた。 『青い春の唄』 拒むより、流された方が楽である。優しいと、評価されるお釣り付き。 『駄目なひと』 2人で逃げよう、どこまでも。 耳の聞こえない少年と、目の見えない少女の物語。 『逃亡』

  • 近未来魔法界ファンタジー(多分)

    ♡17,850

    〇5

    現代/その他ファンタジー・連載中・61話・141,839字 霜山蛍

    2021年1月26日更新

    2058年、魔法界。『スカイラド計画』の発足から62年たった今、人工島群『スカイラド』の人口は250万人を迎えていた。魔道の最先端の地、それがスカイラドであり、人と人は物語を紡ぎ出す。 そんな海上都市に住む女子高生、ミシェル・ローウィラーは憂いていた。できない実技と、不得意な人間環境と、退屈な日常とに。 これは、そんな彼女の物語。 以下 各章あらすじ 1章 ある日、図書館で学園長から渡された1枚のパンフレット。それが、私を大きく変化させるきっかけとなる。その次の日私は、ひょんなことから実学の模擬戦闘で、高飛車お嬢様のセシリア・ノックスと対峙することに。実力差はかなりのもの、評価の為にも全力を尽くすが......。大小様々な変化が、物語を紡ぎ出します。 2章 スカイリアに知識を求めて第一島にやってきた私は、とある少年、Kと出会う。少年の手の甲には謎の文字が刻印しており、私は嫌な予感を覚えて彼と共に.......。偶然と些細な行動が、その後を大きく変化させるのです。 3章 Kの1件で私の安全を保証するため、クラスメイトのリックが私のボディーガードになることに。けれど異性との距離の測り方など知るはずもなく......。 そしてもう1人、私のせいでクラスメイトからハブられてるティリエ。私は彼女に接近するも、拒否の姿勢を取られ......。まずは一度、立ち止まってみるのも良いでしょう。 4章 避暑も兼ねて実家に帰り、ゆっくりとする――なんて心づもりははなからなけれど、まさかリックも一緒に来るとなれば、また話しが変わる。 久々に会う姉と、母と。私は私の想いを伝えるため、静かに葛藤するのでした。 ※一応縦書き読み推奨です