現代/青春ドラマ 短編 完結済

シアワセニナッテハイケナインダヨ

作者からの一言コメント

「私は妹を殺したの」

外回り営業の途中で立ち寄った公園。そこでぼくは砂場で遊ぶ母娘を見かけた。公園のベンチでそれを見るともなく見ていたぼくは昔のことをふと思い出す……。 【他サイト重複掲載】

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 シアワセニナッテハイケナインダヨ
作者名 yaasan
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 男主人公 現代日本 日常 ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月8日 12時27分
最終投稿日 2021年4月8日 12時40分
完結日 2021年4月8日 12時24分
文字数 2,512文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ただ将棋をして話すだけ

    こんなのんびりした将棋もまた将棋

    59,100

    110


    2021年4月18日更新

    毎週金曜日、深夜、大学の休憩スペース。僕は師匠と話をしながら将棋を指す。師匠はいつもつかみどころのない女性。何を考えているのか、僕にはよく分からない。でも、将棋が好きなことだけは知っている。 ゆっくり、穏やかに流れる二人の間の時間。殺伐としない将棋は、こんなにも美しく、愛おしい。 師匠と僕の将棋の様子をたんたんと描いていきます。対局の描写が中心に描かれることは無いので、将棋を知らない人でも、楽しめる作品となっています。

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • 先輩と僕と青の空。

    初投稿でドキドキです。感想お待ちしてます

    0

    0


    2021年4月18日更新

    先輩と僕が屋上で贈る青春の一ページ。何て事無い変哲な日々。先輩の過去、二人の出会い。“僕”にとって先輩は、居なくてはならない存在だったんだ。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む