文芸/純文学 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

私。

作者からの一言コメント

蝉のはなし。短いです。

読了目安時間:1分

総エピソード数:1話

蝉。

総エピソード数:1話

  • 私。
  • 投稿日2021/11/14 13:15 文字数613文字

作品情報

作品名 私。
作者名 めろんバー
ジャンル 文芸/純文学
タグ ほのぼの ギャグ 日常 哲学
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月14日 13時15分
最終投稿日 2021年11月14日 13時16分
完結日 2021年11月14日 12時59分
文字数 613文字
読了目安時間 1分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少年。

    愉快そうだね。

    1,400

    0


    2022年5月22日更新

    「愉快そうだね」 あの人は、皮肉交じりにいつもそう告げた。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 赤を囲う

    その日、兄が飛び降りた。理由は知らない。

    100

    0


    2022年5月22日更新

    登校拒否の女子高生が、兄の自殺未遂をきっかけに外へ出ていく『眼下の緑』。 プロポーズ四連敗中の新米警察官が、原因を探して奔走する『祈りは純白』。 スランプの作家が、ファンを名乗る有名人に家まで押しかけられる『桜色ポラリス』。 生まれつき茶髪の教師が、職員間いじめに巻き込まれていく『青い教室』。 二十九歳無職の青年が、見知らぬ女に心中を持ちかけられる『赤を囲う』。 感性。出生。性愛。外見。疾病。「普通」でないから「世間」から隔たれるのか。自問し続ける人たちが、自分の色と在り様を見つけていく短編集。

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    455,300

    14,600


    2022年5月17日更新

    厳寒の港町。 青年アルマスは、爆撃に巻き込まれた姉を救うためドラゴンになった。 しかし、姉は自身の手記の中で、アルマスを『邪悪なドラゴン』と呼ぶ。 悲しみから数多くの過ちを犯し──二千年後、彼は一人の少女と出会うことになる。 なぜ姉はアルマスを受け入れなかったのか。 なぜアルマスは二度も戦争を起こしたのか。 何も知らない少女が、青年を救うまでの物語。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間15分

    この作品を読む

  • あすのあなたに、またあした。

    昔話。それは切なくて優しい恋の話だった。

    34,800

    800


    2020年8月16日更新

    「昔々、那須塩原のあたりには、『次郎兵衛大蛇(じろべえおおへび)』と呼ばれる龍が住んでいました──」 舞台は、魔法や龍が存在する世界。 昭和19年、少女は東京から那須塩原へと集団疎開した。そこで彼女は、龍になったきり人の姿に戻れず山中を彷徨っていた青年と出会う。 異形であることを嘆いて人を拒絶する彼に、少女はただただ会いに来た。何度も、何度も。 「またあした」 これは、二人が約束を交わし続けた、想い出の物語。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む