SF 短編集 連載中

錆を花にあげよう

作者からの一言コメント

浄化された先の世界の小さなお話

読了目安時間:2時間31分

錆を花にあげようの表紙

天寧霧佳の短編集です。 様々なジャンルの短編のお話を置いておきます。 不定期更新。 やがて消えゆく世界を踏みしめて、今日も私達は歩くのです。 イラスト:兎家しぇる蔵 https://twitter.com/Shelldy_h [2020/05/19] BOOTHにて、「錆を花にあげよう」第1集、紙媒体の同人誌として販売中です。 https://amanekirika.booth.pm/items/2082081 是非この機会にお手にとっていただければ幸いです。 pixivFACTORYからの製本、発送になります。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 錆を花にあげよう
作者名 天寧霧佳
ジャンル SF
タグ シリアス 未来 ロボット サイバーパンク スチームパンク 短編 オムニバス
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月31日 13時55分
最終投稿日 2021年6月22日 23時23分
完結日 -
文字数 75,252文字
読了目安時間 2時間31分
ブックマーク登録 22件
コメント 25件
スタンプ 162件
ビビッと 1件
応援ポイント 215,200pt
ノベラポイント 754pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アンタとはもう戦闘ってられんわ!

    熱血!爆笑⁉ロボットものです

    102,600

    657


    2021年8月4日更新

    時は21世紀末……地球圏は未曾有の危機に瀕していた。人類は官民を問わず、ロボットの開発・研究に勤しみ、なんとかこの窮地を脱しようとしていた。 そんな中、九州の中小企業である二辺工業の敷地内に謎の脱出ポッドが不時着した……。 爆笑必至の新感覚ロボットバトルアクション、ここに開戦! ※ちなみに『戦闘って』と書いて『やって』と読みます。お願いします。 2021年4月22日、日間ランキング、総合・ジャンル別ともに1位! 皆様のおかげです! ありがとうございます!

    読了目安時間:4時間46分

    この作品を読む

  • SLUMDOG

    生きるために戦う、少年達の軌跡

    1,019,500

    5,920


    2021年8月4日更新

    時は第二次科学戦争末期。 スラム街の極東イグルスに住む少年ショウ・マクレイア(12歳)は幼い弟妹たちのために、幼馴染のソルクスと共に少年兵として生きていく事を決意する。 これは、過酷な戦場を生き抜いた少年たちの物語。 ※pixiv小説、小説家になろうにも掲載されております。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ~連載日程~ 毎週水曜に最新話が更新されます! 週1更新となりますが、ごく稀に記念小説など掲載する際など週2になる場合がございます。 何卒、よろしくお願い致します。 挿絵協力:野武丞 様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:30時間31分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ゾンビの王冠

    脳味噌正常ゾンビのゾンビサバイバル始動

    44,300

    1,425


    2021年8月3日更新

    ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。 いや、本当にそうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 終末街の無軌道少女隊~ゾンビや化物が跋扈する封鎖された城郭都市で、重犯罪人の女性たちが好き勝手に生き抜くそうです~

    反社会派web小説の金字塔!(独断)

    100

    0


    2021年8月3日更新

    これは一癖も二癖もある元女囚人達と、集団唯一の良心である一般人の少女が、何にも囚われず好き勝手に生きる新感覚日常物語である。 時をさかのぼること数年前、世界屈指の犯罪大都市に、突如として摩訶不思議な力を行使する異形の化物共が現れる。 囚人街と蔑まれた都市は、一夜にして終末街へと早変わりをした。 事態を重く見た時の政府はすぐさま軍隊を投入するも、じわじわ被害が拡大していく。 時を同じくして、各地から信じられない報告が相次いだ。なんと哀れな犠牲者達が再び起き上がり、仲間であるはずの人間を次々と襲い始めたというのだ。 後にゾンビ症と呼ばれ、意思を持たぬはずの死体が空腹に突き動かされ、新鮮な人肉を求め彷徨い歩くという、未だかつて人類が経験した事の無い最悪の事態だと判明する。 あまりの被害の大きさに政府は即応集団のみならず、各地方面軍を招集。次いで国際社会の呼びかけ応じる形で、多国籍連合軍を結成した。更には足りない人員を埋めるため、減刑を餌に囚人をボランティアと称し当該地域へ投入する事で、事態の収拾に当たっていた。 しかしなんの成果も挙げられず、ゆっくりとだが確実に被害地域は広がっていった。 一進一退の攻防を続けて約一月。遂に最終防衛ラインが都市外部へと差し掛かろうという所で、世界と都市の人々の運命を決定付ける、ある決断が下された。 化物の進行を止めるため、政府によって秘匿されていた独立特務機関である『九曜機関』の手によって、荒端境と呼ばれる大結界を使い、都市ごと化物とゾンビを隔離したのだ。数万人の生存者を残したままに。 その後すぐに、万が一に備え建てられた、通称『隔絶の城壁』で都市周囲を完全に封鎖。この壁によって化物の進行を防いでいると、表向きには発表されていた。 そして現在。都市に点在する生き残り達の集落から離れた、小高い丘の上にある豪邸。そこでは政府から見捨てられた数人の女囚人たちが、身を寄せ合って共に過ごしている。 様々な事情を抱える彼女達だが、今日も地獄の一丁目で、現状に折り合いをつけ生活しているのだった。 不幸と騒乱を、周囲にまき散らしながらであるが……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む