錆を花にあげよう

読了目安時間:6分

短編 14

消せないメモリー

繰り返し見るイメージがあった。 何度も、何度も。 そのイメージは脳内にフラッシュバックする。 沢山の花に囲まれた場所。 若い女性が、腕を後ろに回して振り返る。 風の匂いに混じって、彼女の香水の香りが広がる。 長い金髪がなびく。 そして彼女は花のように微笑み、口を開く。 だが、聞こえない。 彼女の声は聞こえない。 無音なのだ。 何かをこちらに語りかけている彼女の声も。 風の音も。 空気のせせらぎも聞こえない。 聞こえないのだ。 そのイメージはまるで壊れた映像メディアのように、頭の中に繰り返し再生される。 いつもぶつ切りで切れて、彼女の笑顔で終わる。 名前も分からない。 彼女が、自分の何だったのかも分からない。 そもそもそれは、自分の記憶なのかどうかも分からない。 分からないのだ。 ◇ 「降下部隊1045。目標に接敵します」 鈍重な機銃を構えて、足場の悪い泥の中を歩く。 自分と同じような防護外骨格を纏った戦闘用アンドロイド達が、後ろに続く。 通信を本部に送ると、無機質なAIオペレーターの声が返ってきた。 『索敵後、目標を殲滅してください』 「ラジャ」 短くやり取りをして、脳内の戦闘プログラムを起動する。 熱源感知のセンサーが動き出し、視界がサーモグラフィ画面に切り替わった。 周囲を見回すと、1km程先に多数の熱源反応が確認できた。 残存人類のレジスタンス。 今回の、殲滅対象だ。 右手を上げて部隊の行進を一旦止める。 小雨が降っている。 霧のようになっていて、視界が悪い。 それに、小雨は光学迷彩装置の邪魔になる。 機能を阻害し、周囲の景色に紛れることができなくなるのだ。 正面から戦っても負けるとは思えなかったが、自軍に多数の被害は出るだろう。 被害を最小限にするために、少し思考する。 そして、部隊全体に通信を送った。 「α班は右ルートから迂回。β班は左ルートから迂回。γ班は、しばらく待機の後、私を先頭に正面から突撃。αとβは、こちらに敵視が向いたのを確認して、攻撃を開始せよ」 部隊の戦闘アンドロイド達から口々に了承を示す応答が返ってくる。 ようは、部隊を3つに分け、自分達が囮になる。 そして両サイドから挟み撃ちで、分隊で殲滅する作戦だ。 既に戦闘プログラムは共有されているので、部隊は速やかに3班に別れた。 そして自分が率いるγ班が、雨の中しばらく待機し、他の2班が迂回して消えたのを確認してから進み始める。 残り五百メートルで接敵確認。 残存人類は鉄塊でバリケードを築き、対アンドロイド用の巨大な機銃等をセット、迎撃の準備をしているのが、センサー越しに確認できた。 そこで私の脳内に、またイメージがフラッシュバックした。 沢山の花に囲まれた場所。 若い女性が、腕を後ろに回して振り返る。 風の匂いに混じって、彼女の香水の香りが広がる。 長い金髪がなびく。 そして彼女は花のように微笑み、口を開く。 聞こえない。 聞こえないんだ。 君が何を言っているのか。 私には、もう分からないんだよ。 『隊長……! 隊長!』 そこで副官のアンドロイドから通信で呼びかけられ、私は体を起こした。 いつの間にか、泥の中に膝をついていたらしい。 『どうかされましたか?』 「いや……問題ない。地雷の反応は?」 『バリケードの周辺に多数確認されています。あまり近づくのは懸命ではないかと』 「成程」 立ち上がって、私は機銃を構えた。 人間では到底扱えない、巨大なものだ。 対戦車ライフルを越える口径の銃。 残存人類の装備では、この距離では自分達に攻撃をすることは出来ない。 だが、自分達のこの装備なら。 これだけ離れていても、十分だ。 「γ班、全軍、射撃用意」 淡々と指令を出す。 横一列に並んだ部隊が、次々に機銃を構え始めた。 「第一射! 撃て!」 私の号令と共に、残存人類のレジスタンスが籠城している施設に、雨嵐と砲弾が降り注いだ。 着弾と共に、撃ち出した榴弾が炸裂する爆音と火柱が吹き上がるのが見える。 一拍遅れて、バリケードの方角から多数の射撃による反撃が始まった。 しかし、彼らの攻撃はここまでは届かない。 銃弾は重力に引かれて減速し、威力は半減以下。 減衰した攻撃では、私達の外骨格を貫くことは、ない。 「第二射用意」 私は、圧倒的戦力にまた無慈悲な言葉を告げた。 ◇ レジスタンス拠点の壊滅には、三十分もかからなかった。 α班とβ班が突入し、殲滅を完了させた報告を受け、警戒態勢を解く。 遠距離サーチで索敵を行うも、残存人類の生体反応は一つも残っていなかった。 「作戦終了。拠点を探索後、帰還する」 『お疲れ様でした』 本部からの淡々とした言葉を受け、私は数名の部下と共にレジスタンス拠点に入り込んだ。 一面、血の海だった。 榴弾や銃弾でバラバラになった「人間だったもの」がそこら中に撒き散らされている。 生きているモノはいない。 奥に行くと、他の班が投入したガスで死亡した人間達が多数転がっていた。 『隊長、帰投しますか?』 部下の声が聞こえる、。 そこで私は、人工脳幹の後頭部のあたりにズキリと、「痛み」を感じた。 転がっている人間。 金色の髪。 口から血液を撒き散らしたのか、酷い有様のその遺体に目が釘付けになったのだ。 その。 「彼女」の顔は。 繰り返し見るイメージの、「それ」だった。 ◇ 沢山の花に囲まれた場所。 彼女が、腕を後ろに回して振り返る。 風の匂いに混じって、香水の香りが広がる。 長い金髪がなびく。 そして彼女は花のように微笑み、口を開く。 「もうすぐ戦争が終わるって、ニュースで言ってたよ」 「戦争は終わらないよ。間に合わない」 私は、彼女に掠れた声でそう言った。 車椅子に乗った私の両足はなくなっている。 被爆の影響で、内臓にも障害が出ていた。 「……本当に受けるの? アンドロイド手術」 彼女は心配そうに私に聞いた。 私は小さく笑って、痩せ細った体を示した。 「ああ……このままでは、いずれ俺は死ぬ。君との結婚だって、到底出来ないだろ。受けるよ……軍事アンドロイド用の、改造手術だけど……」 「…………」 「戦争が終わったら、一緒に暮らそう。アンドロイドにも人権が与えられるらしいんだ。だから……」 彼女は、花のように笑った。 そしてどこか寂しそうに、私に言った。 「……そうだね。結婚式、挙げようね」 ◇ 亡骸を前に、私は震えていた。 頭の中に鮮明に繰り返される映像。 その「意味」を知って、私の人工脳幹は唸りを上げてエラーを排出し続けていた。 私は。 ワタシハ。 何をしたんだ? ワタシハ。 何をしているんだ。 ワタシハ。 何をさせられているんだ。 目の前で事切れた金髪の女性を前に。 私はガクガクと震えながら地面に崩れ落ちた。 視界が明滅する。 エラー。 システムがダウンしていく。 エラー。 戦闘プログラムが維持できない。 理解ができない。 理解を。 したくなかった。 『隊長……? 隊長!』 最期に聞いたのは、部下の声。 私は、女性の亡骸に手を伸ばして。 その場に崩れ落ちて「停止」した。 ◇ 沢山の花に囲まれた場所。 「俺」の婚約者が、腕を後ろに回して振り返る。 風の匂いに混じって、彼女の香水の香りが広がる。 綺麗な香りだ。 一番……一番好きだった香り。 長い金髪がなびく。 そして彼女は花のように微笑み、口を開く。 「いつか、結婚式を挙げようね」 繰り返し、繰り返し聞いた言葉。 私は、それを支えに生きていた。 生きていた筈だった。 手を伸ばす。 彼女の……。 消えない、消せないメモリーに向けて。 その先で微笑む彼女。 もうここにはいない、彼女。 その事実を、私は処理できない。 処理をすることが、できなかった。

応援やコメントなど頂けると励みになります。 是非、一言お願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    31,030

    70


    2021年6月17日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    777,950

    5,300


    2021年6月4日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、二次選考通過】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間4分

    この作品を読む