完結済 短編集

あなたの名作埋もれてませんか?(感想依頼は終了致しました)

作者からの一言コメント

今までの紹介作品を保存

本エッセイの活動は終了致しました。誠に申し訳ございませんが、新規ご依頼をお受けすることが出来ません。 今までの感想依頼を公開しておいて欲しいというご意見がございましたので、公開だけしておきます。 何卒ご了承いただきますよう、お願い致します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 あなたの名作埋もれてませんか?(感想依頼は終了致しました)
作者名 ファル
ジャンル 作品紹介
タグ 作品紹介 自薦
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月12日 21時37分
最終投稿日 2020年3月1日 20時57分
文字数 33,776文字
ブックマーク登録 79件
コメント/スタンプ 708件
応援ポイント 247,340pt
ノベラポイント 1,970pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月11日更新

    私の兄、新藤マコトはグローバル企業の天才経営者だった。 コンビニに行くときに大型のトラックに轢かれるという、どこかのライトノベルのテンプレのような方法で短い生涯を終えた。だが、私は彼が天国で安らかに私たちを見守ってくれると信じている。 異世界転生? そんなのは飽き飽きだ。 いい加減、大人になろうよ。そんなものは存在しない。 トラックに轢かれようが、誰かに殺されようが、コンビニの帰りに突然異世界転生していたとか、あり得るわけがない。そんなのはフィクション、偽物、作り物なのである。 株主たちはカリスマ的経営者である兄を失ったことに嘆き、兄のファンたちはまるでジャ〇ーズが電撃結婚したかのように狂乱し、世界は大不況に慌てふためいていた。 それほど、兄の存在は偉大だったし、世界は兄に依存していた。 でも、それも一時だ。 私にとっては、最愛の兄を失った悲しみと、心の重荷は一生続く。 強くなるのよ、コトミ。 これから私はこの苦しみを背負いながら人生を歩んでいかなきゃ。 そう。 天使に私も道連れに殺されて、兄と一緒に異世界に転生し、異世界転生費用として膨大な借金を負うなんて展開、絶対に、絶対に、ぜっっっっっっっったいにないんだから。 ないよね? ないよね? もぐらさん?

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡1,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・3話 藤也

    2020年7月7日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 作者様が独自に作成されたタグを紹介します

    ♡16,600

    〇100

    作品紹介・連載中・43話 秋野与太郎

    2020年7月12日更新

    『ノベルアップ+』様にて投稿されている作品の内、筆者が気になったその作品独自のタグ『だけ』を紹介します。 (※『投稿された作品は、より多く紹介される機会を持つべきだ』という考え方から、紹介させていただいた作品の作者様には、特に許可をいただいておりません。問題がある場合は、連絡をいただき次第すぐに対応させていただきます) (※タイトルとして表記したタグは、調査当時のものになります。タグが変更・消去される場合もありますのでご了承ください)

  • 作品絶賛募集中

    ♡52,800

    〇105

    作品紹介・連載中・21話 綿貫乙和

    2020年7月12日更新

    皆さんの作品、読ませてください。 ゆるっと感想を言わせて頂いたり、ときにはゆるっと思ったことを言ってみたり。(綿貫の趣味で食べ物に例えてみたり)