SF 短編集 連載中

錆を花にあげよう

作者からの一言コメント

浄化された先の世界の小さなお話

天寧霧佳の短編集です。 様々なジャンルの短編のお話を置いておきます。 不定期更新。 やがて消えゆく世界を踏みしめて、今日も私達は歩くのです。 イラスト:兎家しぇる蔵 https://twitter.com/Shelldy_h [2020/05/19] BOOTHにて、「錆を花にあげよう」第1集、紙媒体の同人誌として販売中です。 https://amanekirika.booth.pm/items/2082081 是非この機会にお手にとっていただければ幸いです。 pixivFACTORYからの製本、発送になります。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 錆を花にあげよう
作者名 天寧霧佳
ジャンル SF
タグ シリアス 未来 ロボット サイバーパンク スチームパンク 短編 オムニバス
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月31日 13時55分
最終投稿日 2020年11月30日 23時25分
完結日 -
文字数 68,142文字
ブックマーク登録 20件
コメント 25件
スタンプ 150件
ビビッと 1件
応援ポイント 201,500pt
ノベラポイント 524pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年1月19日更新

    AIが対処できる業務内容。プレイヤーとほとんど変わらない立場。ただAIたちにいじられる日々。管理人(バイト)の少女は思っていた。 これ私いらないんじゃね、と。だったら普通にゲームやりたいよ、と。 だが、平穏を望む少女の思いとは裏腹に目覚めるワールドエネミー。化け物じみた反射神経によるプレイヤースキル。管理人なのに大ボス討伐に挑んでいる現実。偶然出してしまったユニーククエストから連鎖するユニーク。何故か仮想現実で起爆する幼少期からの因縁。 それらが絡み合って、少女はズルズルとゲームの最前線のさらに先へ引きずられていく。管理人なのに。 *小説家になろう様でも先行投稿しています。 *投稿分に追いつくまで一日複数回投稿しています。

  • 読めば宇宙が好きになる

    ♡5,400

    〇0

    SF・連載中・8話・28,312字

    2021年1月19日更新

    土星探査へと向かうカッシーニと相棒のホイヘンス カッシーニが土星へと向かう途上で見る夢に込められた宇宙開発に関わる者たちの夢と希望 彼らは土星に到着し探査は成功するのか そして無事に地球に帰還することはできるのか 夢見る惑星探査機の冒険物語 ※注意 ・宇宙や宇宙開発に関する専門用語が出てきますので、解説編を同時進行で公開します。 ・科学考証は十分に行なっていますが、間違いがありましたらコメントを頂けると助かります。 ・フィクションです。実在する人物、組織、出来事とは関係ありません。 ・以下の要素はありません。 異世界、チート、特殊能力、ハーレム、悪役令嬢、もう遅い ・途中で終わってしまうことはありません。完結します。 ・画像はNASAの著作権フリーのものを使っています