錆を花にあげよう

読了目安時間:5分

短編 22

聖なる騎士

ガレキの山が広がる中、二人の「騎士」はその中で静かに対峙していた。 騎士。 そう呼ばれていた。 人間の生きた脳をシステムの制御機構として使用した、生体機械。 人工筋肉と強化外骨格に覆われた巨大な体躯。 さながら中世の兵士が纏った鎧のような外見をしている、「生きた鎧」……それが、騎士だった。 人間のアンドロイド化の一端として開発されていたものだが、結果として戦場ではかなりの戦果を上げていた。 その理由は、人間の脳部をそのまま人体を模した「人工人体」に組み込むことにある。 ヒトというのは不思議なもので、制御機構として機械に体を組み込むと、必ずどこかしらの動作でエラーを起こす。 完全に脳部までもをアンドロイド化してしまえば解決するかというと、そうではない。 原因不明のエラーにより、遅かれ早かれ、大概は暴走して自壊をしてしまうのが、現状の研究が辿り着いた結果だった。 騎士はそれとは違い、機械で構築された「人体」と同じ構成のパーツに脳部を組み込む。 それにより、機械と人体の融合をよりシームレスにできる。 暴走する確率も、アンドロイド化手術より少ないと言われていた。 「黒騎士」が現れるまでは。 ◇ ガレキとなった、かつて街があった場所を踏みしめ、黒い強化外骨格を纏った「彼」が動き出す。 片手には装甲車両も破壊する大型の連想銃。 もう片方には高分子振動を起こし、硬化カーボンも切断する大型のサーベルを装備している。 黒騎士だった。 周囲には、胴体から両断されて頭部……つまり脳を潰されて動作を停止した、仲間だった「騎士」達が数体転がっていた。 今は、「私」は呼吸をすることはない。 汗をかくことも、緊張により震えることさえも機械制御でなくなっている。 そう、私は「騎士」だ。 真っ白い強化外骨格の自分の体を、カメラアイで見る。 そして、ゆっくりとこちらに向けて侵攻を再開した黒騎士に視線を向けた。 そうだ、私はもう守られる脆弱なヒトではない。 あの黒騎士を破壊することのできるスペックを持つ、「生体兵器」なんだ。 『退却だ! これ以上部隊に損害を出すわけにはいかない!』 遠距離から司令官が、脳内スピーカー越しに大声を送ってくる。 退却……? 冗談ではない。 私は、この時、この瞬間を待ち望み。 この時間のために全てを捨て。 人間であることを、辞めたのだ。 手に持った単分子サーベルを両手で構え直し、私は脳内で戦闘プログラムを起動した。 視界がクリアになり、雑念が消える。 もともと無力だったはずの、ただのヒトだったはずの私が生体兵器へと変貌を遂げる瞬間。 脳内プログラムに命じて、戦闘システムを、あらゆる想定されるパターンで全て、次々と解除をしていく。 そうだ。 私は無敵だ。 そのためにヒトを捨てたのだから。 だから。 逃げる訳にはいかない。 退却する訳にはいかない。 この瞬間の為に、「生きて」きたんだ。 通信を遮断する。 喚いている司令官の声が聞こえなくなる。 私は、ゆっくりと侵攻を続ける黒騎士に対して、声を発した。 「……すぐに、楽にしてあげるから」 地面を蹴る。 私の鈍重な体躯が宙を舞い、数メートルもの距離を放物線を描いて跳躍した。 そして黒騎士に躍りかかる。 殺意。 明確なそれを持って振り下ろした単分子サーベルは、黒騎士が片手で振ったサーベルに簡単に受け止められた。 衝撃音と衝撃波が周囲に広がる。 単分子振動をしている物体が衝突したのだ。 重機で殴りつけられたかのような衝撃が体中に広がり、異常なショックを示すアラートが脳内で鳴る。 躍りかかった私は、しかし反対方向に跳ね飛ばされた。 ヒトならば腕が千切れている衝撃だ。 しかし強化人体はそのショックに耐えた。 黒騎士も後方に滑るように押し出されている。 重量は私の方が、圧倒的に軽い。 「彼」は重装甲タイプ。 私は軽装甲、対極だ。 空中を回転して、地面を滑りながら着地する。 そして腰からマガジンと短銃を抜き放ち、セットと同時に黒騎士に放った。 放たれた榴弾は全て黒騎士の頭部に、正確に吸い込まれて炸裂する。 しかし爆炎を上げながらも、相手は足を踏み出した。 ゆっくりと片手の巨大連想銃がこちらを向くのが見えた。 無傷。 榴弾では駄目だ。 やはり、近づいてサーベルで脳部を叩き斬るしかない。 そう考えた瞬間、黒騎士の連装銃が火を噴いた。 避けた、と思った時には遅かった。 雨嵐と通過した銃弾の群れが、私の左腕を肩部から薙ぎ払った。 痛みはない。 しかし、左腕が肩から吹き飛ばされた異常を示すアラートが鳴り響き、視界の脳内スクリーンに、損傷の重度率と割合が表示される。 軽く舌打ちして、無事な方の右手で握っていた短銃を投げ捨てる。 そしてもう一度、単分子サーベルを握り、起動させた。 超高速振動をする刃を黒騎士に向け、私はガレキを蹴ってその場を転がった。 今まで私がいた場所を、再度連想銃の群れが通過する。 強力な武装だ。 まともに受ければ、騎士の体でさえひとたまりもないだろう。 足に意識を集中させる。 人工筋肉が収縮して力を溜める。 そしてそれを一気に開放した。 私の体は弾丸のように宙を飛び、そのまま黒騎士に肉薄した。 考える間もなく、単分子サーベルを突き出す。 体全体の重量を乗せて放った斬撃。 それは、黒騎士の喉を貫通して向こう側に抜けた。 ヒトなら、致命傷だった。 ヒトならば。 そこで終わりの筈だった。 黒騎士は連想銃を投げ捨てると、そのまま腕を振り上げ、私に向けて振り下ろした。 両肩から胸にかけて、凄まじい力が通過する。 気づいた時には、私は地面に転がる、砕かれたもう片方の腕を見ており。 そのまま壊れたブリキの玩具のように、地面に崩れ落ちた。 ◇ ポタ……ポタ……と、何かが、仰向けに地面に倒れる私の顔に落ちていた。 オイルだった。 黒く焦げて腐食したオイルが、黒騎士の喉元から溢れて、落ちている。 黒騎士は私の顔を覗き込んでいた。 そのカメラアイが、何度も、何度も拡大と収縮を繰り返していた。 私は、もは「私」でさえもなくなった顔で、笑いかけようとして失敗した。 ノイズ混じりの、壊れかけの声を発するのが精一杯だった。 「帰ろう……」 まだ足が残っている。 地面を足で蹴り、残った駆動系のエネルギーを全て、この動作に回す。 黒騎士の喉に突き刺さった単分子サーベルを蹴り上げ、私は「敵」の頭蓋を両断した。 ◇ 崩れ落ちた黒い騎士と、地面に転がった白い騎士は、既に双方共に動きを止めていた。 黒騎士の脳は単分子サーベルの高振動で破壊されており。 白騎士の脳は、過剰に動かし続けて逆流した、駆動系のエネルギーにより焼き切れていた。 動かぬ残骸。 もう動けぬそれら「ヒトだったもの」は。 ただ、昇り始めた朝日に、二つとも同じように、オイルにまみれて光っていた。 辺りにはもう、静寂しか広がってはいなかった。

応援やコメントなど頂けると励みになります。 是非、一言お願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    40,100

    360


    2021年4月22日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間13分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    693,820

    3,668


    2021年5月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間44分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 東京アポカリプス

    二挺拳銃×巨獣ハンティングガンアクション

    9,500

    5


    2021年5月14日更新

    2022年、突如として全世界に現れた巨大不明生物『災獣』。 現代兵器が殆ど通じない生ける災害とも呼べる彼等によって、人類は住処である陸地と人口の半分を喪いつつも、災獣たちが苦手とする鉱物・グリモタイトの力を使い、滅亡の瀬戸際で踏み留まる事に成功した。 時は流れ、2062年。 海底に没した関東・中部地方の上に建造された巨大人工島『時生島』に暮らす女子高生・半井悠華(なからい・ゆうか)は、友人の古門珠梨(こもん・じゅり)、笠村蘭(かさむら・らん)と共に、相次ぐ災獣被害に立ち向かい、これを撃滅する戦闘サイボーグ『マキナ』として、学生生活とマキナとしての任務をこなす日々を送っていた。 そんなある日、悠華たちは任務の途中、政府の認可を受けていない非合法のマキナ・富士森杏樹(ふじもり・あんじゅ)と、その保護者を名乗る鷲崎胡桃(わしざき・くるみ)と出会う。 そしてその出会いは、杏樹の出自に深く関わる犯罪組織、かつて日本を壊滅状態に追いやった“甲種災獣”の出現を招き、時生島を巻き込んだ未曾有の事態に発展していく。 機人、未来都市を往く。機装天外のトンデモ近未来ガンアクション。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 善き星に恵みの光を ―― ヴァンパイア・エイリアン・シリーズ外伝・Ⅰ

    あの世界で起きた知られざる事件について。

    6,100

    0


    2021年5月14日更新

    「人類の歴史ってほんとは皆が思ってたほど単純なものじゃなかったんだ!」 ラミュロスの導きとバグの攻撃で、誰の想像よりも早く宇宙に進出することになった地球人たち。彼らの飽くなき好奇心は深宇宙探査という形で結実し、人類の活動は周囲の星々へと一気に広がっていった。そんな中、足元の地球ではある遺伝子工学の研究者が人類の遺伝子に奇妙な変異を見つける。それはこれから広い世界へと飛び出していこうとする人間の未来に暗い影を落とし始め、世界は再び混乱に飲み込まれる。 「ヴァンパイア・エイリアンとお弁当」、そして「ヴァンパイア・エイリアンと星の欠片」が作り上げた奇異な世界で、人はラミュロスも知らない過去の秘密を探しに旅立つ。そして彼らが見つけたものは ―― ヴァンパイア・エイリアン・シリーズ外伝、はじまる。

    読了目安時間:4時間30分

    この作品を読む