SF 短編集 連載中

錆を花にあげよう

作者からの一言コメント

浄化された先の世界の小さなお話

読了目安時間:2時間38分

総エピソード数:30話

錆を花にあげようの表紙

天寧霧佳の短編集です。 様々なジャンルの短編のお話を置いておきます。 不定期更新。 やがて消えゆく世界を踏みしめて、今日も私達は歩くのです。 イラスト:兎家しぇる蔵 https://twitter.com/Shelldy_h [2020/05/19] BOOTHにて、「錆を花にあげよう」第1集、紙媒体の同人誌として販売中です。 https://amanekirika.booth.pm/items/2082081 是非この機会にお手にとっていただければ幸いです。 pixivFACTORYからの製本、発送になります。

前へ

1-30

次へ

前へ

1-30

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 錆を花にあげよう
作者名 天寧霧佳
ジャンル SF
タグ シリアス 未来 ロボット サイバーパンク スチームパンク 短編 オムニバス
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月31日 13時55分
最終投稿日 2021年10月21日 2時24分
完結日 -
文字数 78,863文字
読了目安時間 2時間38分
総エピソード数 30話
ブックマーク登録 21件
コメント 25件
スタンプ 171件
ビビッと 1件
応援ポイント 226,500pt
ノベラポイント 863pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鋼女神話アサルトアイロニー

    次回、最終回

    18,400

    60


    2021年10月22日更新

    「あの女の涼しい顔吹き飛ばすために決まってんだろ!」 各国のAI競争の末に勃発した第三次世界から数十年。人類が生存の希望に開発した人工知能が牙を剥く! 人工知能の襲撃から人々を守る民間軍事企業ヴァルハラの若きエースである鬼丸紅蓮、クリスタ・リヒテンシュタインは、互いに切磋琢磨しながら陸上戦闘機に跨り闘いを繰り返す。 職員の裏切りによって本部を追放された鬼丸は、地図にない島カイナ島にて、この戦いの黒幕を知る。 相手は神同様の力を有する超級AI「ユグドラシル」。神殺しを目論む鬼丸に、新たな力が目覚める海上編も、間もなくクライマックス! 小説家になろうでも連載中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15時間30分

    この作品を読む

  • ムーン・セイヴァーズ

    僕らは生きる、この戦いの宇宙で

    2,800

    15


    2021年10月22日更新

    『ムーン・セイヴァーズ』 それは滅亡の危機に瀕した人類を救うため、戦闘用のロボットに乗って宇宙で戦う――そんな世界観を持った、オンラインマルチプレイ対応の、フルダイブ型VRアクションゲームである。 とある片田舎の高校に通う高校生、木原開人は、そのゲームを毎日熱心に遊んでいた。 たったの十二人しかいない、自身のクラスメイト達と共に。 自らの置かれた、その状況が―― あまりにも不自然なものである、と一切気づくことのないままに…… ※とある特殊な状況に追い込まれた、十二人の高校生の戦いを描く物語です。 バトルあり、恋愛あり、少しだけミステリアスな要素もあり、という作品になっています。 ※毎日20時に更新中

    読了目安時間:9時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 終末街の無軌道少女隊

    反社会的web小説の金字塔!(独断)

    51,600

    4,622


    2021年10月22日更新

    これは一癖も二癖もある元女囚人達と、集団唯一の良心である一般人の少女が、何にも囚われず好き勝手に生きる新感覚日常物語である。 時をさかのぼること数年前、世界屈指の犯罪大都市に、突如として摩訶不思議な力を行使する異形の化物共が現れる。 囚人街と蔑まれた都市は、一夜にして終末街へと早変わりをした。 事態を重く見た時の政府はすぐさま軍隊を投入するも、じわじわ被害が拡大していく。 時を同じくして、各地から信じられない報告が相次いだ。なんと哀れな犠牲者達が再び起き上がり、仲間であるはずの人間を次々と襲い始めたというのだ。 後にゾンビ症と呼ばれ、意思を持たぬはずの死体が空腹に突き動かされ、新鮮な人肉を求め彷徨い歩くという、未だかつて人類が経験した事の無い最悪の事態だと判明する。 あまりの被害の大きさに政府は即応集団のみならず、各地方面軍を招集。次いで国際社会の呼びかけに応じる形で、多国籍連合軍を結成した。更には足りない人員を埋めるため、減刑を餌に囚人をボランティアと称し当該地域へ投入する事で、事態の収拾に当たっていた。 しかしなんの成果も挙げられず、ゆっくりとだが確実に被害地域は広がっていった。 押されつつも一進一退の攻防を続け約一月。遂に最終防衛ラインが都市外部へと差し掛かろうという所で、世界と都市の人々の運命を決定付ける、ある決断が下された。 化物の進行を止めるため、政府によって秘匿されていた独立特務機関である『九曜機関』の手によって、荒端境と呼ばれる大結界を使い、都市ごと化物とゾンビを隔離したのだ。数万人の生存者を残したままに。 その後すぐに、万が一に備え建てられた、通称『隔絶の城壁』で都市周囲を完全に封鎖。この壁によって化物の侵攻を防いでいると、表向きには発表されていた。 そして現在。都市に点在する生き残り達の集落から離れた、小高い丘の上にある豪邸。そこでは政府から見捨てられた数人の女囚人たちが、身を寄せ合って共に過ごしている。 様々な事情を抱える彼女達だが、今日も地獄の一丁目で、現状に折り合いをつけ生活しているのだった。 不幸と騒乱を、周囲にまき散らしながらであるが……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • 日刊ソメヂメス劇場

    鍛錬企画「毎日書き物メソッド」参加作品

    65,773

    7


    2021年10月22日更新

    五色ひいらぎ様の鍛錬企画「毎日書き物メソッド」に参加させていただきます。出来れば毎日ジャンル不確定で思いつきのような掌編を更新したいと思います。さらっと読める文字数ですのでお付き合いいただければ幸いです。 都合により毎日更新出来なかったらごめんなさい。

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む