錆を花にあげよう

読了目安時間:5分

短編 19

傷痕

その少女の放った銃弾は、正確に彼の右目に突き刺さった。 しかし、ちっぽけすぎる抵抗のそれは、機械の体に致命傷を与えるには至らず、カメラアイを一部破壊しただけで虚しく地面に転がった。 「来ないで! 化け物!」 怒号が空を裂く。 右目にエラーを起こした「彼」は、しかし体中からモーターの音をさせながら、少女に向かってゆっくり手を伸ばした。 「ア……ア……」 悲しみで、体中が潰されそうだった。 苦しみで、胸が押し潰されそうだった。 拒絶。 自分に拳銃を向ける少女の威嚇行動。 右目を右手で押さえながら、彼はくぐもった音声を発した。 「やめるんだ……銃を降ろせ。父さんだよ。お願いだ。俺に銃を向けないでくれ……」 「父さん……? 何を言うの! 母さんを殺した分際で! アンドロイドが!」 少女が叫ぶ。 その傍らには、血まみれになって、すでに息絶えた女性が転がっていた。 殺した。 俺が……。 妻を。 その事実がどうしても頭の中で「認識」できない。 彼は呻き、心の底から藻掻き苦しみながら、少女に向かってまた手を伸ばした。 そしてガクガクと震える足を踏み出そうとする。 「本当だ……お前達を助けに来たんだ。だけど、父さんの脳は今、機械制御されている。敵性行動を感知すると、自動で反撃してしまう。銃を降ろしてくれ……」 「嫌よ……」 少女はそう言って、憎しみの充満した瞳で彼を睨んだ。 「私はアンドロイドなんかに殺されない。父さんはもう戦争で死んだのよ。どこの趣味の悪い奴らか知らないけど……いつまでもあんた達の思い通りになるとは思わないことね」 吐き捨て、彼女は銃を降ろした。 ホッとして近づこうとした彼の前で、少女は持っていた銃を口に咥えた。 銃声が響いた。 ◇ 事切れた妻と娘の前で、男性は立ち尽くしていた。 右目はエラーを起こし、カメラアイが不規則に点滅している。 しばらくして脳内通信がノイズと共に送られてきた。 『応答せよ、G84番。残存人類は発見できたのか?』 しばらくそれに答えず、彼は血まみれの家族を見下ろしていた。 『応答せよ、何かあったのか?』 だいぶ経った頃、彼は耳元に手を当てて一言だけ通信を返した。 「残存人類の生体反応を、2体停止させました……」 ◇ 戦争は激化していた。 人間をアンドロイドへと改造し、機械化兵として運用する。 その穴だらけの計画は、当初上げた数々の成果により世界中に広まっていくことになる。 まず犠牲になったのは、戦争で四肢を欠損した人々だった。 そのままでは死を待つばかりの人間に承諾を取り、機械の兵士として「改造」を施す。 無論、「人間」を殺すためだ。 男性は、帝国に鹵獲された敵国の兵士だった。 すでに右手と両足を失い、脊髄にも損傷があった彼は、帝国により有無を言わさず機械化手術を施された。 人権も、ヒトとしての尊厳も剥奪され、ただ自国の人間達を轢殺するだけの存在として生まれ変わらされたのだった。 自らの生まれ育った街を襲撃した時。 彼は必死で探した。 自分の家族が隠れているであろうシェルターを。 そして見つけ……。 妻を殺して、しまったのだった。 ◇ ガタン、ゴトン、と飛空艇が揺れる。 空路で別の戦場に運ばれているのだ。 輸送艇の中には、多数の機械化兵士達が詰め込まれていた。 うつむいて何も喋らない彼は、右目に人間がやるように眼帯を巻いていた。 隣に座っていたアンドロイドが、それを見て不思議そうに声をかけた。 「なぁ、あんた」 「…………?」 「その右目、故障してるのか? メンテナンスは受けないのか?」 問いかけられ、彼は乾いた声で小さく笑った。 そして眼帯を指でなぞって、小さな声で答える。 「これは大事な『傷痕』なんだ」 「傷痕……?」 怪訝そうに返したアンドロイド兵士に、彼は続けた。 「これがなくなってしまったら、俺は俺でいらなくなってしまう。だから残しているんだ」 「……よく分からんが、戦闘の支障になるようなら即急に修理してもらうといい。これから向かう基地は、前のところよりも技術が高いらしいからな」 「…………」 「俺達は戦争をしているんだ。感傷は捨てた方がいい」 ◇ 終わりは呆気なかった。 次に出撃した戦場で、彼らは敵国のアンドロイド部隊と戦闘をすることになった。 待ち伏せだった。 完全に光学迷彩で姿を消した奇襲部隊に攻撃され、味方は一人、また一人と斃れていった。 彼も、夜の暗闇の中サーモグラフィ探知を有効にし、左目だけの視界で周囲を確認し、応戦していた。 ガレキと化した住宅街に銃弾が飛び交う。 所々で地雷が地面から火柱を上げて噴き上がっていた。 一瞬のことだった。 右目の死角から、光学迷彩を纏った敵アンドロイドが突撃してきたのだ。 そのアンドロイドが持つ長槍のような武装が胴体を貫通するのを、彼はどこか冷めた目で見ていた。 エラー。 致命的な動作不良を示す文字列が視界に明滅している。 アンドロイドは長槍を手放し飛び退った。 数秒後、それは彼の体内に入ったまま、内部の爆薬に点火して大爆発を上げた。 粉々になって地面に崩れ落ちた彼は。 残った左目の視界が段々暗くなっていくのを、ゆっくりと感じていた。 ◇ いつの間にか、色とりどりの花が咲き乱れる場所に立っていた。 かつて失ったヒトの体で、彼は花畑に立ち尽くしていた。 右目に手をやる。 そこには深い傷があり、片方の視界はなかった。 残った左目で周りを見る。 少し離れた所に川があった。 そこに、見知った顔の。 もういない、自らの手で葬った大事な「二人」が立って、手を振っているのが見えた。 残った左目から涙が溢れる。 彼は自分の体をもう一度見て。 傷痕をそっと、指でなぞりながら。 妻と、娘の方にゆっくりと足を踏み出したのだった。

応援やコメントなど頂けると励みになります。 是非、一言お願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 輝鑑

    斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

    614,700

    9,543


    2021年5月14日更新

    〽とざい とーざい これに口上を勤めまするは華研えねこなる者にて候 とざい とーざい… お初にお目にかかります これなる物語で語りしは 今は昔 帝国暦がまだ百にも満たぬ 海の向こうの本朝諸島 野望に燃えた若き日の初代帝王、垣屋続成の前半生でござーいー さあさお集まりの皆々様 お楽しみあれー 戦国時代。それは勇猛果敢な猛将とそれを手駒として操る権謀術策巧みな知将、そしてそれをも飲み込む天運の持ち主が駆け抜けた日本史上でも類を見ないほどの荒れ狂う大海原。 だが、ほとんどの人は桶狭間から本能寺、良くて関ヶ原までしか知らないという方が大多数ではないだろうか?無理もない。戦国時代はある男によって終わったといっても過言ではないからだ。 織田信長、それがその男の名前である。 ここに一冊の書物がある。信長公記である。信長の家臣、太田牛一が書いた日記帳の一部であり、今日の信長像の建設の土台といっても差し支えない書物である。 だが、たとえ戦国を終わらせた君主、信長の一家臣といえど見える風景には限界がある。現に首巻とはいえ信長公記原本には桶狭間は天文年間とすらかかれている。 では、歴史は何も語らないのか?いやそうではあるまい。 もし、たら、れば。一見意味のない繰り言に聞こえるだろうが、これは思考実験や文学には欠かせない調味料である。いわば塩のようなものだ。IFのない作品など、この世にはありはしない。当たり前だ。IFのない文章はただの記録なのだから。 そこで当方では、このようなもしもを考えてみた。 「もしも、織田信長以前に天下取りや合理的思考、世界を相手取れるだけの大戦略を考えるだけの人物が存在したのなら?」 もちろん、そのような人物は歴史上にはいないと言ってもいい。しかし新武将を作るというのでは少々塩分過多だ。ではどうするか。未来から魂魄だけでも引っ張ってくればよい。ちょうど日本には著名な武将の子孫だと語る人物は結構な割合で存在し、その中でも結構な割合で本物は存在するからだ。 あとはそこから数十年ほど早い天下取りを仕掛けてしまえば信長がどう動くか、見物ではないだろうか。 斯くして、応仁の乱よりせいぜい数年しか経っていない「ある時期」にその起点を設置してみた。 皆々様のお口に合えば幸いである。

    読了目安時間:15時間57分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王を封印しに行くことになりました!魔王って何度復活しようと言うんですか?

    昔のキャラたちを登場させました。

    2,100

    3


    2021年5月14日更新

    毎度毎度しつこく封印から出てこようとする魔王を封印するために光の巫女は旅立つ。ほのぼのした物語です。 てか、重たいのは書けません!

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 東京アポカリプス

    二挺拳銃×巨獣ハンティングガンアクション

    9,500

    5


    2021年5月14日更新

    2022年、突如として全世界に現れた巨大不明生物『災獣』。 現代兵器が殆ど通じない生ける災害とも呼べる彼等によって、人類は住処である陸地と人口の半分を喪いつつも、災獣たちが苦手とする鉱物・グリモタイトの力を使い、滅亡の瀬戸際で踏み留まる事に成功した。 時は流れ、2062年。 海底に没した関東・中部地方の上に建造された巨大人工島『時生島』に暮らす女子高生・半井悠華(なからい・ゆうか)は、友人の古門珠梨(こもん・じゅり)、笠村蘭(かさむら・らん)と共に、相次ぐ災獣被害に立ち向かい、これを撃滅する戦闘サイボーグ『マキナ』として、学生生活とマキナとしての任務をこなす日々を送っていた。 そんなある日、悠華たちは任務の途中、政府の認可を受けていない非合法のマキナ・富士森杏樹(ふじもり・あんじゅ)と、その保護者を名乗る鷲崎胡桃(わしざき・くるみ)と出会う。 そしてその出会いは、杏樹の出自に深く関わる犯罪組織、かつて日本を壊滅状態に追いやった“甲種災獣”の出現を招き、時生島を巻き込んだ未曾有の事態に発展していく。 機人、未来都市を往く。機装天外のトンデモ近未来ガンアクション。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む