錆を花にあげよう

読了目安時間:5分

短編 3

乾いた慟哭

「本当にここで見つけたのか?」 威圧的に言われ、骨と皮ばかりの落ち窪んだ目で男を見上げた少女は、かすれた声を上げて頷いた。 「どこにもねぇじゃねぇか!」 怒号と共に殴り飛ばされ、少女は悲鳴をあげて倒れ、狭い洞窟の壁に頭をぶつけ、そのままズルズルと崩れ落ちた。 「チッ、役立たずが……!」 吐き捨てた男だったが、ライトを洞窟の壁に向けて停止した。 そこには、銀色の上半身を岩に半ば同化させたマネキン人形のようなモノがあったのだ。 「ひえ……」 男は息を呑んで後ずさった。 しかし、その「人の形をしたモノ」に動く気配はない。 「な……何だ、あるじゃねぇか……」 引きつった声を発しながら、手に持っていたツルハシでそれを叩く。 「こんなに壊れがねぇジェノサイドロンは久しぶりだな。これは」 そこで、男の声が失くなった。 瞳を真っ赤に明滅させた銀色のマネキンが、目にも止まらない速度で腕を振り抜いたのだ。 辺りに人間だったものが汚らしい音を立てて撒き散らされる。 ギギ……という機械音をたてながら、マネキンは血まみれの腕で、自分を拘束している岩を叩き割った。 そしてゆっくりと地面を踏みしめ、地面に転がっている「人間だったもの」を見た。 岩で傷ついていた箇所がゆっくりと塞がっていく。 「おはようございます。私の型式はスティーブン三百五十三号機。眼前殲滅対象を破壊しました。続いて索敵に移ります」 機械音が、マネキン人形の開かない口の奥から漏れる。 「それ」は、洞窟の床に倒れたまま動かない少女に近づくと、その顔を覗き込んだ。 「おはようございます。私の型式はスティーブン三百五十三号機。あなたに『救済』は必要ですか?」 少女はかすれた視界で「それ」を見た。 その口元が緩み、小さく彼女は笑った。 ◇ 少女の名前は、シェリーと言った。 スティーブンと名乗った機械は、彼女を殺さなかった。 結果的に、シェリーはその殺人ロボットに救助され、シェルターに運び込まれた。 そこで治療を受け、彼女は保護を受けた。 不思議と、恐怖は感じなかった。 大戦時代に人間を殺して回った殺戮兵器、ジェノサイドロン。 まだ動いている個体に保護されながら、シェリーは数年を暮らした。 スティーブンと名乗る殺戮兵器は、シェリーと数々の話をした。 戦争のこと。 今まで彼が戦ってきたモノとのこと。 血なまぐさいものだったが、シェリーはスティーブンに関しては、一度も拒否をしなかった。 ただ、分からなかったのは、彼がどうして自分を殺さなかいのかということと。 そして、どうして保護してくれているのか、ということだった。 ◇ 更に数年が経ち、シェリーは病に冒された。 不治の病だった。 遺伝子レベルでの組織崩壊。 そして意識の混濁、記憶障害。 徐々に動けなくなり、シェルターの中で寝たきりになったシェリーは、天井を見上げながらぼんやりとスティーブンに言った。 「ねえ、スティーブン」 「何でしょうか?」 食事の用意をしながら、スティーブンは答えた。 「もしも、ねぇ、もしも。私が死んだら……」 スティーブンの手が止まった。 「あなたは、それからどうなるの?」 だいぶ長いこと、「それ」は沈黙していた。 そしてポツリと言う。 「シェリー。あなたは、救われていますか?」 「私……」 シェリーはぼんやりとした思考の中で、彼に言った。 「救われてるよ。近くに、スティーブンがいてくれるから」 「そうですか」 モーター音を立てながらまた食事の準備に戻り、スティーブンは続けた。 「では、それでよいのではないでしょうか?」 「そうなのかな……」 シェリーは小さく咳をして、押さえた手に血が転々とついているのに気がついて、慌ててそれを隠した。 「私はね……」 シェリーはスティーブンに背を向けて横になった。 「あなたと、ずっと一緒にいたいな……」 ◇ 薬が、足りなかった。 シェリーの症状を緩和させる薬が。 私は、近くのヒトの集落を襲った。 沢山の抵抗する人間達を殺し。 目的の薬を手に入れて、シェルターに戻る。 それだけのはずだった。 戻った私が見たものは。 燃え盛るシェルターと。 それを取り囲む、武装した人間達の姿だった。 焦っていたのだ。 いつもはもっとシェルターから遠いところを襲撃していたのだが。 拠点を先回りされて叩かれた。 それはもはや、私が行っている「殺戮」ではなく。 恐怖からくる「報復」それそのものだった。 「あそこだ! ジェノサイドロンがいるぞ!」 私の手に持っていた薬のアンプルが、地面に落ちて割れた。 シェリー。 炎に包まれている中、彼女は逃げられない。 助けなければ。 シェリー。 シェリー、シェリー、シェリー、シェリー。 言葉にならない絶叫が迸った。 手近な人間を千切り飛ばして燃え盛るシェルターに突入する。 燃え盛り、崩れたシェルターの中には。 既に事切れたシェリーが転がっていた。 ああ。 手の中に抱き上げた、力を失った軽い肉袋の重み。 ああ。 どんなに抱きしめても。 どんなに声をかけても。 もう、彼女は動かない。 もう、彼女を救えない。 スティーブンの目が赤く明滅した。 「おはようございます。私の型式はスティーブン三百五十三号機」 彼はいつの間にか、機械的に言葉を発していた。 崩れたシェルターを踏みしめるように立ち、「それ」は言った。 「『残存人類』を発見しました。これより、彼らを『救済』します」 ◇ それはバグなのか。 システムが起こしたエラーなのか。 何かが歪んで起こした、きまぐれだったのか。 それを知るのは神だけだ。 神がいればの話だが。 スティーブン型ジェノサイドロン。 それは、「人間」に「死」という「救済」を与える機械。 救済とは何なのか。 それは、彼はいまだに分からない。 分からないが、彼は。 崩れ去ったシェルターの下に埋めたシェリーに今日も会いに来て、そして。 天を仰いで、声にならない慟哭をするのだった。

応援やコメントなど頂けると励みになります。 是非、一言お願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    18,500

    60


    2021年5月4日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    693,820

    3,668


    2021年5月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間44分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王を封印しに行くことになりました!魔王って何度復活しようと言うんですか?

    昔のキャラたちを登場させました。

    2,100

    3


    2021年5月14日更新

    毎度毎度しつこく封印から出てこようとする魔王を封印するために光の巫女は旅立つ。ほのぼのした物語です。 てか、重たいのは書けません!

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 東京アポカリプス

    二挺拳銃×巨獣ハンティングガンアクション

    9,500

    5


    2021年5月14日更新

    2022年、突如として全世界に現れた巨大不明生物『災獣』。 現代兵器が殆ど通じない生ける災害とも呼べる彼等によって、人類は住処である陸地と人口の半分を喪いつつも、災獣たちが苦手とする鉱物・グリモタイトの力を使い、滅亡の瀬戸際で踏み留まる事に成功した。 時は流れ、2062年。 海底に没した関東・中部地方の上に建造された巨大人工島『時生島』に暮らす女子高生・半井悠華(なからい・ゆうか)は、友人の古門珠梨(こもん・じゅり)、笠村蘭(かさむら・らん)と共に、相次ぐ災獣被害に立ち向かい、これを撃滅する戦闘サイボーグ『マキナ』として、学生生活とマキナとしての任務をこなす日々を送っていた。 そんなある日、悠華たちは任務の途中、政府の認可を受けていない非合法のマキナ・富士森杏樹(ふじもり・あんじゅ)と、その保護者を名乗る鷲崎胡桃(わしざき・くるみ)と出会う。 そしてその出会いは、杏樹の出自に深く関わる犯罪組織、かつて日本を壊滅状態に追いやった“甲種災獣”の出現を招き、時生島を巻き込んだ未曾有の事態に発展していく。 機人、未来都市を往く。機装天外のトンデモ近未来ガンアクション。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む