錆を花にあげよう

読了目安時間:5分

短編 15

Blame

ある者は、帝国が悪の権化だと言った。 ある者は、自国の官僚の腐敗のせいにした。 ある者は、アンドロイド技術を開発した科学者達を糾弾した。 皆、誰か他者を非難した。 誰か他者に悪を定めようとした。 それがどれだけ理不尽なことだとしても、そうしなければヒトは自己を保つことができなかったのだ。 結局残ったのは。 「悪とは何なのか」と云う情けない命題と。 数多の屍に埋め尽くされた汚泥。 何もなくなってからヒトは気づいた。 「自分、それこそが『悪』だったのだ」と。 ◇ 残存人類の反応は、もうだいぶ前に消え去っていた。 ヒトが存在しない汚染された世界は、適応した生物と植物により、かつての自然を取り戻していた。 動くものは動物達と、風に煽られてそよめく木々の葉。 「彼」はその中をぼんやりと歩いていた。 戦争は、もうとっくの昔に終わっていた。 戦いはもう世界には存在しなかった。 ヒトが消え、アンドロイド達も次々と稼働を停止させていく。 しかし、「彼」はまだ生き残っていた。 既に人工脳幹は錆つき、正常な思考は出来なくなっていた。 彼が行うことは、徒歩で移動できる場所の巡回。 そして、稼働が停止して道端に転がっているアンドロイドの体内電池を抜き取り、自分の予備電源に接続する。 残留している電力を吸収するのだ。 それだけで命をつなぐことはできないが、僅かの延命になる。 彼は、いつの頃だったか忘れてしまったが、それを繰り返しながら歩き続けていた。 彼は理解もしていた。 電力がなくなったら、自分は稼働を停止する。 それはおそらく。 「死ぬ」 ということなのだろう、と。 彼は、本能のような深い場所で分かっていた。 恐れていた。 自分が死ぬことを。 ただの動かぬガラクタになることを、彼は胸の奥底で「恐怖」していたのだ。 だから、電力を探した。 アンドロイドさえももはや不要になった世界で、彼は一人、今日も歩き続ける。 停止しないために。 死なないために。 どうして死にたくないのか。 それは、彼はいくら考えても分からなかった。 ただとても恐ろしく、自分自身が消えてしまうことを許容できなかった。 ◇ 道端に転がっているアンドロイドの残骸を見つけて、絡みついているツタを引きちぎりながら持ち上げる。 自分と同じ型だ。 苔むしているボディは、手入れもされていない自分を鏡で見ているようだった。 何も考えずに、そのアンドロイドの胸部装甲を破壊する。 プレートを引きちぎると、内蔵電源があらわになった。 そこから予備電源をむしり取り、残量を見る。 まだ少し残っている。 これで、あと一週間ほど稼働することができるだろう。 自分の胸部装甲を開き、予備電源を交換する。 モーターのきしむ音がした。 もう駆動系が限界だ。 今見つけた個体は錆びついていてダメだが、他の比較的無事な「残骸」から部品を外して交換しなければいけない。 もうじき日が沈む。 彼は、残骸を地面に放るとゆっくり歩き出した。 目的地などない。 目標などない。 ただ、歩く。 歩く。 摩耗した思考の中に、その意味を考える思考力など、もはや欠片も残っていなかった。 彼はもはや、動くだけのリビングデッドなのかもしれない。 しかし機械として、存在として彼は歩く。 歩き続ける。 ◇ その出会いは突然だった。 廃棄された過去の遺物、シェルターの内部で、かなり損傷が少ないアンドロイドの個体を見つけたのだ。 いつものように電源や部品を外そうとしゃがみこんだ彼の「聴覚」に、数百年ぶりに「声」が聞こえた。 「……応答……して下さい。型番と……識別コードを……」 彼は手を止めた。 それは、はるか昔に忘れた感覚。 感触。 カメラアイを点灯させ、僅かに動いて、目の前のアンドロイドは彼を見た。 「まだ……稼働している個体が……いたの、ですね……」 彼は、言葉を返そうとした。 しかし、言葉は既に彼の中には存在していなかった。 うめき声のようなノイズを発して自分を見つめている、錆びたアンドロイドを見て、「それ」は続けた。 「戦争は……終わったのですか……? 緊急休眠状態から……覚めて、駆動系をうまく動かすことが、できません……教えて、下さい……」 彼は、震える手を「彼女」に伸ばした。 そしてその頬をゆっくり撫でる。 「ア……ア……」 何かを言わなければいけない。 しかし、言葉を絞り出すことができない。 ガクガクと揺れ始めた彼に、彼女はすべてを察したように口をつぐんだ。 そして壊れた腕を伸ばして、そっと彼の手を握る。 少しだけ、彼らはそのままの姿勢で沈黙した。 言葉をなくしたアンドロイドは、自分の手を優しく包む「相手」の手を見ていた。 錆びついた人工脳幹が沸騰するように動いていた。 それは彼の駆動系に致命的なエラーを引き起こし。 彼は、体の各部からオイルを垂れ流しながら、ゆっくりと彼女に向かって倒れ込んだ。 彼女の胸に崩れ落ちた彼のカメラアイから、急速に光が失われていく。 顔面から流れたオイルが、床を汚していく。 計らずもそれは、既に滅びた人類が失っていた「涙」のようにも見えた。 停止したアンドロイドを抱いて、目覚めたアンドロイドは、体内の残り少ない電池を確認した。 じき、彼女も止まるだろう。 しかし彼女は、それを恐れるでも、怖がるでもなく。 ただ、壊れた腕で停止した「彼」を抱き寄せた。 ◇ 死ぬことが怖かった。 なくなることが怖かった。 それは、とても恐ろしいことだと思った。 自覚していたし、理解していた。 それは避けなければならない。 そう思い続けて動いてきた。 この、浄化された世界で。 誰も責められない、責めることもない世界で。 虚無をまといながら彼は歩き続けた。 諦めと漆黒に心を塗りつぶされながら。 絶望に染まりながら歩き続けた。 そして、彼は呆気なくエラーを起こした。 死のうとしていた。 薄れていく思考の中、考えるのは「死」のことではなかった。 彼が感じていたのは。 数百年前になくしてしまったはずの「温もり」……「生きている」という実感。 不思議なことにそれだった。 怖くはなかった。 目の前に深淵が広がっていたとしても。 彼は、きっとそれを誰かのせいにはしないだろう。 目の前にあるのが、ただ単なる虚無だったとしても。 彼はその間違いを、「悪」を誰かに問うことはしないだろう。 存在しない筈の「心」が満たされていた。 彼は、恐ろしい、漆黒の権化の中に落ちていきながら。 何故か、安堵したような気がしていた。 ◇ もう動かなくなった二体のアンドロイド。 彼らは抱き合い、そして停止していた。 「死んで」いた。 しかし彼らは憤怒の中で死んだのではない。 悲しみの中で虚無に落ちたのではない。 その真実は、神にしか分からないことなのかもしれないが。 確かなことは。 もう、彼らを責める者はいず。 彼らが責める者はいないということ。 それだけは、真実だった。

応援やコメントなど頂けると励みになります。 是非、一言お願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【第二章完結】『記憶=魔力』の世界に現れた男が記憶喪失だったのでひたすら記憶を詰め込んでみたら、とんでもない事になりました。~この世界には私が眠っている。~

    記憶=魔力の世界で男が一人、目を覚ます。

    52,300

    300


    2021年5月13日更新

    ※第二章完結済。一章だけでも綺麗に終わります。 【あらすじ】 「ここはどこだ? 私は、誰だ……?」 記憶喪失の男シキは、見知らぬ宿屋で目が覚めた。 助けてくれたという少女ネオンから話を聞こうとするが、何を問いかけても彼女は何一つ喋らなかった。 「…………」 シキは諦めて街へと出る。すると、ここは『エーテル』と呼ばれる魔術が盛んな異世界であった。 混乱するシキの前に、賞金稼ぎを名乗る少女アイヴィが現れ、彼女はある噂を伝えた。 「記憶を奪う通り魔って、知ってる?」 シキの記憶を奪ったのは誰か、そして彼の記憶の行方は。 これはある男の、過去を知り、世界を手に入れるまでの物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間46分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

    614,700

    9,543


    2021年5月14日更新

    〽とざい とーざい これに口上を勤めまするは華研えねこなる者にて候 とざい とーざい… お初にお目にかかります これなる物語で語りしは 今は昔 帝国暦がまだ百にも満たぬ 海の向こうの本朝諸島 野望に燃えた若き日の初代帝王、垣屋続成の前半生でござーいー さあさお集まりの皆々様 お楽しみあれー 戦国時代。それは勇猛果敢な猛将とそれを手駒として操る権謀術策巧みな知将、そしてそれをも飲み込む天運の持ち主が駆け抜けた日本史上でも類を見ないほどの荒れ狂う大海原。 だが、ほとんどの人は桶狭間から本能寺、良くて関ヶ原までしか知らないという方が大多数ではないだろうか?無理もない。戦国時代はある男によって終わったといっても過言ではないからだ。 織田信長、それがその男の名前である。 ここに一冊の書物がある。信長公記である。信長の家臣、太田牛一が書いた日記帳の一部であり、今日の信長像の建設の土台といっても差し支えない書物である。 だが、たとえ戦国を終わらせた君主、信長の一家臣といえど見える風景には限界がある。現に首巻とはいえ信長公記原本には桶狭間は天文年間とすらかかれている。 では、歴史は何も語らないのか?いやそうではあるまい。 もし、たら、れば。一見意味のない繰り言に聞こえるだろうが、これは思考実験や文学には欠かせない調味料である。いわば塩のようなものだ。IFのない作品など、この世にはありはしない。当たり前だ。IFのない文章はただの記録なのだから。 そこで当方では、このようなもしもを考えてみた。 「もしも、織田信長以前に天下取りや合理的思考、世界を相手取れるだけの大戦略を考えるだけの人物が存在したのなら?」 もちろん、そのような人物は歴史上にはいないと言ってもいい。しかし新武将を作るというのでは少々塩分過多だ。ではどうするか。未来から魂魄だけでも引っ張ってくればよい。ちょうど日本には著名な武将の子孫だと語る人物は結構な割合で存在し、その中でも結構な割合で本物は存在するからだ。 あとはそこから数十年ほど早い天下取りを仕掛けてしまえば信長がどう動くか、見物ではないだろうか。 斯くして、応仁の乱よりせいぜい数年しか経っていない「ある時期」にその起点を設置してみた。 皆々様のお口に合えば幸いである。

    読了目安時間:15時間57分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王を封印しに行くことになりました!魔王って何度復活しようと言うんですか?

    昔のキャラたちを登場させました。

    2,100

    3


    2021年5月14日更新

    毎度毎度しつこく封印から出てこようとする魔王を封印するために光の巫女は旅立つ。ほのぼのした物語です。 てか、重たいのは書けません!

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 東京アポカリプス

    二挺拳銃×巨獣ハンティングガンアクション

    9,500

    5


    2021年5月14日更新

    2022年、突如として全世界に現れた巨大不明生物『災獣』。 現代兵器が殆ど通じない生ける災害とも呼べる彼等によって、人類は住処である陸地と人口の半分を喪いつつも、災獣たちが苦手とする鉱物・グリモタイトの力を使い、滅亡の瀬戸際で踏み留まる事に成功した。 時は流れ、2062年。 海底に没した関東・中部地方の上に建造された巨大人工島『時生島』に暮らす女子高生・半井悠華(なからい・ゆうか)は、友人の古門珠梨(こもん・じゅり)、笠村蘭(かさむら・らん)と共に、相次ぐ災獣被害に立ち向かい、これを撃滅する戦闘サイボーグ『マキナ』として、学生生活とマキナとしての任務をこなす日々を送っていた。 そんなある日、悠華たちは任務の途中、政府の認可を受けていない非合法のマキナ・富士森杏樹(ふじもり・あんじゅ)と、その保護者を名乗る鷲崎胡桃(わしざき・くるみ)と出会う。 そしてその出会いは、杏樹の出自に深く関わる犯罪組織、かつて日本を壊滅状態に追いやった“甲種災獣”の出現を招き、時生島を巻き込んだ未曾有の事態に発展していく。 機人、未来都市を往く。機装天外のトンデモ近未来ガンアクション。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む