連載中 長編

みんなのサスペンス∞ニート刑事~無職心理捜査官

作者からの一言コメント

みんなのサスペンス!でも、推理はないよ!

 ニートとは、英語でNot in Education, Employment。  就学、就労、職業訓練のいずれも行っていないことを意味する。  日本では、15~34歳までの働かず、通学や家事を行っていない若い無職の人のことを言う。  ニートが増えることを危惧した政府はニート撲滅委員会を結束し。  ニートに適材適所な仕事を与えることにした。    久留里(くるり) 大輔もそのひとりだった。  大輔のもとに委員会から一通の書類が届く。  その書類は、大輔がひらかた警察の特殊課へと配属されることが決まったことを伝えるものだった。  大輔に拒否権はない。  大輔は、静かにうなずき。  それに従った。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 みんなのサスペンス∞ニート刑事~無職心理捜査官
作者名 おねこ。
ジャンル ミステリー
タグ サスペンス ミステリー 超能力
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年7月28日 19時36分
最終投稿日 2020年5月16日 14時27分
文字数 85,510文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 監禁、学校裁判、新感覚ミステリー

    ♡5,300

    〇10

    ミステリー・連載中・11話 正崎ゆら

    2020年6月6日更新

    のどかな東北の黒沼村。そこで一人の小学生が惨殺された。 そして、中学生達を乗せたバスが断崖絶壁から落ち、全員が死亡した。 この村の全権を握る玄蔵は、これは天狗の悪霊が人間に憑依し、その人間が殺人を犯したのだと断定した。 天狗は、15歳から18歳までの女子に憑依しやすいとの文献を見つけた玄蔵は、この村の高校生達を学校に監禁、幽閉することにした。 そこで、魔女狩り裁判ならぬ、天狗狩り裁判が行われる。 高校生達が、毎日、誰か一人天狗か、殺人犯と思しき人物を差し出していかねばならなくなった。 牢獄化した高校からは、最早、脱出不可能。 こうして、日一日と犠牲者を出しつつ、高校での犯人捜しの裁判は続いていく。 イラストはニコニコのフリーアイコン「黎(クロイ)さん」のフリーアイコンです。

  • グレーゾーンの出来事を解決、その5。

    ♡11,400

    〇0

    ミステリー・連載中・11話 御 一

    2020年6月6日更新

    インターネット上に密やかに存在するそれは「灰色のページ」と呼ばれていた。 特殊な状況、問題、現象、事件に困った人間が検索を繰り返すとある時、たった一ページだけがヒットする。 「灰色の問題でお困りですか?」 そのページをクリックすると進むのは真っ白なページに一文。 「誰にも理解されない問題でお困りでしたらその内容をご記入し、送信ください。当方の範疇に当てはまるものである場合、あなたをお助け致します」 そうして状況を送信すると返信が返ってくる。そうして、理解不能な出来事を解決してくれる者が現れると。 ※ 「灰色」を生業とする日昏マチと佐久間カケル。彼らの元に入った依頼は「奇妙な夢を見る」というものだった。 ある日を境に、依頼人は「同じ夢」を見るようになった。 それは彼女にとっては「同じ夢」ではあるが、内容が都度違う。同じ場所で同じ行動をする自分と、違う対象。 次第に気味の悪いものへと変化していく夢に違和感を感じ、彼女は依頼をしたのだった。 しかし、引き受けたマチが受けた印象は何故か、気味の悪さを感じる彼女とは正反対のものを感じ取っていた。 ――これはヒムラがマチと出会う少し前のお話。 ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。