連載中 長編

眼球と刃 -いかにして少年は少女に振り回されるに至ったか-

作者からの一言コメント

その眼に映るは怪異。怪異絶つはその体。

事故の後遺症から人為らざるモノが視えるようになってしまい外を恐れるようになった少女・片白月葉(かたしろ つくば)は、姉に連れ出された街中で地縛霊を切り裂く少年・長角一燈(ながすみ いっとう)と出会う。その二人が行動を共にするようになるまでの話(第一章)。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 眼球と刃 -いかにして少年は少女に振り回されるに至ったか-
作者名 T2NM
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代日本 異能 男主人公 女主人公 ノベプラオンリー アクション/バトル
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年5月29日 14時47分
最終投稿日 2019年7月8日 23時42分
文字数 32,845文字
ブックマーク登録 15件
コメント/スタンプ 77件
応援ポイント 22,180pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ★7/8 外伝投稿★ 小説×漫画の挑戦 

    ♡212,550

    〇5,600

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話 degirock

    2020年7月8日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== この作品はノベプラオンリーではありません。 理由は、【小説寄りのスタイル】と【漫画寄りのスタイル】の両側面からの表現を試みている為です。 小説系としてはあたすことdegirockがここ、ノベプラに。 漫画系としてはイラスト担当のとうまがPixivに。 文字書きの物語と絵描きの物語、ご縁があればそのいずれもご覧頂ける事を切に願います。 Pixiv版についてはとうまのTwitterアカウントへどうぞ (https://www.pixiv.net/users/1125628)

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡14,400

    〇50

    SF・連載中・53話 K1.M-Waki

    2020年7月11日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • もし、現代でも魔女狩りが存在していたら。

    ♡900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・49話 神秋路

    2020年7月11日更新

    魔女、占い師、霊能者…それぞれ力を持つ「術者」の一族たちが、絶大な科学の力を味方につけた人間たちから隠れ生きる時代。太古の昔から絶えることなく血を繋げて来た彼らだったが、それも全て人間たちのせいで終わりに近づこうとしていた。存在も忘れられ、人口も減らされた彼らは、人間からの迫害や差別にもう為す術もなく、ただただ必死に耐え抜いていくだけの生活を送っていた。 そんな中、魔女の血を引く1人の青年が、自分たちに降りかかる理不尽な運命に立ち向かいながら生きていく。時には自らの運命を憎み、時には飄々と周りを翻弄する彼は、術者たちの間では名の広まった天才だった。 尊敬と親しみの意を込めて「天神」と呼ばれたその彼は、無事に彼らの幸せにたどり着けるのだろうか。 ※こちらの作品は「小説家になろう」様で公開しているものを一度加筆、修正したものになります。 ※時々挿絵を入れる可能性があります。

  • 宝石食べるカエルなんて聞いてねぇ。

    ♡4,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話 藤和

    2020年7月11日更新

    パワーストーンのお店で働きながら、高校に通う女子高生。 ある日突然目の前に喋るカエルが現れて、ごはんに石をくれなんてどうしたらいいの! カエルのごはんを確保しながら過ごす毎日はそれでも楽しい。