青春の罪と罰

読了目安時間:1分

第27話 傷付いて得たもの

 卒業までの時間は、主に執筆、ゲーム、友人関係で時間を過ごしていった。  執筆は現在も書いている親友がリア充の青春小説を主にしている。  この作品は僕の自信作でもあるし、これを書き始めてから国語の成績がこれまで以上に伸びた。  ゲームは、元素を操るRPGやサバイバルゲーム、謎につつまれた魔神を殺すゲームをよくやっている。  そして、友人関係は主にオクさんグループとつるんでいた。  オクさんは人を強引に引きずるが結局は楽しかったと思えて帰っている事が多い。  オクさん、だんちょー、その彼氏、師匠、僕でよく遊んでいた。  受験が終わったから師匠の家で遊んだり。  ゲームセンターに行って、メダルゲームで1日中粘ったり。  クレーンゲームでオクさんが一発で景品を当てたり。  だんちょーとその彼氏がイチャイチャしている所を見て、あの子の事が頭に浮かんで悲しくなったり。  色々とあった時間は、あっという間に過ぎ去り、友情を今も繋いでくれている。 「やっぱ、だんちょー見てるとさ。あの子の事が頭に浮かんでくるんだ」 「そっか……。別にそれは仕方ないんじゃないか? ずっと頭に浮かぶって事はその子のような想いを誰にもさせたくないって事だろ。彼女傷付けて、痛いレッテル貼られてもいつかは皆忘れる。それに対してお前が得たものは誰も忘れない。だから、傷付いてよかったと俺は思うけどなぁ……」  オクさんはダルそうに言う。  だけど、その言葉が僕にとって変化をきたすものだった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ペルソナぼっち

    他人に興味を持てない高校生のお話。

    5,000

    0


    2021年6月24日更新

    戸部ショウは他人に興味がない。過去に何かあったというわけではなく、生まれつき。今日も今日とて一人で過ごす、孤独を愛する者だ。 高校に友だちはいない。そもそもクラスメイトの名前を覚えていないし、顔と名前も一致しない。面白くない授業は聞き流し、自分の殻に籠もる日々に満足していた。 しかし、高校二年生に上がった時、それをおびやかす存在が現れた。 東野シノ。学内で一番の美人とうわさの少女。彼女と同じクラスになってしまった。しかも隣の席で、さらには同じ委員会に任命され、否応なく彼女と関わりを持つことになってしまう。 平穏な孤独を恋しく思う一方で、何気ない会話を積み重ね、彼女もまた孤独を抱えている人間だと知り、ほんの少しずつだが彼女に惹かれていく。 他サイトで同時掲載中。 週一回ペースでの更新を予定しています。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    31,530

    70


    2021年6月25日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む