錆を花にあげよう

読了目安時間:6分

短編 12

涙はもう流れない

「病気が治ったら、どこに行きたい?」 彼は、私によく聞いた。 私はベッドに上半身を起こした姿勢で、彼を見て言う。 「病気はもう治らないよ」 「治るさ。絶対に。そうしたらまた、一緒に外へ行こう」 無菌室の壁を隔てての会話。 何十回目だろうか。 いつしか、数えるのを辞めていた。 「帝国との戦争も終わりが近づいてる。そうしたら、また平和な世界が来るよ」 「そう……だといいね」 曖昧に笑って、私は彼に向けて言った。 「毎日会いに来なくてもいいよ。あなたも、軍務で大変でしょう?」 「そんな事言うなよ。貴重な一日のうちの、癒やしの時間なんだ」 彼は微笑んで、椅子を軋ませて立ち上がった。 「さて……もう行かないと。また明日」 「……うん」 ◇ それきり、彼はもう現れなかった。 医師や看護師ははっきりとは言わなかったが、態度で示していた。 ニュースで見た、湾岸基地への帝国からの奇襲攻撃。 多数の死傷者が出たらしい。 巻き込まれて、死んだのだろう。 不思議と、涙は出なかった。 戦争に関わる人だ。 いつかはこうなることは自覚していたし、よく判ってもいた。 いつか突然、目の前からいなくなることは、どこか心の中で許容していた。 それが、自分が先か。 彼が先かの違い。 それだけだ。 『また明日』 が先に終わったのは彼の方。 自分ではなかった。 それだけのことだ。 ◇ もうベッドから体を起こすこともできなくなった自分。 痩せこけて醜くなった自分を、ベッド脇の鏡でぼんやりと見つめる。 最近は食事をするのも困難になってきた。 栄養は点滴で補っている。 ずっと、無菌室の天井を見上げる日々。 いつまでこうなんだろう。 いつになったら、自分は楽になるんだろう。 いくら考えてもそれは分からないことだった。 彼がいなくなった世界。 この灰色の世界で、私がこれから楽になることはあるんだろうか。 それも分からなかった。 ただ漫然と、ぼんやりと生きている。 生かされている。 眠って『明日』がやってきて。 そして、あなたはもう来ない。 ◇ そんなある日のことだった。 私に、アンドロイド化の臨床実験の話が来たのは。 脳組織が崩壊するより先に、脳を機械の体に移植する。 その臨床実験の、提案だった。 人間をアンドロイドに改造する技術。 帝国で発達したそれを、この国でも進めようとしているらしい。 それは医師から聞いた。 どんな副作用があるかも分からない。 そもそも成功するかも分からない。 しかし、どうせ放っておけば死ぬ私のような存在なら、赦されるのだろう……そう、彼らは考えたのかもしれない。 私は、その手術を受けることを承諾した。 どちらにせよもう、幾ばくもない命だ。 どうとでもなれ、と思っていた。 ◇ 「おはよう、気分はどうだい?」 顔を覗き込んだ医師にそう聞かれ、私は体からモーターの駆動音をさせながら彼の顔を見上げた。 「段々慣れてきました。昨日は10メートル歩くことが出来たんです」 「そうか。術後の神経接続も良好なようだね。じきに脳神経と完全にリンクが終われば、自由に歩き回ることが出来るようになるよ」 医師のどこかいびつな笑顔を、カメラアイで見る。 私の体は、今は銀色のマネキン人形のような機械の体になっていた。 顔面だけ、人工皮膚で術前の顔が再現されている。 顔面の筋肉がまだ慣れていなくて動かないので、能面のような無表情だ。 私は、点滴もされていない腕を上げて、ゆっくりと手を開閉させた。 今迄ずっとあった、体中を包む倦怠感と病気から来る痛みはどこにもなく、そこにあったのはただの「無」だった。 手術を受けて、機械の体になれば楽になるだろう。 そう考えていた。 実際病気の影響は完全に消え、私は動けるようになった。 生きていけるようになった。 しかし、何もない。 何も感じないのだ。 手触りも、空気も、においも、何もない。 何も楽になど、ならなかった。 「無」なのだ。 今の私を包んでいたのは、ただの虚無。 何も感じず、心が動くこともなかった。 「それじゃ、午後からのリハビリをまた頑張ってくれたまえ」 医師がそう言って病室を出ていく。 私はぼんやりとカメラアイで周囲を見つめた。 肉体的な疲れはない。 横になる必要などどこにもないのだが、いつもの習慣でベッドに横になる。 機械の目に、ベッド脇に置いてある小さな写真立てが映った。 そこには、人間の男性の写真がはめ込まれていた。 誰だかは分からない。 昔知っていたような気もするのだが、思い出すことが出来ない。 胸の奥に支えているような、何か気持ちの悪い感触。 そして、どこか懐かしい、安心するような感覚。 何も感じず、虚無になった体だというのに。 何ももう必要ないというのに。 その写真だけは、置いておかなければいけない。 これは、私に必要なものだ。 そう、失ってしまった心がいつも言う。 見つめていると不意に、胸がズキリと痛むような感触を得た。 痛む場所など存在していないのだが、苦しかった。 この写真の男性は、誰なのだろう。 疑問には思ったが、口には出さなかった。 誰に聞くこともない。 この「人」は、ここに居なくてはならない人だ。 目尻が熱くなる感覚があった。 もう、私は涙を流すことなどできないが。 きっと、私の心は涙を流したがっているんだろう。 それだけは、何となく理解できた。 ◇ それから十数年の時が流れた。 私は何度も実験を繰り替えされ、遂には脳神経が改造に耐えきれずに破壊されてしまった。 既に人間としての尊厳を失っていた私は、そのまま改造に失敗された実験体達と同じ廃棄場に捨てられる事になった。 もう体はピクリとも動かなかった。 動力が薄れてきている中、じきに人工脳幹の動きが止まり、私の脳も死ぬだろう。 それは紛れもない事実であり。 意外なことに、私はそれに関しては何も感じなかった。 元々は十数年前になくしていたはずの命だ。 それが、虚無の体を得て何の意味もない生を終える。 それだけのことだった。 いつしか機械の体は、私の心を削り取り、何も思考せず、何も考えない、本物の機械に変えてしまっていた。 だから私は、このまま「稼働」が停止するのを待とうと、ただ思った。 右手に、強くボロボロになった写真を握りしめながら、私はスクラップの山の中でゴミを見つめていた。 もう、私には何もなかった。 その筈だった。 「病気が治ったら、どこに行きたいんだっけ?」 そこで、聞いたことのある声が聞こえた気がした。 もう動かないカメラアイを動かそうとして失敗する。 私の隣に、誰かがいるのが判った。 「治ったんだろう? 一緒に外に行こう」 ああ。 神様。 どうして。 どうして最期に、こんな残酷な幻覚を見せるのですか。 折角忘れられたと思っていたのに。 折角機械になれたと思っていたのに。 どうして。 どうして最期の最期にだけ、こんな酷いものを見せるのですか。 私の隣に腰をかけていた男性が、にこやかに微笑んで手を伸ばしていた。 「さぁ、手を握って。立つんだ。一緒に行こう」 私はもう涙を流すことは出来ない。 でも、それでも。 手を伸ばそうとした私の心に。 その時、涙が溢れた。

応援やコメントなど頂けると励みになります。 是非、一言お願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこ剣士

    松佐賀真

    ♡4,000pt 2020年4月28日 18時03分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    松佐賀真

    2020年4月28日 18時03分

    ひよこ剣士
  • ウルスラ

    天寧霧佳

    2020年4月28日 18時05分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    天寧霧佳

    2020年4月28日 18時05分

    ウルスラ
  • れびゅにゃ~

    とん

    ♡3,000pt 2020年7月6日 9時04分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    もっと読みたい!

    とん

    2020年7月6日 9時04分

    れびゅにゃ~
  • ウルスラ

    天寧霧佳

    2020年7月6日 17時56分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    がんばります!!!

    天寧霧佳

    2020年7月6日 17時56分

    ウルスラ
  • レイ・スターリング(デンドロ)

    shinnosuke2011

    ♡1,000pt 2020年7月3日 19時48分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    センスに脱帽です

    shinnosuke2011

    2020年7月3日 19時48分

    レイ・スターリング(デンドロ)
  • ウルスラ

    天寧霧佳

    2020年7月4日 13時30分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    天寧霧佳

    2020年7月4日 13時30分

    ウルスラ
  • エリナ(QB)

    mikena

    ♡1,000pt 2020年4月28日 14時46分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    mikena

    2020年4月28日 14時46分

    エリナ(QB)
  • ウルスラ

    天寧霧佳

    2020年4月28日 16時29分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    報われました…!

    天寧霧佳

    2020年4月28日 16時29分

    ウルスラ
  • レイ・スターリング(デンドロ)

    shinnosuke2011

    ♡500pt 2020年7月3日 19時52分

    歳をとって体のあちこちが悪くなってくると、「機械の身体も良いんじゃないか」と思ってしまうことがあるのですが(苦笑) 健康に生活できる時間が限られているからこそ、できることをやったときに幸福感が得られるのかもしれませんね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    shinnosuke2011

    2020年7月3日 19時52分

    レイ・スターリング(デンドロ)
  • ウルスラ

    天寧霧佳

    2020年7月4日 13時31分

    魂がどこに在るのか、それが分からないから私達はそう思うのかもですね。生身が自分なのか、魂が自分なのか、とても難しい問題だと思います。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    天寧霧佳

    2020年7月4日 13時31分

    ウルスラ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    40,100

    360


    2021年4月22日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間13分

    この作品を読む

  • 銀二十枚分、愛してください。 ~奴隷の少女の剣風録~

    HJ一次通過。後半の物語を開始しました!

    83,746

    160


    2021年5月12日更新

    実の父によって、銀貨二十枚で人買いに売られた少女アリサ。 東方王国の「万象の闘士」たちに救出された彼女は、内に眠る類稀な「力の器」を見出され、王国に迎えられる。 だが、十六年の生のほとんどを無力な村娘として生きてきた彼女が、闘士としての魂を身につけるのは容易ではなかった。 人とぶつかれば謝り倒し、銀五十枚のドレスを見れば「自分の安さ」に落ち込み、なにもできない自分を嘆くアリサ。 そんな中にあっても、修行の日々を経て、身の内に眠る力は目覚めていく。 身体の芯で熱く滾るなにものかに、アリサの若い身体は疼いて…… 元奴隷の無気力ネガティブ思考少女が、戦士としての力と自覚を得ていく過程を描いた長編ハイファンタジー。 「心の綺麗な人には見えない」系お色気要素も随所に盛り込んでおります。 ええこれは、天地に満ちる万象の力ですよ。なんにも妖しくありませんってば! ※復讐要素・ざまぁ要素はありません※ ※成り上がりものとも多分ちょっと違います※ 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/2b1f62

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 東京アポカリプス

    二挺拳銃×巨獣ハンティングガンアクション

    9,500

    5


    2021年5月14日更新

    2022年、突如として全世界に現れた巨大不明生物『災獣』。 現代兵器が殆ど通じない生ける災害とも呼べる彼等によって、人類は住処である陸地と人口の半分を喪いつつも、災獣たちが苦手とする鉱物・グリモタイトの力を使い、滅亡の瀬戸際で踏み留まる事に成功した。 時は流れ、2062年。 海底に没した関東・中部地方の上に建造された巨大人工島『時生島』に暮らす女子高生・半井悠華(なからい・ゆうか)は、友人の古門珠梨(こもん・じゅり)、笠村蘭(かさむら・らん)と共に、相次ぐ災獣被害に立ち向かい、これを撃滅する戦闘サイボーグ『マキナ』として、学生生活とマキナとしての任務をこなす日々を送っていた。 そんなある日、悠華たちは任務の途中、政府の認可を受けていない非合法のマキナ・富士森杏樹(ふじもり・あんじゅ)と、その保護者を名乗る鷲崎胡桃(わしざき・くるみ)と出会う。 そしてその出会いは、杏樹の出自に深く関わる犯罪組織、かつて日本を壊滅状態に追いやった“甲種災獣”の出現を招き、時生島を巻き込んだ未曾有の事態に発展していく。 機人、未来都市を往く。機装天外のトンデモ近未来ガンアクション。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 善き星に恵みの光を ―― ヴァンパイア・エイリアン・シリーズ外伝・Ⅰ

    あの世界で起きた知られざる事件について。

    6,100

    0


    2021年5月14日更新

    「人類の歴史ってほんとは皆が思ってたほど単純なものじゃなかったんだ!」 ラミュロスの導きとバグの攻撃で、誰の想像よりも早く宇宙に進出することになった地球人たち。彼らの飽くなき好奇心は深宇宙探査という形で結実し、人類の活動は周囲の星々へと一気に広がっていった。そんな中、足元の地球ではある遺伝子工学の研究者が人類の遺伝子に奇妙な変異を見つける。それはこれから広い世界へと飛び出していこうとする人間の未来に暗い影を落とし始め、世界は再び混乱に飲み込まれる。 「ヴァンパイア・エイリアンとお弁当」、そして「ヴァンパイア・エイリアンと星の欠片」が作り上げた奇異な世界で、人はラミュロスも知らない過去の秘密を探しに旅立つ。そして彼らが見つけたものは ―― ヴァンパイア・エイリアン・シリーズ外伝、はじまる。

    読了目安時間:4時間30分

    この作品を読む